-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2010年6月新刊購入予定リスト | main | 『なぜ彼らは恋をしたか』/秀香穂里(梨とりこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『タンデム 〜狂犬と野獣〜』/沙野風結子(小山田あみ)
昨日、眠気に耐えながらIpodだけは充電しようと
コンセント式の充電器をつないで寝たのに、
充電がまったくされていませんでした。

なんで!?と悩む時間もなく出勤して、
帰ってきて調べてみたら原因がわかりました。
右の穴に左のプラグを差してました……。
壁に差し込むんだったら気づいてたんでしょうが、
電源延長コードを使っているので、
眠くてまーったく気づかなかったようです。

他にもこのところ感想も全然書けていないし、
他に続けていることも微妙に遅れがちだし、
忙しいとは言え、よくないなあこういうのは。

明日も外出する必要があるので(厳密には仕事では
ないけれど仕事上のつきあい)、すっきりと
切り替えられはしないけれど、とりあえず
日曜でリセットしたい今日この頃です。

さて、今日はラヴァーズの沙野作品の感想です。
高級料理名風に言いますと、
「衆人環視プレイ 恥辱と初体験のハーモニー」
「乱交 女装とエネマグラを添えて」
ってところでしょうか。以下、感想です。




『タンデム 〜狂犬と野獣〜』/沙野風結子
竹書房 (2010/5/25)
【Amazon】



☆あらすじ
警視庁公安部において、特上の容姿とS気質の凶暴な性格をそなえる
靫真通(ゆぎまさみち)は、「公安の綺麗すぎる狂犬」と称されている。
目下のミッションは、あるカルト教団のテロを阻止することだ。
靫は、教団とつながるやくざの峯上周(ほうじょうあまね)を取り込み、
公安に情報を流す<協力者>に仕立てようと目論む。
しかし峯上は仲間内でも野獣扱いされる男で、
靫に三十分間無抵抗でいることを条件に出してきた。
その三十分間で容赦なく身体の内部までいたぶられ、
靫は完全に支配権を握られてしまうが……。

*   *   *   *   *   *

ラヴァーズらしくエロの分量も多いのですけれど、
怪しいカルト教団 vs ヤクザ×凶暴公安警察官
(すごい構図ですね、こう書くと)という、
ダークな内容にもそこそこウェイトがかかっています。

このカルト教団は、以前はたいしたことがなかったのに、
突如姿を変え、今では、とある人たちに
絶大な訴求力をもたらす何かがある団体となります。

……まあ、ぶっちゃけトラウマがある人に
効くわけなんですけれど、その効果が受けの靫にも
現れる、つまり、靫のトラウマや過去が
明らかになる過程に無理がありません。
トラウマ話はBLにつきものですけれど、
それを上手く取り込んでいる気がしました。

続編が予定されているためなのか、カルト集団の親玉が
とんずらしたりと、事件は万事解決とはいきませんが、
靫がトラウマを克服するあたりはすっきりするので、
続きが楽しみってところです。


ただし、攻の周(あまね)との結びつきはあまり
書かれておらず、「ラブコレ」収録の短編で初めて
出る情報も多いくらいです。そのあたりは
ちょっと物足りないけれど、続編が出るなら
まあ、私にとっては許せる範囲です。


そして、やっぱり沙野さんのエロは凄いです。
エロページが多いだけ・過激というだけならば、
けっこうあると思うんですけれども、
本当に官能的なものは前者ほど多くない中、
下半身に突っ込んでくるラグビー選手のような
直接的で雄を感じさせるエロです。

初体験が衆人環視プレイだったり、カルト集団が
乱交するのを、靫はエネマグラを突っ込まれながら
見させられる逆衆人環視プレイだったりと、
あり得ないとわかるエロファンタジーなのに、
ひどく肉感的で、リアリティを感じるのです。

それは、(以前も書いたかな?)効果的なオノマトペ、
隆起する性器とそれでずりさがる下着、のような視覚的な描写、
性器をくわえられているときに、相手の唇に指を
差し込む(番外が乗っているラブコレの話ですが)などの、
たいした動作ではないものの扇情的な描写が、
そうさせるのでしょうか。素晴らしい。エロ万歳!

カプ的にも攻×攻っぽい雰囲気で私好みですし、
イラストも凄くエロティックで大満足でした。

うーん、好きなエロとそうでないエロの違いって
なんなんでしょうか…まあ、まずは「きゃんっ」や
「いやああんっ」とか言わないことなんですけれど。難しいなあ。

ともあれ、結論は。
「沙野さんのエロ描写は素敵だ!」ということで。
| [BL・小説]沙野風結子 | 02:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:06 | - | - |