-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『タンデム 〜狂犬と野獣〜』/沙野風結子(小山田あみ) | main | ちょっとした大きなニュースと2010年5月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『なぜ彼らは恋をしたか』/秀香穂里(梨とりこ)
人間慣れないことをすると疲れる、と痛感した週末でした。
あまりしたくないことを付き合いでするのは苦痛ですね。

しかし、その帰りにBLを読んだり、
今日もひたすらに本を読むことで、
リフレッシュすることが出来ました。

別に虚構に逃げ込むつもりは無いんですが、
本を読んでいる間だけ、一時だけ、
虚構の世界を楽しむことは、私にとっては
最高のリフレッシュ方法です。(その極上がBL)
やっぱり、本好きはやめられないなあ。

さて、今日の感想本は、秀さんのワーキング本です。
秀さんのキャラのワーキングは個人的に外れが無い…!
それでは以下、感想です。





『なぜ彼らは恋をしたか』/秀香穂里
徳間書店 (2010/5/27)
obidos/ASIN/4199005706/geyhudansinob-22/" target="_blank">【Amazon】


☆あらすじ
建設会社の若きチーフ・デザイナーの緒方。
次の仕事は新興のライバル会社と合同の新ビル計画だ。
会社の格と己の才能、当然リードするのは私だ――けれど
相手方のデザイナー・堂島は、骨太な容貌に、繊細で確かな
才能の持ち主。見せられた第一案に早くも打ちのめされる。
「誰よりあなたに認めてほしいんだ」素直に意見を求める堂島に
強い羨望と嫉妬を覚えつつ、緒方はその存在を無視できなくて――

*   *   *   *   *   *

秀さんのキャラのワーキングと言えば、
『くちびるに銀の弾丸』シリーズが真っ先に
思い浮かびますが、それよりもどちらかというと、
『挑発の15秒』に近い関係の二人でした。
つまり、ガチンコ勝負です。(ガを抜かさないように)

片や緊張感を持続させられる空間を第一とする緒方、
片や楽しく働ける空間を第一とする堂島、
両極端と言えるコンセプトで戦うことになるのです。

ただ、戦うといっても、業界で名を知られた
緒方の会社と、新興の堂島の会社とでは、
大人の事情があって50・50ではありません。

そんな現実的な事情をリアルに描きつつ、
それでも個人的に競い合わざるを得ない緒方が
成長するさまも描かれます。

この緒方が成長するさまが、すごくリアルでした。
いや、リアルに感じてしまったというべきか…。
というのも、堂島のプランに打ちのめされて、
嫉妬しまくったりするのですが、若干、
現在の自分の状況にかぶるものでして…(苦笑)

自分がやってきて積み上げてきた分野で、
後から出てきた優れているものを素直に認めるのは、
とても難しいことなんですよね。
この葛藤の描写にとてもリアリティがあり、
シンクロできたし、それを乗り越えて
受け入れた緒方を見習わなくてはと思いました。
ちょっと今の自分にはこたえる内容でしたが、
糧として頑張ろう……反省も出来て、
前向きにもなれる。BLはいいなあ、うん。

ちなみにワーキングの終着点はやはり『挑発の15秒』方式、
折衷案です。たしかにどちらも優れているプランなので、
ご都合主義には感じませんでした。


さて、恋愛面は、緒方が恋を自覚するまでが
遅いせいもありますが少し薄めです。
秀さんにしてはエロも少なめです。

しかし、ワーキングに絡めて感情が触れ合ったり、
恋にも似た嫉妬があったりするものですから、
恋愛成分自体が不足しているわけではありませんでした。
むしろ、ワーキングで嫉妬しているのと並行して
恋愛感情が混じるのが美味しすぎて……!

その混然一体となったときの旅館での手つなぎは、
あたたかでもあり、いやらしくもあり、
裏のカラー絵になっているせいもありますが、
かなり印象に残るシーンでした。
手を繋ぐってエロい、と思ったのは初めてです。


恋愛も仕事も落ち着くところに落ち着きますが、
これからも競い合えそうな終わりに満足しました。
やっぱりワーキングものはこうでなきゃね!
というわけで、ワーキング好きにはオススメです。
| [BL・小説]秀香穂里 | 23:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |