-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ちょっとした大きなニュースと2010年5月の読書メーターまとめ | main | 『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒(街子マドカ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『花を買う男』/有田万里(高原里佳)
なぜか知らないけれど猛烈に右肩が痛いです。
今週末か来週末ぐらいに整体に行こうかな。

ところで、先日同僚と3人で話していて、1人が
「読み終わった本が机の上に積みっぱなしなんです…
椅子の上にも…たぶん3ケタ近くの本が…」というような
話になったので、あーあるある、そこまでは多くは
無いけれど仲間だわーと思っていたら、
他の1人が「えっ、ありえないし」みたいな事を
さらっと言ってちょっとショックです。

未読本を専用の棚に3ケタ積んでる人間は
たぶん存在すらゆるされなさそうな人間なので
口を挟むのはやめておきましたが…うん。
人間色々ですね。

さて、今日の感想は、またまた古い本です。
12年前ですからちょっと内容も古いですけれど、
色々と驚かされた作品でした。以下、感想です。





『花を買う男』/有田万里
二見書房 (1998/02)
【Amazon】




☆あらすじ
秀一のマンションのベランダに降り立った幻のピーターパン。
それは、十八歳という恐いものなしの年齢そのままの、
ビー玉みたいに澄んだ目をした隣室の住人、望だった。
秀一は彼を愛した。愛することに何の躊躇いも罪悪感もなかった。
それを決して望に悟られまいとする以外は…。

*   *   *   *   *   *

色々と驚かされたうちの1つめ。
なんと舞台化されていたそうです、この作品。

舞台化って「美しいこと」がはじめてでは?と
思っていましたが、単に私が知らなかっただけで、
前例は、既に10年以上も前にあったんですね。
しかも、作品自体は12年前どころか、新書版で
17年前に出されたものを文庫化したものでした。
そりゃあ古くも感じるわなあ…。

次に、色々と驚かされたうちの2つめ。
BLをかなり逸脱した内容でした。あとがきで、
「ゲイ小説だ」と著者がカテゴライズしてることに、
むしろ腑に落ちたというくらい、BLの範疇に無いです。

望はノンケでパトロネスも彼女もいるのに役割は受、
秀一は臆病なゲイで躊躇しまくるるわりに役割は攻、
ただ秀一には男のパトロンがいて、
そのときの秀一の役割は受です。
つまりBLのカップリング類型が当てはめ辛く、
リアルのゲイらしいかは別として、
「ノンケに恋するゲイ小説」らしい2人です。

それから、なんとたった1回のセックスがうまくいきません。
たたなかったとか、早すぎたとか、痛かったとか、
そういう問題ではなく、ちょっとした秀一の躊躇が、
心と身体の不一致を招いてしまったというか……。
あるじゃないですか、そういうときって。
ダメだったときにもう一回!と攻が絶倫を発揮する
BLのパターンがあるわけもなく、厳しいほどに現実的です。

まあ、誤解を解いて次ぎ頑張ればいいじゃん、と
行ければいいんですが、できないのです。
驚かされた3つめ、その直後に「死にネタ」です。

おいっ!ここでそうなっちゃったら、
望の気持ちが明確に解らないじゃないの!
(表情とセリフが思わせぶりで矛盾しているため、
信じたいものを信じるしかない感じです)

しかし「死にネタ」のあとの、パトロネスと秀一の会話で
望の輪郭を描き出すだなんて、泣けるじゃないのッ!
よけいに望の考えていたことが知りたくなってしまいます。

この思いを馳せずにはいられない読後感と喪失感、
そして秀一という等身大の主人公は、
BLはほど遠く、JUNEとも異なり、そう、
ゲイ小説に近いんだろうな、と思うわけでした。

驚いたからって必ずしも面白いとは言えませんが、
やっぱり自分の予想とずれた展開になると、
するすると引き込まれてしまいますね……。

この頃のシャレードをリアルタイムで読んでいたら
傾向的に解ることなのかもしれませんけれど
(ベイシティブルースとかもこの頃出版ですし)、
いまのシャレードを知っている身としては、
この内容には驚かざるを得ません。


うーん、どうしても内容的にぼかしが多くなって
しまいましたが、今のBLを予想して読んだら
裏切られる(いい意味でも悪い意味でも)作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - |