-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『花を買う男』/有田万里(高原里佳) | main | 『愚か者の最後の恋人』/樋口美沙緒(高階佑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒(街子マドカ)
やってきました金曜の夜!
今週は総じて早く帰れましたが、今日は特に早く、
調子に乗って衝動買いをしてしまいました。

まあ、たまには散財してもいいか、ってここ数日、
衝動買いしまくっているような気がしますが、
その辺は、快楽に負けてしまうなんていけない私、
ダメよ私には夫が、的な罪悪感を持つふりをして、
その快楽を増幅させて楽しむのがコツです。
現実は見ずに、空想の中で演技しましょう。
それがあしたへの第一歩…!(byマヤ)

さて、今日はR(Mの可能性もあり)さんに
オススメされたこちらの作品です。
もしされてなかったらタイトルと学園もの、
というところでスルーしてたでしょう、
っていうかしてました。中身は超好みでしたッ…!
オススメありがとうございました!

ということで、以下感想です。



『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒
白泉社 (2010/4/20)
【Amazon】

☆あらすじ
ロウクラス種シジミチョウ科出身の翼は、
テレビで颯爽とした姿を見て以来、ハイクラス種の
名家の御曹司でタランチュラ出身の澄也に憧れていた。
一目彼に逢いたくて、澄也の通う星北学園に入学した翼だったが、
実際の澄也は下半身にだらしない嫌な奴で、開口一番に
「シジミチョウは嫌いだ」と冷たく切り捨てられてしまう。
あげく、澄也の張った「巣」に捕われた翼は、
強引に身体を奪われるはめに。けれどどんなに
冷たい態度を取られても、澄也を嫌いになれなくて…。

*   *   *   *   *   *

花丸のあらすじは、トンデモのときに
より素晴らしい気がするんですけれど、
気のせいでしょうか。

さて、ご覧の通り、厳しい環境を耐え抜くために
祖先がムシと融合した人類の世界というトンデモ設定です。
節足動物と融合ってどうやってしたのよ、なんて
突っ込みはしてはいけません。

しかし、設定とオチがイコールというか、
設定だけでいきなりラストスパートの勢いで
飛び出したものの、いつのまにか失速してしまう、
まるであずまんが大王のともちゃんか!という
トンデモも多い中、この作品は違いました。

それぞれの節足動物(虫って限定していないのも渋い)の
特性や食物連鎖の関係などを、キャラクターの
性質にきっちり生かしてあります。
能力もその祖先に従って、すこーしだけ飛べたり、
媚薬効果のある糸を使えたりと、BLとして
無理の無い程度にファンタジーもあります。

(寿たらこさんのセックスピストルズに
ちょっと近いものがありますね…。
受けが先祖返りのように、特殊な存在ですし。)

また、そのために、ハイスペック攻と身体の弱い受が
登場して、なぜか目をつけられて犯される、という
よく考えなくてもベタベタでありえない学園ファンタジーが、
「生物としての本能」に裏打ちされているため、
ひどくもっともらしく見えてくるのです。

これは学園ものを上手く生かしたという意味では、
ライトノベルの萌えを上手く生かしたハルヒ…と
言ったら言い過ぎかしら。でも、近いと思います。


キャラも特性上の背景のために、一生懸命生きようとする受が
オーバーでもなんでもなく、健気に映りますし、
とんでもなく不器用な攻の生い立ちもわかる気がします。
(それにしても不器用すぎですけれど)
脇役たちもスピンオフを期待したくなるほどに
個性的で、話に彩りを添えています。

ラストの騒動は苦手な方もいるかもしれませんが、
私は特性上許せちゃう派です。
なんてったって、この「特性」により、
最も苦手な触手でさえも許せたんですから。
私の苦手ポイントをちゃんと押さえた上で
紹介してくれたRさん、本当にありがとうございます!


…うーん、べた褒めになっちゃいましたね。
まあいいか、こんなに良い作家さんを
知れた喜びで一杯なんですもの。
既刊のもう1冊もさっさと注文してしまおう!

というわけで、トンデモ設定が許せる方には
諸手を挙げてオススメです!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:55 | - | - |