-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒(街子マドカ) | main | 『お墓日和、恋日和。』/早瀬亮(鈴木廃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愚か者の最後の恋人』/樋口美沙緒(高階佑)
昨日は少しイライラすることがありまして、
別世界(本の世界)へ旅立っていました。

親が新しいPCを買ったのはいいのですけれど、
スタートアップからOfficeソフトの認証はまだしも、
プリンタへの接続や、かな入力への変更方法まで、
「わからない」で投げてしまうのですよね。

せめてググれ!と言うのを我慢しつつも、
自分だってWindows7の設定なんてわかんないですから、
別のPCで調べる→試行の繰り返しをしているところに、
「デバイスって?」などと、どうせ理解できないことを
質問されるとついイライラと……なぜPC関連のことって、
あんなにイライラするんでしょうね?

でも怒りが持続しない私、今日はもうすっきりで、
ブログのデザインも少し変えてみました。
Twitterは若干人格が違いますが、お気になさらず。


さて、今日の感想は連続で樋口さんです。
注文するどころか買いに行っちゃったもんね!
こちらも、2作目よりはインパクトはありませんでしたが、
楽しめた作品でした。ので、感想です。



『愚か者の最後の恋人』/樋口美沙緒
白泉社 (2009/1/20)
【Amazon】


☆あらすじ
たった一人の肉親に捨てられ傷ついたみなしごのキユナは、
愛なんかいらないと固く心に誓って生きてきた。
しかしある日、ひょんなことから惚れ薬を飲まされ、
犬猿の仲の雇い主で、貴族のフレイを好きになってしまう。
誰にでも愛を囁く節操なしのフレイのことが大嫌いだったはずなのに、
彼に甘く見つめられるだけで、瞳は潤み、胸が痛いほど
高鳴ってしまうキユナ。そんな初めての恋の感情に
耐えられなくなったキユナは、解薬を手に入れるために、
フレイから持ちかけられた、とある危険な賭けにのることに……

*   *   *   *   *   *

媚薬といえば屈指の濡れ場シーンのアイテムですが、
では惚れ薬といえば?そう、屈指の脱力系コメディです。
皆さんはBLの予習は完璧ですから余裕で回答できますね。

惚れ薬といえばそんな扱いですが、
この作品では一味違った扱いでした。
好きじゃないと思っている相手・フレイを好きにさせられ、
その好きになったフレイに別の男を誘惑しろ、落とせ、と
命令されてしまうことで、すれ違いの役割を担います。

このすれ違いが激しいんです、かなり。
「素直になれなくて」なんてドラマどころじゃなく
素直じゃなくて意地っ張りなカップルなので、
ちょっとやりすぎかもというくらいなのですが、
なぜかあまり気になりませんでした。

それはなぜかと考えてみるに、「夏の夜の夢」の
惚れ薬をBLで使ったら、というのがきっかけと
あとがきに書かれてありましたが、
こちらでは攻も受も惚れ薬の効果を認識しています。
あくまで、通常の思考もあります。

だからこそ、よけいに頑なになってしまったり、
疑心暗鬼になったり、思い込んだりという
矛盾した感情が大きくなってすれ違ってしまう、
その思考と展開に無理を感じないからだと思います。


すれ違いの一因でもある身分階級&人種の差も
つぶさに書かれており、すれ違いの切なさが
さらに増すんですが、そこにもBL環境に向いた
特殊設定が織り込まれており、ハッピーエンドに
収束するときもその設定が上手く活用されます。
ヘンな設定の生かし方が上手いんだなあ、きっと。
(2作目の「ハイクラス」「ロウクラス」の「本能」と同じかと)


以上のとおり、かなり楽しんで読めたんですが、
ただ、2点かすかな不満もありました。

まず、攻が小学生男子すぎること。
好きな子をいじめたくなるなのはわかるし許せる、
でもいい年なんだから落としたら上げようよ。
…まあ、最後は自分が自ら下に降りて跪いたから
いいんですが。ザ・フールと言うにぴったりです。
そしてクサいセリフが似合いすぎて良い!(笑)

それから、想いが通じ合った後に、濡れ場が無いこと。
BLの濡れ場は感情表現の極みだと思っているので、
無いとちょっと物足りないものが……あるかな。
(2作目も同じでしたが、あちらはあとがきの後に
ちょっとしたSSがあったので書きませんでした)
すみませんね、濡れ場好きなもので。(本音)

というわけで、小粒な不満もありましたが、
楽しんで読めた作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |