-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『愚か者の最後の恋人』/樋口美沙緒(高階佑) | main | 『世間が許さない』/松永也槻(まおまりを) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『お墓日和、恋日和。』/早瀬亮(鈴木廃)
前々から思っていたんですけれど、
読んだ本の印象をカテゴライズしたり、
タグ付けして記憶するのが苦手なようです。

もちろん、大雑把には覚えていますけれども、
Aという作品の印象→「〜な本」という再認はできても、
「〜な本」→A という再認ができません。

これは覚える気がないからでしょうか…。
別にそれで困ったことも無いですし、
鍛える気もまったくないんですけれどね。

さて、今日の感想本は、そんな私でも覚えやすい作品でした。
「墓石デザイナーのBL」という作品です。
Tさん、オススメありがとうございました〜!
それでは、以下にて。




『お墓日和、恋日和。』/早瀬亮
二見書房 (2010/5/21)
【Amazon】


☆あらすじ
地方の石材店で墓石デザインをしている大和。仕事に誇りが持てず、
彼女もできず腐っていた時に出会ったのが、一級建築士の佐伯。
顔よし、スタイルよし、センスよしな上、憧れの職業に
ついている佐伯に大和はライバル心さえわかない。
そんな大和をなぜか佐伯は堂々と押し倒してきて、
以来会うたびに貞操の危機が! 実は甘えん坊の大和は、
大人の手管と包容力に陥落寸前で………

*   *   *   *   *   *

お墓は個人的には癒しスポットなのですが、
亡くなった周りのひとにはそうも言っていられませんね。
故人を悼むなかで悲しいだけならまだしも、
子供達の間での確執、資産の奪い合い、
後継ぎの諍いなどなど、本性が現れますから。

そういえば西条さんの「孕み猫」の3話目である
『CRUSHED-OBSCENE』でも祖母が亡くなったのを
中心にしてドロドロが……うう、気分が。

ええと、あんなにどぎつくありませんが、
大和は墓石デザイナーという職の受ゆえに、
財産家のお家騒動に否応なしに巻きこまれたり、
兄弟間のケンケンゴウゴウに左右されたりと大忙しです。

そんな中で、派手じゃないけど一歩一歩成長しようと
頑張るワーキング描写がスマッシュヒットです。
うまくいかないからこそ、最後の喜びが大きいし、
悩むからこそ成長の種なんですよね。
頑張ろう。(←これは自分への言い聞かせ)

最後はホームドラマにでもありそうな大団円で
終わりますので、読後感もさっぱりです。
墓石デザイナ、かっこいいじゃん!


さてさて、大和は子供っぽいため、大人になろうと
努力している節がありますが、その理想が攻・佐伯です。
お家騒動の中心にもいる男でもあり、たしかに、
外見的・ステータス的にはいい大人の男です。

が、かなりの変人で、大和が佐伯に初対面した日以降、
会うたびにほぼなんらかの肉体的接触をはかる大胆さが
あるのに、大和に逃げられたあと、これは自慰で
収めるしかないか、と考える男なのです。
……いやいや、その前に追いかけようよ!
なんで微妙にリアルな非モテ思考なのさ!

また、大変な野外好きでもあり、ベッドでしたのは
ちゃんと気持ちが通い合って以降のみで、そのせいで
ひとに見られたり火種の元になっても悪びれないという…
まるで風の子です。お子様な大和といい勝負だよ!

というわけで、ワーキング、お家騒動人情話、コメディと
バランスよく楽しめたんですが、脇役の女性がひどいです。
婚活に燃える貪欲なモンスターと化しています。

こんな奴いないぞけしからん、と思ったんですが、
ネットで検索したら、悲しい画像が。
結婚しないしできない私には関係ないので、
個人的な意見は控えますがネタ画像と信じたい。
独身で1000万円って日本にどれだけ居んのよ…。

http://livedoor.2.blogimg.jp/dqnplus/imgs/1/2/129b07fd.jpg
(見るのは自己責任で!)

ま、まあ、話がそれましたが、楽しめた1冊でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |