-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『お墓日和、恋日和。』/早瀬亮(鈴木廃) | main | もうすぐ出不精の季節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『世間が許さない』/松永也槻(まおまりを)
だいたい25日付近が月末ラッシュで10日前後が小ラッシュ。
これ、BLを毎月買い込む人には感覚的にわかっていただけると
思うのですが、個人的に今月は10日前後も凄い!

小説がプラチナ、ディアプラ、ウィングス、ダリア、
コミックがリブレ、ガッシュ、それに加えて、
一般向けの少女コミックが小学館講談社集英社。
諭吉の旦那が飛びだってしまいます。

嬉しいんだけど、MMK(マジでマネーに困る)。
はい、今日の感想本に出てくる、
懐かしいMMKを言いたかっただけー!
なんかMMKってバブルの匂い、と思ってたら、
もとは旧日本海軍の隠語らしいです。
海軍兵が「俺MMKでさ」などと言い合って
張り合ってた、としたら……萌えますね。


話はそれましたが、今日の感想本は、
MMKな受をめぐるコメディです。
それでは、以下にて。

(那由多さん、面白かったです、オススメありがとう!)



『世間が許さない』/松永成槻
心交社 (1996/09)
【Amazon】

☆あらすじ
嘱託として日本の企業に勤めることになった、ブルーグレイの
神秘的な瞳を持つ日系三世のジョージ・ヤマモトは、
自分の名を言うたびに返される奇妙なリアクションに、
日本人に対する微かな不信感をつのらせていた。
そんな中、MMKの異名を持つ茶谷敬里課長の姿を見たとたん、
あまりの可愛らしさにショックを受ける。
年上でしかも男なのに何たることだ…!と思いつつ、
その天性の魅力に抗えないヤマモト。だが、
彼には課長にも言えない意外な弱点があった…。

*   *   *   *   *   *

いやいや、愉快痛快でした。
BLの標準的なコメディがコントやシチュエーションを
基盤に笑わせてくれるものだとしたら、こちらは、
ネタをふんだんにちりばめた落語といったところでしょうか。

近い系統としては小林典雅さんかな?
典雅さんみたいにこれでもか、というしゃべくりではなく、
あっさりにすら感じるんですけれど、ちょうど
いい気の抜けた具合で、たぶん1時間聞き続けても
飽きずに楽しめる、そんな軽妙な魅力があります。

まあ、なんてったって、攻はかなりのイケメンなのに、
名前はジョージ・ヤマモト(山○譲二)、がつかみで、
しかも音痴と来た日には笑わざるを得ないんですが、
事の都合でウィンクを歌うと来た日には、ふき出すわよ!


受の茶谷課長にまつわるMMK描写も面白いです。
もうひとり、MMKな女性の部長が居るのですけれど、
ふたりとも整った顔立ちではなく、年齢不詳の童顔、
愛嬌のある顔として描かれています。

正直、もてるとか好感をもたれる人って、
美男美女より、表情とかしぐさとか喋り方とか、
素敵だったりするんですよね。この2人のMMKは
仕事上ではベテランの強かさと優秀さを備えつつ、
愛嬌もあり、もてるのもわかる気がします。

こういうリアルさは好ましい……のですけれど、
でもやっぱり取り巻き達が笑わせてくれます。

「茶谷くんが同性愛者になっては困る!」という
至極もっともに聞こえる言い分かと思えば、
「娘と結婚させてお義父さんと呼んでもらいたい!」という
どんだけ茶谷課長を好きなんだ、というオヤジがいたり、
「小学生のときからアプローチしてる!」という
従兄弟のような存在が居たりとてんやわんやです。


ほかにも笑いのネタは色々とあるんですけれど、
書いてしまうともったいないのでこのへんで……、
深刻な話題もありますが、収まりよく終わります。

騒々しいですけれど、でも、心地いいんですよね。
これは私の好きなコメディに共通していることですが、
悪意を感じないコメディだからです。
(山本○二の名誉はさておき)
他の作品も読んでみましたが、そちらでもあまり
イヤーな人間がおらず、心地よいのです。


肉親、同僚、上司エトセトラ…そんな世間が
許さなくても、しれっとかわしてするっと
笑わせてくれるこの作品、楽しみました。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |