-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月新刊購入予定表 | main | 「バッテリー此/あさのあつこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「バッテリー后/あさのあつこ
折角の日曜なのに昨日の雪道邁進が体にたたって
ほとんど寝てました。足痛い。
いつも使わない筋肉使うって大変ですね。
雪国の人たち、頑張って!

そんな足を使って本をもらってきて読みました単行本。

バッテリーも垢乃╂瓩冬に入りました。
冬は日が短くてあまり野球ができないですよね。
それに沿っているのかどうかはわかりませんが
どんどんと内面重視になっていってます。

このブログの感想は相変わらず萌え語りですけどねー!
では見所などを…。(以下ネタバレ・BL注意報!)



バッテリー 5
バッテリー

あさの あつこ作 / 佐藤 真紀子絵
教育画劇 (2003.1)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

☆紹介文
「なにがほしくて、ミットを構えてんだよ」 本当の理由を言ってみろよ。
知りたいのだ。豪がつぶやいたように、本当はどういうやつなのか、
豪を知りたいのだ。それは多分マウンドにいてはわからない。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

犬豪ちゃんの内面編とすれば
垢肋匆霾犬鮓ても分かるとおり、姫です。
根本的なところは変わりませんが野球以外でも
少しずつ他人と交流をし始めるのです。
特に豪ちゃんと話したいのにうまく伝わらない…。
あー、まともなのはココまでです。


では本筋カップリング別に萌えセリフと感想をどうぞ。(妄想コミ)

豪×姫

p21「…心が躍った。他の誰にも、どんなときにも覚えることのない快感が、
体の奥底でちろりと燃える。」(姫)

姫、いつからそんなはしたないことを大胆に言えるようにっ!?
奥底…もしや疼いてたまらないとか?

p73「ちゃんと噛みついてこいよ」(豪)

…ピロートーク?
いつも噛まれるようなことをしてるんですか?
大切なものかまれたらどうするのさ。
そういうプレイがすきなのか豪ちゃんは。

p155「知らないことは、知りたい。おまえが本当は、どういうやつなのかとか、
知りたい。なんも知らんもんな、おれ」(姫)

コクリかーーーーっ!
いろんな事教えてあげて、豪ちゃん!

帯「想いを目の前の相手に伝えたい。どういう言葉を使ってでも伝えたい」(姫)

いや、読者(私)には伝わってるから。
豪になら体触れられても不快じゃないもんね。
言葉がダメでも口とか唇とか手とか使っていいよ!
と思ったら、なんとこんなセリフを。

p215「おれは、耳も口も手も身体も、持ってるもの全部使って、
おまえを捉えるつもりだからな。逃げんなよ」(豪)

豪ちゃん、大胆すぎだよ…。
身体=「躰」、捉える=捕えるじゃん!変換すると突然いやらしい!
豪ちゃんの指って太そうだよね…(妄想中)

とまあ、相変わらずのコラージュしただけでも
ラブラブっぷりが清々しいほどにわかる2人です。
内容的にはちょっと重い関係なんですけど
言葉の端々にやっぱりお互いが必要と言うことは
よく分かるので問題なし。むしろそのほうが萌える私でした。


海音寺×瑞垣

p86「俊二君(瑞垣)とおつきあいしてるからな」(海)

い、いつのまに!?
やっぱり門脇より海音寺か。

p92「気持ちよかったぞ」(海)

ここだけ見ればどうみても情事後…ププ。

p95「うわっ、一希(海音寺)くん、××××がうまくなったじゃない」(瑞)
「おかげさんで。俊二くんに鍛えられましたから…」(海)

××××はなんでしょね?秘密ですw
そうかぁ〜、手練受けのレッスン済だったのね。

p109「…けど、海音寺ってほんま優しいな」(瑞)
「惚れるなよ」(海)

自分に自身があるからこその海音寺のセリフですね。
余裕寛大攻め×意地っ張り女王受けに決定でいいでしょうか。

サブカップルがしゃべってて楽しいです。
かなりしゃべってます。
門脇なんか目じゃないくらい。
(門脇は姫に懸念中ですしね。)

あさのあつこ氏の手のひらで遊ばされているようですが
それでもやはり萌えるもんは萌えますね。

どんどん大胆になるメイン2人と
危ない会話をしまくるサブ2人、
困任呂匹里茲Δ蔑の結末に!?(違う)


読み終わるのがもったいない気持ち。
| [その他]あさのあつこ特集 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |