-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『男色の景色-いはねばこそあれ-』/丹尾安典 | main | 『かわいさ余って何かが百倍』/エンゾウ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『いつかお姫様が』/久我有加(山中ヒコ)
梅雨に突入して、なんだか電車の中も
心なしかイライラした雰囲気の6月も、
もう半分ですね。そしてあと半月で今年も半分……。

全プレに追われて日々のすぎてゆく
早さや雨の落ちるがごとし。
なんて五七五七七はどうでしょうかね。
今月は是のペーパー締め切りなのでご注意を。

と、自分向けのアナウンスをしたところで、
続けてディアプラス文庫の感想です。
久しぶりの久我さんの新刊、面白かったです!
それでは、以下にて。




『いつかお姫様が』/久我有加
新書館 (2010/6/10)
【Amazon】


☆あらすじ
広い肩幅、長い脚、切れ長の双眸と隆い鼻、
だが中身は三枚目寄りの二枚目半。
それが世間の開士に対する評価だが、市村だけは違った。
焦げ茶色の柔らかな髪に象牙色の滑らかな肌。
彼の方こそよほど綺麗な容姿をしているくせに、
開士をまるでお姫様のように大切に扱ってくれるのだ。
最初は戸惑っていた開士だが、いつしかそれに
ドキドキしている自分に気付き……

*   *   *   *   *   *

乙女受け……というと、私はまっさきに砂原さんの
『ミスターロマンチストの恋』が思い浮かぶわけですが、
同じく乙女風でも開士はちょっと違いました。

それは、中世の騎士が、女性をレディとして
恭しく崇めるように扱うことで、女性がレディとして
振舞うように(ってガラかめで麗が言ってた!)、
まずは、市村が愛でることではじまるのです。

一般的な外見的評価ではかっこいいの部類に入る、
市村よりごつめの開士をひたすら丁重に、優しく、
姫のように扱う……という行為と願望があり、
それに触発されて開士が乙女気質を開花させてゆくのです。

この過程がいい仕事ですねえ…ニヤニヤしてしまいます。
もう湿気むんむんの電車の中の空気でさえ甘く…は
言いすぎですけど、周囲を忘れられる甘さです。


でもって、それで逆にひるんだり、釣り合わないんじゃ、
などと悩むような受けは好きにはなれないんですが、
そういう乙女気質のマイナス面はありません。

いい意味で後ろ向きなところがないというか、
市村の王子様っぷりを「カッコエエ……」と
素直に賞賛できてしまうまっすぐな気質と、
関西弁すなわち関西の気質が混じり合うことで、
ひとりで乙女/色ボケ/ツッコミ/三枚目受け、という
憎めないキャラクターになっています。

特に、私がお気に入りなのはこの(↓)ひとり芝居。
あの爪を舐めたら、きっと蜂蜜の味がするに違いない。(←色ボケ乙女)
「ハチミツてっ……!」(←ツッコミ)
地団駄を踏みたいのを我慢して、開士は洗ったばかりの髪を
かきまわした。(←三枚目乙女)
俺はヘンタイか!(←ツッコミ) (p.115-116)

このキャラは、久我さんの関西弁ならではです。
乙女思考が苦手なひとでも親しめると思います。

また、市村も、開士を甘やかしたくてしょうがないのが
見え見えで、わかりやすくていいキャラでした。

いつか「王子様」が、ではなくいつか「お姫様」!
という市村の願望がかなえられて、読み終わると、
タイトルの妙にまたニヤッとしてしまいます。

あ、珍しく高校生もの定番のもの(進級、学園祭、
修学旅行、etc.)があまり出てきませんが、
そんなの無くても面白いものは面白い、ということですな。

甘やかし甘やかされがたまらない一冊でした。
| [BL・小説]久我有加 | 23:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:38 | - | - |