-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『いつかお姫様が』/久我有加(山中ヒコ) | main | 『No.99:人間玩具』/池玲文 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『かわいさ余って何かが百倍』/エンゾウ
PCからこのブログを見ている方にはTwitterが見えるので
筒抜けなんですが、今日は一日中寝てしまいました。

平日が睡眠不足(ワールドカップに関係ありません。
興味ないので1試合も見てません)なのは認めますが、
せっかく雨が降らなかったのに一日中寝てしまうなんて……
もったいないことをしたなあ。

とは書きつつ、またブログを書いたら寝るんですけれどね。
昼寝をすると眠れないと友人が言っていましたが、
私は全然関係なく眠れます。長所なんだか短所なんだか。


さて、今日は誰ともなしに口コミで読んだこちらの作品です。
初めて読む作家さん、しかも新人ってなかなか手を
出せないんですよね…でも、面白かったです。
口コミは偉大だ!それでは、以下にて。




『かわいさ余って何かが百倍』/エンゾウ
オークラ出版 (2010/5/12)
【Amazon】



☆あらすじ
「あんたの泣き顔、最高にそそる」真面目(実は隠れゲイ)な
サラリーマンの三國蓮次は、その日も上司との不毛な不倫を
続けていたが、その現場を知り合いの花屋オーナーである
一ノ宮しのぶに目撃されてしまう! ゲイの自分に悩んでいた三國を
“キチク”な言葉と態度で翻弄してくる一ノ宮。
不器用な三國もいつしか自分のすべてをさらけだして…。
表題作ほか、美形オカマ×強気ボーイの逆転ラブや、
高校生同士の甘酸っぱい恋も同時収録!

*   *   *   *   *   *

初読みの作家さんをチェックするときは、
最近は読書メーターの感想の「数」を
注目して見るようにしています。

なぜかというと、読んだ人が感想を書くということは、
個人の好悪は別として何がしかの感情をもたらされた、
ということだからです。(感想の中身をあまり見ないのは
ネタバレを知りたくないのと、好みはそれぞれのため)

で、この作品は、結構コメントの率が高かったのと、
コメントで全否定も無いようだったので、
読んでみたら、なかなかのアタリでした。


あらすじにある通り、鬼畜花屋×隠れゲイリーマンが
表題作ですが、タイトルどおり、かわいさが余って
何か=いじめたい気持ちが百倍な作品でした。

生来のいじめっこ気質もあるんですけれど、
受けが強気に反抗するのが可愛いくて、
だからこそついついいじめてしまう、という
未熟な年下攻めの相反する気持ちがいい!

結構ひどいことも言っていますが、次第にラブが
見えてくるから全然鬼畜に見えなくなります。
また、受けは先に述べたとおり強気に反抗しますし、
なんだかんだで攻めのハートをつかんでいるので、
あらすじほど一方的な感じはしません。むしろ、
受けの最後の1ページの反撃がクリーンヒット!でした。

いい意味でちょっとだけ肉体派よりな絵柄も好みでした。


2つめの高校生同士『不器用なドアキーパー』もまた良し。
無口な同級生に話しかけて、打ち解けていくうちに
「かわいさ余って独占欲百倍」になってしまう、
と言った話です。エロはなく、表題作に比べて
ページも少ないのであっさりめです。

が、3Pだけのおまけマンガに萌え心を撃ち抜かれました……。
くそう、かわいいぞこいつら! そしてまた、
受けの提案がまた漢らしいのにかわいい!!
全然ダメじゃないよ!受け攻め不明なんだからリバれ!


美形オカマ(トランスヴェスタイト?)×ボーイ、の
『ごめんね、でも愛してる』も女装攻めとして秀逸です。
攻めは普段は身長を除けば中性的なのに、
自分の存在を受けに相応しくないと悩む乙女なのに、
アレの時は「かわいさ余って攻めヂカラ百倍」になります。


鬼畜なのに年下の甘さがあったり、
無口だったくせに急に過激な事を言ったり、
女性的なのに攻めるときは攻めらしくなったり、
どの話もギャップがピリリときいています。

それでいて、作ったキャラという印象はなくて、
自然に感じるのですよね、なぜか。うん。

というわけで楽しんで読めた1冊でした。
アクア(たまには)やるじゃん!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 01:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:09 | - | - |