-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『No.99:人間玩具』/池玲文 | main | 昨日と今日の日記と、『おおきく振りかぶって (15)』をゆっくり腐読み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ブラック・オパール』/吉田珠姫(みなみ恵夢)
完全に床にうつぶせで九の字になって寝ている酔っぱらいを
横目で眺めつつ、終電の車内でこれを書いています。
(書いていました。今はちゃんと自宅で書いてます)

こんな大人になっちゃダメだなあ、と思いつつ、
うらやましくて仕方がありませんでした。
なぜなら今週は一滴もアルコールが入っていないから…!

今週末にちょっと飲む予定なので我慢していたのに、
あの酔っ払いのせいであまりにも飲みたくて
シルクエビスを買い、飲んでいる最中です。
ふふ、こんな大人になっちゃダメだなあ……、でも、
こんなんが案外楽しいと知れるのは大人の特権です。
子供は寝てな!(いわれなくても寝てる)

さて、今日は大人にぴったりな、
吉田さんのぶっ飛びシリーズの感想です。




『ブラック・オパール』/吉田珠姫
二見書房 (2010/6/23)
【Amazon】



☆あらすじ
生活能力皆無で、一日のうち夕方の数時間しか起きていられないましろ。
しかもここ一年より以前の記憶もなく、同居している叔父の
有吾には外界との接触を禁じられ、各地を転々とする
逃亡者のような生活を送っている。
毎日ひたすら有吾の帰りを待ちわびるだけの生活…
そんなましろのもとに、美貌の青年サフィールが現われる。
「私たちは、もう十年くらいのつき合いじゃないか」
――その言葉の意味するところとは。そして頻繁に見る、
『 おじちゃん 』 たちとの猥褻な行為の夢の正体は―― 。
ピジョン・ブラッドシリーズ第二弾 !

*   *   *   *   *   *


「発売日未定」欄にずーっと載っていた常連で、
出てほしいような出てほしくないような、と
思っていたあのピジョンブラッドシリーズが
4年ぶりに、ついに、やってきちゃいました。

もう、どんな話でも読んでやる、やけくそくそみそ!な
気分で読んだのですが、意外に前回より楽でした。

耐性がついたせいもあるかと思いますが、
前作は、ピジョンブラッドシリーズのご紹介というか、
とにかく派手な部分が目に付く作品だったのに対し、
今回は逃避行のために派手なシーンも少なく、
エロも減少気味でした。これはいったいどうしたこと…、
私がトンデモワールドに慣れすぎたのかしら。

その減少の部分は、記憶喪失とさらなる
神経症のために、「宝石」と呼ばれる人間の、
望んでそうなったわけでもない者の悲哀と、
精神的な危うさがより描かれています。

記憶喪失と神経症のコンビがいい構成となり、
なんだか「ましろ」が可哀想に見えてきます。
そして、色狂いになっても、好きなひとの前では純粋な恋人で
ありたいと願うという、いじらしさをも感じさせるのです。
くそう、このシリーズでいじらしさを感じるとは
思いもしませんでした……不覚です。


ただ、控えめと言っても男が肉欲に溺れて理性を
喪う気持ち悪さはそのまま残っていますし、
ひとたびエロになったときのはじけっぷりは
同等のレベルなので、控えめといっても当社比と
考えてもらったほうがいいです。(はじけてる例は↓を参照)
「ああんっ。お尻の穴、見ちゃイヤぁ……!
有(攻めの名)さん、見えてるんでしょ?
見えてて、ずぶずぶ刺してるんでしょ?
もうイヤァ……。おれのお尻の穴が、
有さんのおちんちんくわえてるの、見ないでぇ――っ!
恥ずかしいよう――っ!」(p.312)
うん、転写してる私が恥ずかしい。

また、ひとつ大きな問題として、挿絵が別の方に
代わっているのですが、色気と狂気が足りません。
私は門地さんファンでもないし、むしろ門地さんの
マンガは地雷のときもあるくらいなんですが、
あの滴るようなあやうい色気が感じられません。

あれほどにこの作品に似合った挿絵のかたは
いないと思うんだけどなあ…4年間もあったのだから、
どうせなら統一してほしかったです。


あと、何気なくあとがきで書いてあったのですが、
なんとこのシリーズはまだ続くそうです。
シャレード懐広すぎだろ……なんて子!

前作も登場したサフィールが主人公と思われるあとがきでした。
サフィールの価値観はわかりませんが、確かに、
いいやつではあるので、次で幸せになってほしいものです。

というわけで、初心者は手を出しちゃいけない本でした。
| [BL・小説]吉田珠姫 | 02:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:41 | - | - |