-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ブラック・オパール』/吉田珠姫(みなみ恵夢) | main | 2010年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
昨日と今日の日記と、『おおきく振りかぶって (15)』をゆっくり腐読み
今週は今日含めて2回しか更新できませんでした。
まあ、体力の限界というかなんというか。
睡眠時間が5時間切ると、余暇を楽しむような
余裕がなくなってしまいますね。
あと2週間はこんなペースが続くかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、そんなわけで土曜の午前中はぐーすか寝てしまい、
午後は池袋で本を売る&オフ会の予定が入っていたので、
買いに行く予定だったおお振りDVDを買いそびれました。

予想以上の値段で売れたし(平均約200円)、
欲しかった古雑誌も手に入れたし、
オフ会もとても楽しかったし……。
いいリフレッシュになりましたが、やはり、
DVDが買えなかったのは残念でした。
で、挽回とばかりに今日買ってまいりました!



なんか知らなかったんですけれど(買わせ甲斐のないやつ)、
全巻予約以外にも、アニメイトだと7/11までに
おお振り関連アイテムを買うと1000円ごとに
1枚もらえる野球カード風カード (画像の右下)や、
描き下ろしクリアポスター(画像の左上)やらが貰えるようで、
別にどうしても欲しいわけじゃないけれど、
くれるというのでいただきました。
(カードのことを調べたら、なぜに全8種…!
沖ファンと西広先生ファンは怒っていいと思う。)

帰宅して、DVDで1〜2話を見直し、録画した最終話を見て、
15巻をまた読み返す……至福のひとときでした。
明日からも頑張るぞう!

さて、夏の大会が終わった直後の15巻。
リスタートをはじめた巻でしたね。
負けたら負けたで、その後でどうするか、
1人1人が何を考えて野球をするのか、
ということがきっちりと描かれているからこそ、
誰1人としてモブ扱いにならないんだなあ。
次の夏合宿編も楽しみ!(次はいつ発売やら……)

で、まともな感想はショートにまとめておいて、
ごく一部からリクエストのあった腐読み感想です。

3巻ぶりにやってみて、時間かかったけど、楽しいわあ!
ということで、以下、個人的見所+腐感想です。



『おおきく振りかぶって (15)』/ひぐちアサ
講談社 (2010/6/23)
【Amazon】




□ 5ページ 田島→花井 つんつんシーン
田島さま高等テクすぎ!花井がなぜ突かれたのかを
まったく理解していないところに萌えた。

□ 11-12ページ 花井→田島 平手打ちシーン
いちゃついてるようにしか見えない私の目。
花井のセリフはヘタれていればいるほど輝きます。
ぶたれなれているっていつもいちゃいちゃってことですね。

□ 28-37ページ ロカさんと滝井監督ドロドロシーン
わあ、過去に燻りまくってたんですね……!
美味しい!高校生から見たら年上だけれど、
いまだに燻っている何かはまだ高校生の時の
ものなのですね……ドロドロでいいわあ。

□ 40ページ アベ、大会に間に合うと聞いて、のシーン
アベの口のなかにハートが! 似合わない(笑)

□ 48ページ アベからのメール
あいかわらずアベにドキドキだなあ、ミハシは…(色んな意味で)

□ 60ページ 挫ける西広先生の心
西広先生は頑張ったよ!本当に!許す、目指せ!

□ 70ページ クソレのフラグ
…は立ってるんだけど千代ちゃんは歯牙にもかけなさそう。

□ 71ページ アベ弟、登場
アベの弟とは思えないほどシュンちゃんが可愛い!
兄弟って似るか逆になるかなんですよねー…。
そして田島さまは神様化が加速中。

□ 72ページ アベ、登場
そしてこの兄は苦しゅうない近こうよれ体勢…。
女房、態度でかすぎです。

□ 75ページ 田島さま珍しく弱音シーン
田島さまがハンカチ(と書いてシャツと読む)を
噛みしめてるシーンが可愛い。4番もキャッチャーも、
って田島さまでもたしかに厳しいですよね。

□ 79ページ アベはどこまでいっても偉そう
近こうよれ体勢の嫁(=キャッチャー)と、正座の旦那(=ピッチャー)。
たしかにこの女房には恐妻家にならざるを得ない……!

□ 83-88ページ 心が歩み寄るシーン
スーパーアベミハタイム!スーパーアベミハタイム!
大事な事なので2度いいました。最後の笑顔はヤバい、
クララが立った的感動と可愛さで、爆発的な萌えです。
総天然色のキャプチャを撮っちゃったよ…!(↓)



□ 92ページ 心が歩み寄ったあとなので
オレだってそっち側へ入りてーよ!
…薄くした部分が本気で見えませんでした。
うぶめの夏のトリックが今なら理解できる。

□ 95ページ シュンへアベが呆れるシーン
え、これは、あれだけの道のりがあったからこその
あのミハシの「笑顔」、その価値がわかるのは
オレだけ!って言ってるも同然ですよねわかります。

□ 100ページ 花井が目標を定めるシーン
花井かっこいい…!が、102ページが思春期の感覚すぎて可愛い。
やっぱり花井は(心情的に)攻められてこそ輝く。

□ 107ページ 花井の夜の生活
●REC (お風呂のシーンの胸の円は…ちくびだよね…)

□ 110ページ 花井がミハシをこづくシーン
なにこの可愛い生き物……!いじめたくなるよこれは!

□ 127-128ページ 目標を書けないシーン
おっきー…!はじめてかっこいいと思いました。
カードに含められてなくてもここでは主役だ!
(だがモモカンはさらにかっこいい。)

□ 136-179ページ 練習!練習!
なんでこんなに練習シーンが面白いんだろう!
最初にも書いたけれど、皆がどんな気持ちで
練習をしているのか、どんな思惑があるのか、
というのが心理描写を交えながら描かれているから、
マジメな練習が生きてくるんだろうなあ。
(それに比べて同じアニメになったあのマンガなんか
そういうのがぜんぜん……なんでもありません)

□ 187ページ モモカンの計画通り
たしかにミハシと朝食作りはしたくない、が、
アベは嫌そうな顔しすぎ。あ、これはツンか!
他人には見せられないツンであとでデレが!

*   *   *   *   *   *

思うがままに書いていたら前回より大幅増になりました。
たまにテンションアップすると楽しいなあ…。(完全燃焼済)
次の巻もアベミハがっつりを期待します。

それでは今日はこのへんで。おやすみなさい。
| [その他]おお振り特集 | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |