-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2010年7月新刊購入予定リスト | main | ブログの近況と6月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年上半期 BL小説&コミック ベスト
今日はようやく川端康成の『少年』を読み終わりました。

旧字が多くて読むのにとても時間がかかりました。
また、物語としての体裁をとっているのではなく
自伝的な部分が強く、時系列もあちらこちらに
飛んだりで終着点が見えづらく、普段やわらかい本ばかり
読んでいたので非常に疲れました……。

ただ、寮内での同性愛というか少年愛的な文化があり、
誰々が誰々を狙っているだとか手を絡めて床に就いただとか、
フツーに描写されてるのに驚きです。というか、
そんな内容の文章を学校に提出しちゃっても
咎められない文化があったっていうのは…凄いですね。
タイムマシンがあったら見に行ってみたいものです。


さて、タイムマシンに乗っているわけでもないのに
あっという間に過ぎた上半期を振り返ってベストです。
今年はコミックはちょっと数が少なかったので、
小説を10作、コミックを5作としてみました。
それでは、以下、どうぞ。

□前書き
・今年読んだ本であって出版年が今年というわけではありません。
・2010年刊の作品は 印です。
・タイトルにリンクが張ってあるものは感想へ飛びます。
・読了日順に並んでいます。

□ BL小説

1.『甘い運命』/高遠琉加

トップバッターからいきなり本命という感じです。
愛と混乱のレストランシリーズのスピンオフですが、
これ1冊でも読む価値はあり、です。
(そして本編も読みたくなる、と)

2.『罪と罰の間』/綺月陣

どうしようもない身勝手だったオヤジの贖罪が許せないひとには
受け入れられなさそうですが、私はバッチコーイ!でした。
まあ、恒例オヤジ部門ということで…挿絵も素敵でした。

3.『文殊丸』/須和雪里

心が洗われる説話BL第二弾。
BL本来の癒しとは質が異なりますけれど、これはこれで、
心が苦しいときに読むと少し救われるかもしれません。

4.『声を聴かせて』/有田万里

私にとってはまるきっかけとなった有田作品でした。
聴覚障害者という題材と真正面から向き合った、
かなり古い作品ながら今でも胸の熱くなる作品でした。

5.『二人暮らしのユウウツ』/夜光花

コックリング部門!というのは半分冗談として、
エロス的にも萌え的にもガツンときた作品でした。
…オカルト面はちょっと怖かったですけれど。

6.『描くのは愛』/剛しいら

剛しいらさんの「創作もの」タイプとして秀作でした。
メインカップルに加え、作中作となる絵についても
別の恋愛が潜んでいて、2つのドラマが交錯するという面白さです。

7.『グリーングラス』/暁由宇

これもかなり古い作品ですが…年間ベスト10の可能性大です。
男娼、それもデリバリーで複数の客とのオムニバス風、
というBLの男娼ものの概念を覆す素敵な作品です。

8.『花を買う男』/有田万里

「BLのつもりで読んでいたらゲイ小説だった」と
ポルナレフのAAを使いたくなる作品でした。
裏切られたー!面白かったからよけい悔しい!

9.『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒

最近、花丸文庫はほんとに侮れないなあ、と改めて思った作品です。
ベタな学園もののお約束を、虫擬人化のような設定にして
書ききっているこの上手さにファンになってしまいました。

10.『世間が許さない』/松永也槻

これまた15年近くも前の作品なのですけれど、
心地よく笑えるコメディ作品です。
世間が許さなくても私は許します。


□ BLコミック

1.『嘘みたいな話ですが』/腰乃

攻めのヘンタイっぷりが好ましいと思ってしまうなんて、
私ったら末期かしら……。しかし腰乃さんが描く
ヘンタイたちはなんだか許せるのですよね、うん。

2.『Jの総て』1〜3/中村明日美子

厳密にはBLじゃない(レーベルがBLじゃない)ですけれど、
これは入れざるを得ない!アメリカの1960年代の世相を背景に、
Jという人間を描いた傑作です。放置した自分が馬鹿でした。

3.『卒業生(冬・春)』/中村明日美子

5作のうちで2作が同じ著者というのはどうかと思ったんですが、
入れざるを得ないですよね。BLの至宝と言ってもいい、
素晴らしく美しくピュアな作品でした。

4.『枯れない花』/京山あつき

「聞こえない声」「見えない星」に続く、完結編です。
続きが出てくれて嬉しい、というのは、作品の面白さとは
また違う嬉しさですが、内容も伴った嬉しい完結編でした。

5.『50×50(フィフティ フィフティ)』/国枝彩香

バカ×バカで、これこそ本当のバカップル。
国枝さんは湿り気のある暗い作品もいいけれど、
コメディも安定感があってありがたやです。

--------------------------------

というわけで、小説10作&コミック5作でした。
小説は去年に比べて古い作品がちょっと増えましたね…、
これからももしかしたら現在のメインストリームとは
違う方向へ行ってしまうかもしれませんが、
それはそれでなるがままに流れていこうと思います。

それでは下半期も良い作品に出会えますように!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 22:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |