-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブログの近況と6月の読書メーターまとめ | main | 2010年上半期 BL小説ワースト5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『37℃』/杉原理生(北畠あけ乃)
新規でBL感想を書くのは2週間ぶり…くらいかな?
まるでリハビリのようですけれど、不思議と、
久しぶりに書くときのほうが指が動いたりします。

しかし筋トレは1週間でもサボると、再開したときに
ものすごーく身体がついていかないことがわかりました。
忙しいからといってサボると悪循環……。

もしかしたら感想も1ヶ月とか開いたら
ダメかもしれませんけれど。まあ、
どちらにせよ継続は大切ということで。

さて、今日の感想は、読む時期を長らく継続して
はかっていた(=積読していた)こちらですが、
すごく好みでした。それでは以下、感想です。



『37℃』/杉原理生
大洋図書 (2008/5/24)
【Amazon】


☆あらすじ
「悪いんだけど、俺をしばらく 泊まらせてくれないか」
銀行に勤める野田に突然掛かってきた数年ぶりの電話。
それは、大学時代の野田の秘密を共有する男、若杉からだった。
泊めることを了承してしまえば、面倒なことになる。
そうわかっていながら、野田は頷かずにはいられなかった。
とっくに終わったはずの関係なのに……

*   *   *   *   *   *

どれほど好みだったかというと、マイ杉原さんランキングの
トップが入れ替わりそうなくらいでした。
(ちなみにトップは『世界が終わるまできみと』)

杉原さんというと、比較的センシティブな年代の
繊細なカップルが多いですが、同じ繊細でも、
この作品では前哨戦として大学のとき、それから、
いい大人になった三十代前半という時期が書かれています。

まあ、いわゆる再会ものですけれど、出会いも
別れも再会も、劇的に炎上したりはしません。
表面的には、それこそタイトルのように微熱のようです。

しかし、瞬間的な熱量は大きいフェーバーは一瞬ですが、
燻り続けるロウフェーバーは長く総熱量は多く、
一旦別れても、互いが互いの中に残り、燻り続けているのです。

まあ、燻り続ける原因は受けの性質によるところが
大きいのですけれどね。本当は欲しいのに、
手に入りかけてるのに、欲しいと言えません。
むしろブドウとの距離をわざと見誤ってみたり、
手に入れたのにわざと放り投げたりするような、
攻めにこんな事(↓)言われる受けはおいそれと見られません。
(受けは)とてつもなく薄情だろう。
タチが悪くて、あれもこれも欲しいっていうわりには、
手に入れてみて『やっぱりいらない』って
自分勝手なことをいいそうなタイプだ(p.167)
でもこれがドンピシャの表現なんですよね…。
手に入れたいけれど手に入れようとしない、
だからずーっとブドウを欲しがり続けるという
難解な受けなのです。

そしてそんな受けを理解できない攻めも、
理解できないからこそ憎らしくなったり惹かれたり…
矛盾に満ちた細緻な心理の描写が、じわりと染み入ります。


さきほど「微熱」と書きましたが、タイトルは
必ずしも微熱とは書いてないのですよね。
あくまで「37℃」です。

その温度には、「微熱」というイメージもあれば、
表に出るのが微熱なだけで、内面的な熱は
もっと熱い、というようにもとらえられますし、
平熱の低い(感情の温度が低い)受けにとっては、
かなりの高温で燻り続けている、という意味が
あるのかもしれない、と平熱35.5℃の私は思いました。
(37℃ってけっこうきっついですよね)

ラストがあまり社会的にハッピーじゃなさそうな
未来を暗示しているのですが、この熱があれば
このひとたちは大丈夫だろうな…と先行きの
暗さにもなぜか逆に安堵してしまいました。
熱いのに、このひんやりとするような感覚もたまりません。


というわけで、この時期に読んでも熱くない、
けれど確かに熱量を感じる作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 02:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - |