-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『37℃』/杉原理生(北畠あけ乃) | main | 『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年上半期 BL小説ワースト5
土曜日曜と、睡眠とマンガに耽っていました。
(あ、選挙には行きましたよ!)

新刊はもちろんなのですが、もやしもんを
再読しては飲酒して昼間から寝こけたり、
ガラスの仮面の通し読みをしては速水さんの
顎の成長の軌跡を追ったりと、中毒状態でした。
物語のエネルギーって素晴らしいですね!

さて、その物語のエネルギーですが。
残念ながら、こちらの怒りエネルギーが
うなぎのぼりになってしまうものもありまして、
その私憤を晴らすのがこのワースト記事です。

もちろん個人的なワーストですから、
誰にでもワーストであるとは限りませんので、
もしかしたら不愉快になるかもしれませんので
苦手な方は回避してください。と毎回書いてるけど、
毎回ベストよりアクセスが多いんですよね。
私が言うなですが、世の中は物好きで満ちています。

それでは、以下にて。(今回は長いよ!)




5位・『ラブガードは終わらない』/甲山蓮子


☆どうぞ終わってくださいで賞



四十半ばという高年齢の受け、社長と愛人関係、
ヤクザともつきあいがある警備会社の室長…という
設定に釣られて買ったんですけれども。

「贖罪」だのなんだのと言っているわりに、
普通に社長とのセックスで肉欲に溺れる描写や、
ヤクザとも取引したりしている描写のなかに、
全然それを感じられなかったんですよね……。
「身体は満たされても心の飢えは増すばかりだ」って、
独りよがりだし今関係してる2人に失礼なような。

また、受と贖罪する相手との過去のつながりや、
攻め候補(部下)と叔父(贖罪相手)の関係についての
描写を挟むんですが、これの時系列がわかりにくい。

そして、↑の描写はそこそこの量があるため、
現在の攻め候補達への描写が不足がちで、
受けの心がよくわからなくなってしまいました。
なぜこのメンツで部下を選ぶのかが謎すぎです。
仕事面も、うーん、「有能と言われている割に
有能に見えない」というのを久しぶりに体験しました。

なによりオヤジ受ならではのセックス描写が
あまり感じられなくて残念でした。(←ここ重要!)


4位・『花色ー君をこそ、想ひ初めしかー』/栗城偲


☆疑わしきは感情的にはダメで賞



平安時代なのに、小町(個人ではなく巫女としての
通称だと思ってください)の跡継ぎとして
女性として育てられたのに、「び、微妙……」とか
「えーっ」とか喋っちゃう受のセリフはそれこそ
微妙でえーっですけれど、まあ、流せます。
ただ、流せないのが小町の歌の解釈でした。

「うたたねに 恋しきひとを 見てしより
夢てふものは たのみそめてき」

そう、教科書でも出てくるような、この名歌ですね。
その訳を「うとうとしていたら、あなたが現れて下さいました。
あなたも私のことを想っていて下さったのですね。夢という
儚いものを私はそれほど信じてはいなかったけれど、今はそれを
頼りに互いの愛を確認しましょう」としていました。…なんで?

だって、この歌、自分の解釈では「うたたねしてたら
恋しいあなたが出てきたから、儚い夢なんかを
頼りにして暮らすようになっちゃったわ」っていう、
夢でいいから逢いたいわ、という片思いの歌なんですが。

自分の解釈が間違ってるかも?と思って検索しても、
想ってくれただの互いの愛を確認しあおうだの、
自意識過剰なことはどこにも書いていません。

また、「いとせめて 恋しき時は むばたまの
夜の衣を 返してぞ着る」も意味が全く逆です。
せめて好きな人を夢で見たいわん、という
夢見る少女チックな片思いの歌なのに、
なんで想い人が自分の夢を見ることになるのかしら?
「私の夢を見てくださいましたよね?」なんて
こんなあだっぽい意図、あるあr…ねーよ。

そういう風に解釈していたならまだしも、
作中の場面的に、帝と対面するということと、
敵対する相手へのあてつけということで、
歌には見られない露骨なニュアンスを現代語訳に
加えたのか?と思ってしまって楽しめませんでした。
それなら歌を自分で作ればいいじゃないよ!


3位・『永遠に咲く花のように』/須藤安寿


☆限りなく1本に近い判定負けのようで賞



「王様と人形の恋」という売り文句に
ぽちっとしちゃった作品です。

うーんと、1つ1つのマイナス要素は、
さほど大きなマイナスではないんですけれども…。
まず、エピソードが多いことは良いのですが、
そのつながりかたが希薄で、心理がどのように
変化していったのかが読み取りづらいこと。
まったく読み取れないわけではないのですが、
柔道でいうところの「有効」ぐらいには痛いです。

また、焦点が2人の関係だけでなく人形師にも
ときに当たります。それはかまわないのですが、
前述のとおりエピソードが多いため、
焦点がぼやけるように感じました。没頭できず、
帯に書いてあるようには泣けませんでした。
これも「有効」ぐらいに効いています。

また、ネットで見た表紙では気づきませんでしたが、
なんだか絵の遠近感が乏しく、表情に乏しく、
そして精巧なはずなのにたまに骨折しとる。
これは「技あり」に近い「有効」。(挿絵は重要!)
よって、判定、ワースト入りです。
言いたいことはわかるだけに、惜しい!
竹書房は麗人はいいのになぜ小説は……!


2位・『家族の肖像』/桃さくら
画像なし

☆どう考えても今のご時勢では出版できないで賞

ひとからお借りした本をここに入れるのは
忍びないのですが……「ワースト」の中で、唯一、
怒りより底知れぬ気持ち悪さが勝った奇作です。

著者のあとがきにて「難しいことは考えずに、
可愛らしさを堪能するのがショタの醍醐味」と
書いてあります。この理屈はわかります。
(現実の児ポは許せない事柄ですけれど、
あくまで二次元、ファンタジーならば)

がしかし、伺いたいことがあります。
なぜゆえに、主人公(ショタ受)の義父(攻)が、
姉弟で近親相姦をしていたという示唆が必要で、
受がその間にできた子かもしれない(確率高)、
という可能性が必要なのでしょうか。

さらに、義父と、義父の親友(こっちも受の父親の
可能性もあり)と、受のクラスメイトがセフレになって、
4Pをしなければなんて設定が必要なのでしょうか。

……理解不可能!気持ち悪くて堪能できないよ!
しかも、ショタたちはしょうがない面もあるけれど、
義父と親友は、桃さくらさんの登場人物らしく、
罪悪感とか一切ないのですよね。

これが、単に理想(あとがき)と現実(作品)が
一致していないというだけならいいんですが、
一般的にこれが可愛いショタなのでしょうか?
それならこの世の中ホラーなんだけど……。
ともあれ、他の作品とは次元の違うワーストでした。


1位・『迷惑だろうと恋は始まる』/相良友絵


☆怒りで笑いがこみあげてくるで賞



「怒り」という観点から見て、最上級の作品でした。
ええ、そりゃろくに中身も改めないで、
タイトルがキャッチーで安い古本だからと、
適当に買った私が悪いんです、でも許せないんです。

70ページ前後の短編3作が収められてるんですが、
どれもこれも、登場人物が身勝手すぎです。

「強引な人々」は、周りにいる人が偶然にも
ホモばかりで、勘違いしたり迫ってきたり、
という話なのですが、とにもかくにも、
むかむかっと来たのが主人公(受)のこのセリフ。
「ちくしょー、絶対ホモなんて認めねぇんだからなっ!!
呪われろっ!!滅びちまえっ!!」(p.74)
このあとで何かが起きて撤回するわけでもなく、
身勝手なホモにただただ辟易する受け、
という構図になっています。
状況を考えれば叫びたい気持ちはわかります、
が、強引なのが悪いのであって、ホモが悪い、
という理屈にはなりませんし、なにより、
BLでこのセリフを書くんだあ、と呆れます。

BLの男とゲイは一致しないとわかっていても、
気分が悪いです。disってるようにしか見えません。

表題作も、攻めが「今日からホモになるから
男同士のセックス教えて、教えてくれないと…」と
セックスを覗かれた同性愛者の受けを脅す、
という意味不明で身勝手きわまりない話で、
あと1作もラストで眉間に皺が寄りました。

あとがきで話が鬼畜だの、コメディに慣れちゃったから
ラブラブは無理だのと書かれておりますが、
ラブラブでなくていいからせめてラブを書いてくれ……。

久しぶりに本を引き裂きたくなったこちら、
堂々の、今年上半期のワースト1です!
(実際は引き裂いてませんよ。古紙が足りないって
聞きますからちゃんと古紙の日にゴミに出します。)

*   *   *   *   *   *

ここまでながーい感想を読んでいただき、
ありがとうございました!
本文が長くなったので、〆はあっさりと…、
以上、2010年上半期ワーストでした。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 21:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - |