-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2010年上半期 BL小説ワースト5 | main | 『散る散る、満ちる』/凪良ゆう(海老原由里) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加(金ひかる)
今日は少しだけ早く帰れました。
といっても、日付は変わった後ですけれど。

こう毎日本も買えない、寄り道もできないとなると
どうしようもなく散財したくなります。

いけないとはわかりつつ……、いやまてよ、
お金というものは生活を豊かにするためのもの、
ならば今の荒れきった生活を是正したくなるのは、
自然の理と言えるのではないでしょうか。

と、夜中のポチボチポチボチを自己弁護してみました。
(ポチポチを超えてもはや連打に近い衝動買い)
ま、安い古本ばっかりだから自分で自分を許そう…。

さて、今日は久しぶりに新装版で読んだこちらです。
それでは以下にて。




『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加
海王社 (2010/06)
【Amazon】

☆あらすじ
真面目な数学教師・鮎川は、官能小説家の親友・不破の仕事を
手伝うことになる。自分を庇って利き腕を骨折した不破に
口述筆記を申し出たのだが、彼の唇が快楽の世界を紡ぐほどに
不破を意識してしまい、頭も心も大混乱!!
よみがえるのは数年前のきわどい記憶―不破からの
濃厚な口づけ、熱い指先…。ずっと友人でいたいから、
あの日をなかったことにしたのに…。

*   *   *   *   *   *

何年ぶりかに読んで一番驚いたのは、自分の年齢が
カップルたちの年齢を追い抜いてしまったことかな!
というのは冗談として(けっこう本気)、前に読んだときと
少し印象が違うような…加筆が多いのかな?
旧版が手元にないので確かめられませんが。

さて、元がビーボーイノベルスだけあって、
シャレードの高遠さんとは趣が異なるように思います。
平たく言えば、王道よりでライトというか、
心が痛くなる切なさ成分が控えめです。
(ガッシュも似たような位置と言えばそうなんですが)

けれどやっぱり王道ゆえに、文章の力がよくわかります。

とても傲慢なことを言うと、じっくりと本を読める
状況にないためか、無意識に流し読みをしてしまう
(一文一文を味わってない)ときがあります。
そんな状態でも、とある高遠さん特有の表現に
はたと目を留めたり、キスシーンにまるで
彼らの体温がうつるような熱っぽさを感じたり、
惰性でなく、その世界に引きこまれてしまいます。
没頭できるのって、いい作品の理由の一つですよね。


で、カップルは、ひとりでぐるぐるとネガティブへと
思考を向けていく鮎川と、相手を大切にしたいあまりに、
忍耐の人になってしまう不破なのでなかなか進みません。

ぐるぐると悩む受けはさほど好きではないんですが、
ぐるぐるしている感情も、丁寧な描写のおかげで、
ハッピーエンドに向けてほどよくフラストレーションを
ためさせてくれるし、また、攻めの不破は態度が雄弁で、
受けの心理描写にかまけすぎて攻めのラブの感情が
わかりづらい、なんてこともなくストレスフリーでした。
著者の言うとおり、こんな旦那がいたら楽だろうなあ。


ところで、妄想癖があるのは不破だけ(小説家だから)だ、
という風に記憶してたのに、鮎川も、十分妄想癖でしたね…。
2話目のタイトル「猫と数学教師と独占欲」に含まれている
独占的も受け攻めの独占欲は負けず劣らずですし、
見た目・性格は真反対のようでいても、案外と、
似たものカップルかもですね。
(あ、ちなみに、妄想癖と言っても、Unit vanillaの
あのAGみたいなトンデモ領域ではないですからね!)

また、嬉しいことに、ビーボーイ版では存在しなかった
完全な不破視点での書下ろしが収録されています。
約40ページほどのボリューム・内容ともに充実しています。
もう結婚しちゃえばいいよ、誰も文句言わない!

というわけで、疲れた心をほぐしてくれた1冊でした。
旧版をお持ちの方も、書下ろしがお得かもです。

*コメントレスは明日以降にさせていただきます。
遅くなってしまって申し訳ありません…。
| [BL・小説]高遠琉加 | 02:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:18 | - | - |