-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『犬と小説家と妄想癖』/高遠琉加(金ひかる) | main | 『大阪ラプソディ』/海賀卓子(たかね藤紀) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『散る散る、満ちる』/凪良ゆう(海老原由里)
昨日、ミニBBSには書いたのですけれど、連休だ!
と思ったら気が抜けたのか、土曜日の夜から
急に体調を崩してしまいました。

まあ、身体からの警告と言うことで、ほぼ2日間、
だらだらと寝たきり至福生活をいたしました。
……べ、別に暑くて外出なんてしたくないから
ラッキーとか思ってたわけじゃないんだからねっ!

まあ、おかげでわりと回復したので明日からも大丈夫かな、と。
暑くてダウナーですが、そこそこに頑張りませう。

さて、今日は凪良さんの初ショコラ作品の感想です。
ショコラって王道だったっけ…?と思いつつ、以下にて。




『散る散る、満ちる』/凪良ゆう
心交社 (2010/7/10)
【Amazon】

☆あらすじ
美形だが人の好過ぎる如月春水は、有能な部下である里見幸一に
密かな想いを寄せていた。叶わぬ恋だと諦めていた如月だったが、
皮肉にも里見の恋愛相談に乗る形で彼もゲイであることを知る。
落ち込み泥酔した里見を送っていった如月は、勢いに押され
彼と一夜を共にしてしまう。しかし翌朝、何も覚えておらず
焦る里見に対し、傷ついた心を隠して日常を演じた如月は、
彼の恋に協力することを申し出て──。

*   *   *   *   *   *

ぶっちゃけますと、ショコラノベルスの印象って、
王道ではなくて、アラブor遊郭orヤクザといった、
一時期の流行ものというイメージのほうが
強いんだけれど……なんて個人的事情はさておき、
この作品は紛れもなく、すれ違いものの王道でした。

それが逆にびっくりというか、今までの凪良作品は、
白=コメディ、黒=シリアス(というかダーク?)に
くっきりと分かれていたものですから、
こういうのもあるのか!と孤独のグルメ的な
リアクションをとりたくなるほど新鮮でした。

中身に関してはいつものクオリティで満足でした。
でもって、やっぱり王道って力量の差が出るなあ、と
先日の感想と同じことを思ったわけでした。

例えば。
如月の性格づけはいわゆる「健気受け」に
分類されるのかな、と思うのですけれど、
健気な中にも諦観にも似た感覚があるのです。

で、好きな相手に抱かれても本心は告げなかったり、
好きな相手の恋愛を手助けしたり、という行動に、
どこか他人事のような諦めたさまが見受けられるので、
「意味がわからん!」という印象にはなりませんでした。

あ、アンタなにしてんの?という感覚はもちろん
ありますけれどね、私のツッコみたいところを
そっくりそのまま指摘してくれる幼馴染みがいるので、
さほど鬱憤はたまらないのでした。

しかも、この幼馴染みは恒例「美味しい脇キャラ」で、
こっちとくっつけばいいのにと思うキャラでもあり、
物語に華を添えています。脇キャラ好きにはたまりません。
(というか、タイトルがチルチルミチルだったので、
幼馴染みとどんでん返しでくっつくのかも!と
途中までは邪推しておりました。外れたけど)


それから、如月の家族代わりである動物ロボットの「キンピラ」。
あとがきで「プロットの段階では影も形もなかった」と
書かれていましたが、このロボットがいなかったら、
如月の孤独感・すれ違いのせつなさ感・
ハッピーエンドの幸せ感、etc、がだいぶ
異なるのでは、と思えるナイスな存在でした。

攻めの里見が好きな相手も、さっぱりとしていて、
惹かれるのもわかるいい性格でしたし、王道と、
それを盛りたてる脇役の描写が秀逸でした。


その代わり、攻めの里見は多少無神経さが目立つので
好みが分かれそう…私には、如月がいいっつうから
許すけど!という幼馴染みの感覚そのままです(笑)

というわけで、すれ違いものを読みたいときにはオススメです。
| [BL・小説]凪良ゆう | 21:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |