-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『散る散る、満ちる』/凪良ゆう(海老原由里) | main | 『江戸繚乱』/山藍紫姫子(水上シン) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『大阪ラプソディ』/海賀卓子(たかね藤紀)
月曜日に更新したのがものすごく昔のような気がします。
こんばんは、今週は楽になると思いきや、
ぜんぜん楽になれなかった見通しの甘い私です。

実は今日はお給料日だったのですが(25日が日曜のため)、
今までで一番高い残業代をもらってしまいました。
明細を見ると、私の時間がお金に換わったんだな…
そりゃブログもこんな状況になるわけだ、
とひとりごちる金曜日でした。

来週からは緊急のものがこなければ
だいぶ楽になりそうです。
拍手、コメントで励ましてくださった皆様がた、
どうもありがとうございました。

さて、そんなさなかに読んだこちらですが、
トンデモかなとタイトルで思っていたら、
「わかるわー」なワーキング本でした。
それでは、以下にて。



『大阪ラプソディ』/海賀卓子
(画像なし)
白泉社 (1996/10)
【Amazon】

☆あらすじ
入社早々、大阪へ行くことになった俺・井上貴雄。
そこで待っていた直属の先輩・河野光司は、
およそ見たことのない根性悪。けれど社会人一年目。
見知らぬ土地での初めての一人暮し。五月病…。
ハードな営業マンの日々を通して見えてきたもの。
その痛み、優しさ…。自分でも気づかぬうちに、
俺は彼に惹かれていて…? 花丸新人賞・佳作受賞作。

*   *   *   *   *   *

「わかるわー」と頷きながら読了してしまいました。
私は井上と違って社会人1年目はとっくに終わってしまいましたし、
営業でもないですし、転勤して一人暮らしでもありません。

が、社会人として…というより、人間として、
どうにもこうにも出口がまったく見えなくて、
一人ぼっちのように感じて、気が重くて、
自分の中の何かが切れそうになる瞬間。
その描写があまりにもリアルなのでした。
いやあ、私、営業じゃなくてよかった!(笑)

なので、「わかるわー」で済ませられないほどに
人間関係や仕事などで沈みかけているひとには
かなり厳しい話だと思うので、避けたほうが無難です。

しかし、恋をした相手の何気ない言葉だったり、
親からの損得無いいたわりの一言だったり、
美しい風景だったり、お客様の励ましだったりの、
気持ちが軽くなれる何かを獲得する瞬間も、
これまた涙ぐみそうになるほどリアルに描かれております。

そして仕事と人間関係で病みかけの井上が、
夜空を見上げて「がんばろう。」と思うシーンは、
不覚にも夜空を振り仰いで眺めたくなりました。
心身が疲れているとき、労われたほうがいいのか、
ハッパをかけられたほうがいいのか……、
それは人と状況によるでしょうけれど、
私はこの本に少しだけ頑張る気力をもらいました。


ただ、BLという面においてはさほど癒されませんでした。
まず、受けの河野が本当に性悪(エロ方面でなく)で、
それほど魅力は感じられなかったのが第一です。
「イーッヒッヒッ」とか「うひょひょ」って
頻繁に言う受けって……ねえ。どうでしょうか。
(この人を好きになる井上もけっこーいい性格してますが)

それから、ワーキングでの描写が奮発されすぎていて、
ラブの面が進みがかなーり遅いことです。
しかもベッドシーンは朝チュンどころか
夜ギシ(ベッドインのシーンで終わりという意味。
今適当に作りました)で終わりだし!

いやあ、よく花丸はこれを佳作にしたなあ…、
いやにリアルでぐさぐさと来るワーキング部分と、
なかなか進まないラブの部分のバランスが
かなりちぐはぐだと思うんですけれど……。
さほど過激でない時代の作品だからなのでしょうかね。


というわけで、BLとしてはキワに近いですけれど、
病まない程度に心身が疲れているとき、
発奮剤として試してみてはいかがでしょうか。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |