-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『大阪ラプソディ』/海賀卓子(たかね藤紀) | main | 2010年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『江戸繚乱』/山藍紫姫子(水上シン)
暑い……暑すぎです。連休は12時ぐらいまで
惰眠を貪ろうと思っていたのですが、
あまりにも暑いので、9時すぎに起きてしまいました。

もう一度寝る気はしなかったので、新刊や、
既に入荷済みのおお振りDVD2巻を買いに行ったりと、
比較的アクティブに動いたのですが、それだけで
もう立ち上がれません…カンベンして欲しいです。

余談ですがおお振りのDVDのレシートを見て吹きました。



大きくブリかぶって……。

さてさて、暑いときにこんな暑苦しい話を読む私って、
と思いつつ、BLACKに相応しき山藍作品の感想です。




『江戸繚乱』/山藍紫姫子
白泉社 (2010/7/21)
【Amazon】


☆あらすじ
没落公家の一子・王麻呂(きみまろ)は、珠のごとき美貌の持ち主で、
大金と引き換えに、なぞめいた男・十右衛門に買い取られた。
売られた先の雲上茶屋「桃源宮」では、絹縄で縛られ、
木馬にまたがり、あまつさえ自ら腰を振って、
男を悦ばせる体位の数々を仕込まれる。まばゆいばかりの
容姿を持った人間の常として、野獣のような男達に
貪り喰われる宿命なのだ。やがて固い蕾も淫らに綻ぶころ、王麻呂は、
江戸随一の大店の若旦那、好色な新之助の慰み者となるが……

*   *   *   *   *   *

あらすじのとおり、ドエロエロでした。
普段は濡れ場が何回あるとか、何ページあるとか、
その基準でエロいかどうかを考えますけれど、
もうそういうレベルじゃないっていうか、
エロじゃないシーンのほうが少ないんじゃないか、
と思ってしまうほどのオール濡れ場感です。

そこでページ数を調べてみました♪(基準は自分判断)

1回目 20ページ
2回目(受け以外の描写も含め) 27ページ、
3回目 2ページ
4回目 10ページ
5回目 4ページ、
6回目 18ページ
7回目 6ページ…計87ページ

総ページが255ページだから約3分の1か…、
あれ、意外と印象より少ないような?
あ、でもこの基準は、思い出しているシーンとか、
会話しながらそのワキで嬲られているのとかは
含めていないので、エロい雰囲気を含んでいる
ページは実際はもっと多くなるでしょう。

また、攻(と言っていいのかも微妙)の十右衛門と受の王麻呂、
十右衛門の手のひらで転がされている新之助と王麻呂、
桃源宮の主人・侘助と王麻呂、といった組み合わせに、
縄やハリガタを立てた木馬などの器具と、
3Pや他人のまぐわいを見させられて自分も犯される、と
組み合わせ・アイテム・状況が鼎となってエロを支えています。
女性がされるシーンもあるのでちょっと引きましたが、
それを王麻呂を陵辱する材料にするとは驚きだ…。

そして、描写の濃さが、さすがの山藍クオリティ…。
エロじゃなくて、淫靡・卑猥と漢字で
表現したくなるいやらしさです。


で、エロのほうも入り乱れているんですが、
それ以外のストーリーもなかなか面白いです。
江戸時代の風俗がきっちりと描写されている上に、
十右衛門は下半身含めて半端なく悪漢なので、
ピカレスク小説としての面白さがあります。

残念ながら自分的に萌えはあまりないものの、
続編を読んでみたくなりました。
十右衛門の今までの悪行三昧やこれからの企みや、
侘助の経歴や十右衛門の落とし胤の成長とか、
凄く読んでみたいんですけれど……。
(できれば十右衛門がひどいめにあうところも見たい)

「花丸BLACK」というレーベルが異常に似合う、
まさに繚乱といった作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |