-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2010年8月新刊購入予定リスト | main | 好ましきもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『オオカミの血族』/井上佐藤
月末ラッシュですねえ…キャラ文庫、ガッシュ文庫、
アズノベルズ、バンブーコミックス、花音コミックス。
お財布から飛ぶようにお札が消えてゆきました。

あ、忘れちゃいけないのがSHYノベルスの交渉人シリーズ!
今日は早く帰れたのでもう入荷してるかな?と
アニメイトに寄ってみたら案の定ありました。
読みたい本がたくさんある、幸せだなあ。

ただ、読みたいが過ぎるあまり、こじらせてしまうと
「大事にとっておく」という積読病にかかること
間違いなしなので、早く読まないとですね。
俺、週末になったら交渉人シリーズを読むんだ… (積読フラグ)

さて、今月唯一の、バンブーコミックスの新刊です。
やっぱり井上佐藤さん好きだわ…。
以下、感想です。


『オオカミの血族』/井上佐藤
竹書房 (2010/7/27)
【Amazon】

☆あらすじ
バツ一子持ちのふたりの男とその子供たちで形成された家族。
子供たちは成長するにつれ、自分たち家族の不自然さに気がついて…
「子持ちパパBL」として大好評を博した前作「子連れオオカミ」が
主人公を子供たち世代に移し待望の続編として登場!!
他、アイドルおたくのカタブツ税理士と正体不明の
ショーパブオーナー(ハーフ&オネエ)の運命的な出会いと
その後の顛末を描いたシリーズ3作を収録した読み応え満点の作品集。

*   *   *   *   *   *

えー、わたくしは歓喜しています。
本誌で大好きだった2つのシリーズが1冊にまとまるとはっ…!

1つめは、あらすじ・タイトルでわかるように、
子連れオオカミの子供たち編です。

父親がふたりという環境で育ったチッチたちの生活、
成長するにつれて芽生える親への屈折した感情、
チッチに片想いしていたあっくんの失恋、
のんの幼い片想い、そして大人になって、
親と同じくバツイチになったあっくんがのんに
アタックされるという入り組みようです。
かなり駆け足です。(元が読み切りだからしかたない…)

といっても、駆け足なのは大人になるまでで、
それからの のん×あっくん編=エロ魔神になった
のんにあっくんがほだされていく過程はやや長めです。

肉感的というか、とかくリアリスティックなエロは
もちろん素敵なんですが、あっくんが、のんが
そばにいることに慣れていくのがいいのですよね。
弟のようだった存在が、他人になって、また家族になって…
その過程と、ほだされていく表情がとてもいい!

また、あっくんの失恋した切なさや、
のんの一途な片想いを読んだだけに、
成就する喜びもひとしおです。
前作から読んでる身としては、成長しちゃって
さみしいのもありますが、その分感慨深いです。


それから、もう1つのシリーズも大好きです。
TVのCMの女の子にひとめぼれした男・塚本、
その女の子の写真が入ったロケットを落としたパブのママ・溝口、
なぜかその2人が親しくなって、そして溝口の実家の
旅館の手伝い編に突入、という破天荒なスジです。

なのですが、ファン心理なみの熱烈でしつこい受が
どんどんと溝口の心に浸入してゆくのがいいのです。
「オネエの溝口も男の溝口も愛してる」という言動を
これだけ行動であらわされたらほだされるわ……、
あ、よく考えたらこれもほだされ「攻」ですね。
「流され」ではなく、相手の一途な思いを受け取り、
心が移り変わっていく過程がとても素敵です。

あと、溝口と溝口ママの会話の中のこのセリフが
個人的にズンときました。
男らしい時とか女らしい時とか 他の人より
ちょっと振り幅が広いだけなんだけど… (p.175)
そう、そうなのよ!あらアタシもオネエになっちゃったわ。
これはオネエにしか言わせられないわよねー、うん。


今日の感想は自分の萌えを再確認しただけの記事ですね。
まあ、たまにはこういうのもありということで……。
まさに麗人!なフリーダムさを味わいたい方はぜひ。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - |