-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「バッテリー此/あさのあつこ | main | 更新メモと御礼と。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「不機嫌で甘い爪痕」/崎谷はるひ(桜城やや)
宣言します。
今月の萌え〜ベストワン(石ちゃん風に)。

電車の中で読むんじゃなかったと後悔して
家に帰ってさらに一読しました作品です。
電車の中じゃニヤニヤできませんからね!

崎谷はるひさんの「ハチミツ浸透圧」が好みだったので
ほかのも読んでみたら、はまっちゃいましたよ。
ヤフオクでもほとんど入札されてるのも分かる気がします。

それでは感想です。
萌えすぎると冷静になれない…w



不機嫌で甘い爪痕
不機嫌で甘い爪痕

崎谷 はるひ著
ビブロス (2005.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆紹介文
「好きなんです。…し、しちゃったら、もっと好きになっちゃって」謙也の一世一代の告白相手は、超美人の同僚・颯生。気位の高い猫のような颯生との「お試しえっち」で、涙目で欲しがる色っぽくてかわいい喘ぎ方を見ちゃったらもう、たまらない!クールな颯生は、興味本位だと子供扱いするけれど、本気だから彼氏になってほしいっ(一途な攻心)。ヘタレ年下攻なんて言わせない!?ラブでメロメロに泣かせちゃう崎谷はるひの甘くえっちな大人ラブコメ!

☆オススメ!!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物と流れ

羽室謙也(はむろ・けんや) 攻
宝石会社の営業さん。
年下で典型的なワンコ攻とおもいきや、なかなかしっかりもので
天然にいやらしい男。過去の経験から考えてから喋ろうとするため
雄弁ではないけれどもそのぶんいいこと言う。執着癖あり。

三橋颯生(みはし・さつき) 受
フリーのジュエリーデザイナー。
年上女王受とおもいきや過去の経験から
自分の中で考えすぎてネガティブになりがち。
あんまり紹介文はあてはまってないですねw


謙也は颯生のことが気になって仕方がない。
颯生の元同僚から「颯生はゲイだ」と聞かされて以来、
性格やしゃべり方はさっぱりしていて男らしいけど
美人でどことなく色気を感じる颯生を意識してしまう。

それまで仲良くやっていた謙也のぎこちなさに
内心性癖を超えて謙也を気に入っていた颯生も
嫌われたのか?と思い、飲みに誘った席で探りを入れてみる。

そこで颯生がゲイと知られたことをきき、ある程度仕方がないと思っていたが、
「三橋さんのことが好きなのかも…」と言われ、興味本位と勘違いした
颯生はやけで「じゃあ試してみます?」と唆す。

どうせ引くかと思い言った科白だが、謙也の答えは
「ーーーいいんですか?」

・ ・ ・ ・ ・ ・

この後のですね、Hシーンが大好きなんです。

私の中で中原一也さんのHシーンが「ハードコアエロス」だとすれば、
崎谷はるひさんは対極の「ラブリーエロス」です。
(ゲイビデオで言えば中原さんがスポーツ系で
崎谷さんが洋物ジャニ系みたいな。余計分かりませんね)

やることなすこと喋ることがいちいち萌えツボを刺激してるんです。

もともとストレートだった謙也。
慣れてないため「…こうですか?」「…ここですか?」などの
いやらしいアオリの攻め言葉を吐く姿、
誘ったくせに謙也にいいようにされてしまう颯生が
喘ぐのをみてはますます興奮する姿…。
私は基本的に喘ぎすぎる受は嫌いなのですが
そのラインぎりぎりで萌えるんですよね…。
甘〜いんですけど凄く上品なお菓子のような。

で、そのあとまたすれ違いがあって、仲直りするんですが。
そのいざこざのときにも、謙也の一見大人しく見える性格の
本当の強さが見え、気丈に思える颯生の弱さが垣間見られます。
その2人のギャップがすごく可愛く思えてしまいました。


もちろんその後のHも萌え爆裂…。

書き下ろしの続編も良かったです。
本編でみられた2人のギャップの理由がわかります。
颯生の外面の強さ・・・。
それは過去のひどい男に造られたものだったのですね。
その壁を、謙ちゃんはこうやって溶かします。

颯生「でも、俺、そういうキャラじゃないし。
似合わなかったんじゃ、ないかなと思う」

謙ちゃん「あのさ、キャラってなに?それこそマンガじゃあるまいし。
二十四時間ずっと気を張ったまま、誰になに言われたって平気で強気で
居続けられるなんて、そんなのあるわけないでしょ」

「あのですね。絶対へこたれないとかそういうタフさって、たしかにいいと
おもいますよ。でも息抜いたっていいじゃないですか」

「おれ、弱いとこ知ってて、でも見せないように頑張ってたりする、
そういう人のほうが好きです。ちゃんと人間らしいと思う」

よく言った謙ちゃん!
決めるとこは決めるね!
颯生の昔のひどい男にも毅然と対応するところも素敵。
キャラ萌え〜とか言ってる自分が恥ずかしいっ。


「頑張ってる颯生さんがかっこいい」と謙ちゃんに言われた颯生が
仕事で辛いながらもけなげに頑張る颯生のどこが女王受けなんだ…。

様式美の世界・BLにおいてそれを少し否定して打ち破り、
紹介文を上回る予想以上の面白い作品でした。

視野を広げるためにもゼヒ!☆オススメ!!!です。
(そんなこと考えなくても面白いですよ!)
| [BL・小説]崎谷はるひ | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |