-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 好ましきもの | main | 新創刊の話と2010年7月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は嵌められる』『交渉人は諦めない』/榎田尤利(奈良千春)
今日はやおい(8/01)の日!おめでたいですね!
タイトルを打とうとしたら「ハメられる」と変換した
私のPCもおめでたいですね!間違ってないけどね!


全然話は変わりますが、机の上に積んでいた本を
一気にどかしたらものすごく机が広くなりました。
そりゃ机の3分の1を占めていた本がなくなれば
自然とそうなるんですが、ちょっとしたことで
手軽に気分転換できるというのは悪くないですね。
え、本?…いまはベッドの上です。こうしておけば、
寝る前に片付けるでしょう。たぶん!


さて、記念すべき(?)やおいの日に読んだ交渉人。
素敵なエンターテイメントでした。
以下、感想です。

『交渉人は嵌められる』『交渉人は諦めない』/榎田尤利
(↑タイトルのリンクはAmazon)
大洋図書(2010/7/29)

☆あらすじ(交渉人は嵌められる)
下町は両国に芽吹ネゴオフィスとして事務所を構える芽吹章は、
嫁姑問題以外ならなんでもござれの交渉人だ。
そんな芽吹の恋人は泣く子も黙ると評判のヤクザ兵頭寿悦。
仕事も恋も順調!のはずの毎日だったが、ひとりの男が
現れたことにより、芽吹の過去が露になっていく。
それはかつて自分を救ってくれた親友への罪悪感であり、
芽吹の忘れることのできない傷でもある。
俺を選ぶのか、それとも――芽吹と兵頭が選んだものは……!?

*   *   *   *   *   *

前巻――って1年以上も経ってたのか!――でも
描かれていた芽吹の懊悩のパワーアップ版、
といったところでしょうか。

今まで何度も他人のための交渉をしてきた芽吹が、
今回はほぼ自分のための交渉をすることになり、
その過程で、自分の過去と向き合い、
「人を信じたい」という芽吹の信条を、
根源的に問うことになるわけですが……、
うーん、「偽善」に続き「信じること」ですか。
重いなー、重くて難しい。本当の敵は交渉相手より
私の敵は私(芽吹)では、と思うほど手強い問いでした。

(余談:今回の敵は手強いことは手強いですが、
伝説の詐欺師なのに油断したり自己顕示欲が強かったりで、
唯一神エンテイさんかと思ってしまった。
ポケモンネタですみません。)

で、結局、結論としては何も変わりはありません。
信じられないから信じたい、と盲信して騙されるのは
かっこよくはないし、今回も大ポカをします。
が、凄惨な過去と向き合うという試練を
経ても変わらないのは、むしろかっこいい。

さゆりさん、キヨ、智紀、アヤカたち、
そして兵頭……誰かを信じることができて、
誰かが信じてくれる以上、その結論は、
決して間違っていないと思います。
たたかわないやつらが笑うだろう、けれど、
芽吹はそれでこそ芽吹だと思います。
中島みゆきの「ファイト」を捧げたいよ!


で、すったもんだの中で、兵頭と芽吹の関係が
上巻の最後の最後でぶち壊れてしまいまして、
「同時発売でよかったぁー!」とすぐ下巻に
手が伸びるほど凄いヒキだったんですが、
物語と同時に大団円となって本当によかったです。
イヤよイヤよだった芽吹が開眼し、
進展しすぎて襲い受にクラスチェンジしたのには
驚きましたが、嬉しい驚きでした。

少し気になる点はありつつも、やっぱり、
ハッピーエンドBL脳が喜んじゃいます。
信じたいものしか信じない、見たいものしか見ないことに
決めているので枝葉末節は気にしない!(笑)


あと、奈良さんの絵は変わりすぎて切ないけれど、
相変わらずの表紙の構成は素晴らしいです。
ロープ(とその状態)、ビー玉、ペン、甘栗、
奪ったメガネ、写真の中の天気……、
重要なアイテムが散りばめられています。
見返したくなる表紙って凄いな。

キヨと智紀のスピンオフ以外も、まだ続くようで、
次はどんな焦点なのかという点も含めて楽しみです。


あいかわらずのおっさんくさい語りやトモコレ(ゲーム)の
小ネタなど、小技も効いたさすがのエンタテイメントでした。

p.s. 忘れちゃいけないこと
・えだぼん (8/12 発売 小説B-boyふろく小冊子)
・スピンオフ含めた3冊で小冊子 2011/2/28〆
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | - |