-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新創刊の話と2010年7月の読書メーターまとめ | main | 『金曜日の凶夢』/夜光花(稲荷家房之介) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『祈り』/綺月陣(梨とりこ)
ここのところ、部屋があまりきれいではありません。(控えめの発言)
最高に忙しかった時期は部屋がきれいでないことすら
認識していなかったので全然気にしていなかったんですが、
いま、すこし落ち着いて部屋を見回してみると…き、汚い。

だいたい、6畳の広さなのに、ベッド、机、
デスクトップPC、洋服ダンス、外套用のラック、
加えて本棚が2つにカラーボックスが4つに
段ボール箱がいくつか…なんてもともと物が
溢れているのに、日々増えていく本が
収まるわけがないじゃないか!

じゃあ買うのをやめればいいや、とならないのが
本を買う人の特徴なわけで、堂々巡りです。
うーん、少しずつでも毎日本の整理をしようかな。

というわけでまさしく雑談でした。
本日の感想は、グレーな綺月陣さんの作品です。
それでは、以下にて。




『祈り』/綺月陣
海王社 (2010/07)
【Amazon】

☆あらすじ
来栖薫は、憧れの大曽根麻薬取締官の元で仕事をすることになった。
想像通り彼は仕事のできる紳士だった。そしていつしか
二人は互いを意識し始める。しかしある日、薫の前に
元恋人が現れて大曽根に誤解されてしまう。
いつまでも大曽根を見つめていたかった。けれどもう、
側にはいられない。ヤクに侵された元恋人が関わる事件に
気がついた薫は、事件解決のためにある決意をするが…。

*   *   *   *   *   **

個人的上半期ベスト10に入れた『罪と罰の間』に
続いてスマッシュヒットでした。

綺月陣さんといえば白黒がかなりはっきりした作品が
多い中で、この作品は、白でもなく黒でもなく、
グレーのグラデーションという印象でした。

まず、攻と受の間には狂気は孕んでおりません。
むしろカップルは、純粋に、ピュアに想いあう関係です。
なんてったって初エッチが三年越しですからね!長っ!
石が暖かくなっちゃう長さです、まったくもう。
(もちろん、控えていたのにはきちんと理由がありますし、
思いやりとわかりますから全然問題ないんですけれど)

ではどこに部分が黒、つまりキちゃってるかというと、
ふたりを隔てる障害である「クスリ」と、
「クスリに陥りクスリを作る、受の元支配者」です。

あらすじでは元恋人とありますが、そんなもんじゃなく、
男の狡猾な罠にはまり、クスリで歪まされていくようになり、
ドラッグとセックスに依存してゆき、果てには
そしてドメスティックバイオレンスのような関係……。
これは恋人じゃなくて、支配者です。

それを中毒者の思考を交えて描かれるもんですから、
道徳の授業でお決まりの教材を見るよりよっぽど
麻薬の抑制になるんじゃないかという凄惨な描写です。

フラッシュバックと刷り込みによって男に逆らえず、
過去でも現在でもにはまっていく過程は、
意志の強弱に関わらない恐ろしさゆえに恐ろしいですね…、
自分だけはそうならない、とはとても思えないから。

その後の、BL的強姦ではない強要されたセックスなども、
濃厚で重ったるく、より黒さが際立っています。


…というわけで一番白い部分と黒い部分を書いてみました。
分量としては、黒の部分のほうが面積が大きいです。
ただ、黒い部分が大きければ大きいほど、
逆に白い部分がより目だって見えるように、
ラストの普遍的な幸せがとても幸せそうに見えて、
その終わりの幸せ感に酔うことができた作品でした。

事件の終わり方とその後の展開は、ちょっと
スピーディーすぎて残念でしたけれど、
マトリとしての仕事などもなかなか面白く、
きれいなグラデーションを形成していたと思います。

というわけで、「マトリだけど元ジャンキーだった受が
読みたいわ」と思われた奇特な方にはオススメです。
| [BL・小説]綺月陣 | 01:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:37 | - | - |