-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『祈り』/綺月陣(梨とりこ) | main | 『妖庵夜話 その探偵、人にあらず』/榎田ユウリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『金曜日の凶夢』/夜光花(稲荷家房之介)
先日宣言したとおり、ちょっとずつ部屋の本を
整理しているのですが、進まないことお約束の如し。

処分するかどうか迷ってると読み返したくなって、
で、このシリーズをとっておくならこっちは、と
本棚を順に読み返していってしまう勢いです。

新刊が200冊も積んであるのになぜそっちを
読んでしまうのか……まあ、本棚にある本は
少なくとも自分の「とっておく基準値」以上には
面白いわけだから、未知数の新刊よりも
安心して読めちゃうんだろうなあ。うん、納得。
しかし物事の解決にはならないというジレンマ。

さて、今日は約3年ぶりのスピンオフ作品です。
前作のものすごいネタバレにびっくりした…!
それでは、以下ちょっとネタバレ多めな感想です。


『金曜日の凶夢』/夜光花
海王社 (2010/7/28)
【Amazon】

☆あらすじ
有名バイオリン奏者・紀ノ川滋の行動を監視すること。
―それが良麻に科せられた使命。紀ノ川の想い人そっくりの
顔になり音大に潜り込んだ良麻。紀ノ川に近づき、
マネージャーの仕事も任されて、親しくなることに
成功するが、良麻の心は揺れていた。
何故なら彼は、ずっと憧れの人だったから。
別の誰かに心を奪われるくらいならいっそ身代わりでもいい、
抱いてほしい―。切なくも狂おしい恋物語。

*   *   *   *   *   *

金曜日に更新したかった…というのはさておき、
前作『水曜日の悪夢』の受・新城和成が
同じく前作の攻・阿川真吾の殺人をとめられた
世界での続き、それが今作のスピンオフです。
(前作の感想はこちら)

前作は記憶にはあるけれどタイムリープの細部までは
覚えていなかったので、前作をパラパラと読み返して、
ああ、あったあったそういうこと…って、
新城が2回も水曜日をやり直しさせられたのは
未来の干渉(しかもかなり個人的な理由によるもので、
ドラえもんだったら…いや、ドラえもんじゃなくても
犯人は管理局に捕まっているけれど)だったなんて!

しかも今作の受・良麻は「本来あったはずの未来」、
つまり阿川が殺人を犯してしまう、言うなれば
前作の「BAD END1」の未来から来て、
本来の未来に軌道修正しに来ただなんて…、
いやいや、まったく予想もしなかった設定かつ
前作の根幹のネタばらしでした。新城の解釈が
全然的外れだなんてちょっとショック…(苦笑)

ただ、設定自体は面白い!前作に引き続き音楽ネタ、
タイムリープやパラレルワールドなどの設定と、
そこから生まれるまさに生きる「世界」が
異なる人間の恋愛沙汰が面白いです。
不審な良麻をなんだかんだで受け入れる紀ノ川の変人ぶりと、
そんな紀ノ川に惹かれてしまうのに未来の制約で
忍んでしまう良麻のいじらしさが美味しい…!

前作を読んでいたほうが新城の話に関しては
より深く楽しめるけれど、SFBLものとしては、
今作だけでも楽しめるのではないでしょうか。


と、いったんまとめましたが、正直私が一番滾ったのは
エロシーンの「ローションプレイ」だったりして……。
そこなの!?と思うなかれ、ぬるぬる感たっぷりの描写と
稲荷家さんの視覚効果の相乗的な美味しさったら滅法界!

特に、終わった後でのローションと精液を良麻のあそこから
吐き出させる描写に、自分の中の何かが目覚めた気がします。
ローションプレイ、美味しいですね!

おっと、最後だけ開き直ってノリノリで書いてしまいました。
……エロシーン以外も面白いんですからね!?

というわけで、SF風BLとローションプレイを
堪能したいときに、どうぞ。(どんなときやねん)
| [BL・小説]夜光花 | 22:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |