-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『金曜日の凶夢』/夜光花(稲荷家房之介) | main | 『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬(鳥人ヒロミ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『妖庵夜話 その探偵、人にあらず』/榎田ユウリ
夏の暑さは、私の行動範囲を極端に制限します。
「冷やし中華はじめました」みたいに、
「夏用セーフモードはじめました aya-me」なんて
看板を立てておきたいぐらいです。

本来は「図書館・マンガ喫茶・本屋」に行くはずでしたが、
出かける前にシャワーを浴びたらだるくなっちゃって
少し甲子園でも見ながら身体を休めるか、なんて
横になってだらだらとアイスクリームを食べつつ、
球児の汗と涙に感動と萌え半分ずつで楽しんでいるうちに
眠気が襲ってきて本を片手に昼寝してしまったら、
いつのまにか次の試合が始まっていた、
なんてことになっちゃうわけですよ!

暑さのせいなのは前半2つくらいなんですけどね、
なんかこう、いったんくじけると、午後から
出かけようとかそういう気になれないのです。
甲子園+昼寝はそれはそれで至福なんですけどね……。

さて、夏の風物詩といえば怪談ですので、
榎田さんの別名義の妖怪ものを読んでみました。
以下、感想です。




『妖庵夜話 その探偵、人にあらず』/榎田ユウリ
角川書店(2009/12/25)
【Amazon】

☆あらすじ
突如発見された妖怪のDNA。それを持つものを「妖人」と呼ぶ。
茶室「妖庵」の主である洗足伊織は、明晰な頭脳を持つ隻眼の美青年。
口が悪くてヒネクレ気味だが、人間に溶け込んで暮らす「妖人」を
見抜く力を持つ。その力のせいで、伊織のもとには厄介な依頼が絶えない。
今日のお客は、警視庁妖人対策本部、略して“Y対”の、
やたら乙女な新人刑事、脇坂。彼に「油取り」という妖怪が絡む、
女子大生殺人事件の捜査協力を依頼された伊織は…。

*   *   *   *   *   *

持ち味とかって、どこにいっても変わりは
しないんだな、と思いました。当たり前か。

妖人を見抜く力と推理力と毒舌の持ち主・伊織、
彼に仕える家令の「管狐」の芳彦、
同じ家に暮らす「小豆あらい」のマメ、
乙女(オネエではない)系刑事で阿呆な脇坂、
伊織と脇坂の間に挟まる中間管理職の如き先輩刑事・ウロさん、
各人の持ち味とテンポのいい会話が交差することで
描かれる妙味あるキャラクター造形はさすがでした。


また、事件はそれほど入り組んではいませんが、
妖人が絡む事件だというのに、犯人たちはみな人間で、
妖人よりよほど醜いということが後味悪く、
しかしそういう面はあるよな、と納得してしまいました。
というかここに出てくる妖人は1人を除いていいやつすぎる。
座敷わらしの健気さとか泣きそうになるから困っちゃいます。

まあ、伊織がいうように、妖人にも人間にも
悪い人と良い人がいるというのはわかっていますが、
この後味の悪さは……なんとも言いようがないですね。

事件をある意味裏で操っていた妖人もいますけれど、
もうひとりの人間、ある意味真犯人も同じようなものです。
自分は悪ではないと思っているだけに妖人より怖いよ。

で、この「後ろから操って痕跡は残さない犯人」がいて、
「伊織とその犯人だけで通ずるものがあり、
犯人は伊織に対して固執している」という構図、
あとBLじゃないので当然なんですがBL描写がない点で、
眠る探偵シリーズを髣髴とさせるものでした。
(焼き直しというわけではないのであしからず)

眠る探偵シリーズでは犯人はひとりで「あちら」へ
渡ってしまったけれど、こちらではどうなるのか、
こちらも続きが楽しみなシリーズであります。


ただし、出版社に対しての疑問点があります。
それは何でこの版形(四六判)なの?ということ。
置き場所に困るというのは置いといても、
値段は高くなるし、せっかく挿画がやまねさんなのに
カバーと見開き2ページだけっていうのは惜しい!
もうラノベと一般書籍の垣根はかなり低いんだし、
ビーンズ文庫なりで出してくれればいいのになー。

作品のクオリティには関係ないんですよと、
言いたいところですが、たとえば交渉人の900円で、
この単行本が1400円でかつイラストほぼなしって
言われると、前者が基準となっている私には、
やっぱりちょっとは影響あるかな……。

BLじゃない+イラストほぼなし単行本が
気になっちゃわない方はどうぞ。
| [その他]BL以外の小説 | 22:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |