-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『妖庵夜話 その探偵、人にあらず』/榎田ユウリ | main | 『FRAGILE』/木原音瀬(高緒拾) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬(鳥人ヒロミ)
会社的には昨日から休みなんですけれど、
昨日も明日も休日出勤したりするために、
1日(今日)と3連休の休みになるという有様です。
休みがもらえるだけマシ、なのかなあ。

まあ、秋ごろのできればJ庭の前後あたりに
代休をいただいちまおうとは思っていますが、
これじゃF&Bの読み返しと積読消化が
できなくって、アタシ困っちゃうわー。(棒読み)
今年の夏休みの読書テーマは何にしようかな…。

あ、ちなみに夏コミは行きません。
休みが短いのも理由ではありますが、暑いからね。
セーフモード中の人間は家でおとなしくしてます。
行かれるかたは、準備万全でよい戦いを!

さて、買っただけで満足していたこちらの本、
ようやく読みました。…どこがセンチメンタルなんだ?
という気持ちでいっぱいです。以下、感想です。








『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬
ビブロス (1998/10)
【Amazon】




☆あらすじ
女のヒモだった久は、かつての同級生・小田と偶然再会する。
仕事や住むところが見つかるまで自分と暮らせばいい、
という小田の申し出を受ける久。
しかし、不自然に一つのベッドの両端で眠るお互いを
強く意識してしまう―。書き下ろし2作も収録。

*   *   *   *   *   *

[sentimental]
形容詞: 感傷的な、感情的な、感傷をそそる、感情に訴える


センチメンタルというと、主に最初の
「感傷的な」の意味合いで使われると思いますが、
このカップルのどこが感傷的なんだろうか…。

確かに久と小田が出会った頃、高校生の時は、
『flat』のへーすけ並に自由な久に、
真面目で窮屈さを感じている小田が
憧れに似た慕情を持つという、ちょっと感傷的で、
思春期特有の甘酸っぱいセンシティブさというか、
淡い恋(こんな言葉今は言わないか)の香りがしました。

が、現在では久はヒモ生活+小田は執着攻って!
ここまでの無職無気力な受、ってのも珍しくて、
やる気なし人間の私にはとてもシンパシーを感じるし、
自由さに憧れつつ乱されたくない一心で遠ざけたり、
浮気が心配で堪らなくてときたま吹っ飛んだ行動をする
小田の理屈もわからないではないのですけれど、
どちらかというと「感情的な」に近いセンチメンタルでした。

一言で言ってしまえば、木原さんの
作品らしい執着と一途さなんですよね。
これはこれでもちろん面白いのですけれど、
自分の期待のしかたが悪かったようです。


木原作品としてはさほど痛くない作品ではありましたが、
ただ、「アソコにピアス」が痛い!

描写は抑えめですが、括れの下部分につけるピアス、
「なんて言うんだろう、へえ、「Prince albert」って
名前があるんだ」ってわざわざ検索して見ちゃってから
言うなと思われるかもしれませんが、やっぱり痛い!
(画像検索ですぐに出ます。モロなんでリンクは貼りません)

中原一也さんの極道スーツシリーズの挿入ブツでも
そうなんですが、アソコに痛いことをされると、
心と股間がキュキュッと萎縮してしまいます。

股間がセンチメンタルっていうのかな……、
そういう意味ではセンチメンタルな作品でした。


挿絵も鳥人さんですし、木原さんが好きなら
読んで損のない作品ですが、プレミアがついていて、
私が買ったときでも1500円ぐらいでしたけど、
現時点でマケプレで最安が2780円と、かなりの高値。

最近は一時期の新装版の嵐も収まったようですが、
他の旧作も手に届きやすいように、
新装版になると嬉しいんだけれどなあ。

比較的安価で手に入りそうであれば、どうぞ。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |