-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『センチメンタル・フレンド』/木原音瀬(鳥人ヒロミ) | main | 『WELL』/木原音瀬(藤田貴美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『FRAGILE』/木原音瀬(高緒拾)
たまには早い時間に更新です。

実のところ、本当は昨日書くつもりだったんですが
あまりにも強い睡眠欲に負けてしまいました。
一日中睡眠か本かゲームしかしてなかったのに、
なぜ夜もひたすら安眠できてしまうのでしょう。
「過不足なし」を目指したい今日この頃です。

さて、夏休みの読書のテーマですけれど、
短い夏休み…猛暑…引きこもり…憂鬱…
ということで、「憂鬱になりそうな本」に
決定しました。おお、なんて自虐的!

まあ、木原さんの積読をいい加減少なくしたいという
意図もあるんですけれどね。ということで、
1冊目は痛いと評判の『FRAGILE』にしました。
うん、看板に偽りなしでした!以下、感想です。




『FRAGILE』/木原音瀬
アスキーメディアワークス (2008/04)
et="_blank">【Amazon】

☆あらすじ
大河内の人生は、バラバラに壊されてしまった。一人の男の手で―。
才能あふれる部下・青池を嫌い、一方的に蔑ろにしてきた大河内。
我慢の限界を迎えた青池は大河内に襲いかかるという事件を起こし、
社を去っていく。目障りな存在がいなくなり安堵したのも束の間、
ある夜、その青池が大河内の自宅で待ち構えていた…!

*   *   *   *   *   *

わからないから面白い、という言葉がありますが、
まさにこの作品をさす言葉ではないでしょうか。
わからなさすぎて憂鬱になっているヒマもなく、
歪んだ愛情(たぶん)の物語に圧倒されました。
ビープリ創刊時の顔ぶれで浮きすぎです。

一応ハッピーエンドで終わるんですけれど、
それまでの過程が濃ゆすぎて濃ゆすぎて。
攻のパラメータが恋愛ゲームで言ったら
「憎 99」の状態で始まるんですもの。

犬扱いは表紙でわかりますが、身体的暴力、
精神的暴力の限りで容赦ありゃしません。
「他人の前でも裸にされて犬扱い」とか、
「高級ドッグフード 白いソースを添えて」とか、
自分がやられたら人間でいられないと思う。

かといって、受が可哀想!攻の人非人!
という一方的な感情になりえないほど、
受もたいそういい性格をしております。
職場でパワハラしたり犬以下と貶めたりしたのは、
受が先なんだから……人格的に最低なやつと、
そんなやつに執着した狂人の戦いです。


なもんで、これは愛情なんだろうかと確かめ…、
いや、愛情だと信じたいと思いながら、
騙しあい傷つけあうエゴの争いに顔をしかめつつ、
ついつい深夜まで読んでしまいました。

だって、ほんとに最後の最後まで逃げたり、
(誇張でなく)死ぬほどのパフォーマンスをしたりで、
2人の本心がよく分からないんだもん!
中盤で少しほっとして読んでいた頃に戻りたい!

まあ、結局よくわからないんですけれど、
まず強固な「執着」という絶対値があって、
その正負(愛憎)の負の部分ばっかりを見せられたから、
正の部分がちゃんとあるのかが見えづらくて、
それがよくわからない理由なのかもしれません。

受にも愛は芽生えてるとあとがきで書いてある通り、
愛はあるんでしょうけれどね……。あとちょっとだけ
ラブがあれば信じきれるんだけれどなあ……。
うーん、わからない。

けれど、こうやって「執着とはエゴとは愛情とは」なんて
考えてさせられてしまい、自分の中の「愛情」の
境界線がぐらぐらと揺すぶられる感覚は、
こういう作品じゃないと味わえないのよね…。
自分が病みつきになっちゃう理由はこれだなあ。


受け入れられない人にとっては汚い部分ばかりが
目に付いてしまうと思うのですけれど、
それでもチャレンジしたい方はどうぞ。
| [BL・小説]木原音瀬 | 12:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:32 | - | - |