-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『WELL』/木原音瀬(藤田貴美) | main | 悠々どハマりライフ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『溺れる人魚』/いつき朔夜(北上れん)
夏休み明けにしてはさほどだらけていません。

気づいたら終電間近で駅まで走る→帰ってくる→
なにか胃に入れる→暑いという感覚もなく急速睡眠、
というだらけてるヒマがないサイクルだったためです。

…『トッキュー!!』全巻新刊で買ってやる。
俺、今週末こそ買い物に行くんだ……と、
死亡フラグを立てていたところで、
今日の感想本はいつきさんの新刊です。

コンスタントに面白いという感想を書くことができる、
自分にとって貴重な作家さんです。
ぜひ今のペースで長らく続けて欲しいな…。
それでは、以下、感想です。




『溺れる人魚』/いつき朔夜
新書館 (2010/8/10)
【Amazon】

☆あらすじ
原因不明の足の痛みを抱えた水泳選手の眞生(まき)は、
大学の水泳部を休部し、スイミングクラブで
講師のバイトをしている。そのバイト先に現れたのは、
派手な見かけで優雅な古式泳法をつかう男、桂だった。
鍼灸師の桂は、眞生の病に癒しの手を差し伸べてきた。
だが桂は私生活では遊び人で、眞生に対して
恋愛ゲームをも仕掛けていたのだ。そんな男の手管に、
知らずに落ちる真生だったが…?

*   *   *   *   *   *

いつきさんの新刊なのに、ときたまお国言葉がでるのに、
なんだかハーレクインぽいなーと思ったのでした。

そう思った理由はただひとつ!
攻の性格と言葉がハーレクインの傲慢男っぽいの!

恋のハンティング(笑)が体に染み付いているせいか、
平気で恥ずかしい行動や自分勝手な言い訳が
するすると出てくるのです。たとえば、
「(略) 僕は本音でつきあえる人をずっと探してた。
君は、君だけは、遊びで流せる人じゃないと」
桂は顔を上げ、真摯な瞳を向けてきた。(p.70)
「本気の恋は君と。ゆっくり時間をかけてわかり合いたい。
そうだろう?でも君も男なら男の生理はわかるよね。」(p.85)
…などのように。
遊び人で浮気性、自己中心的で強引、
自分が悪くても言い訳と言う名のいちゃもんをつけ、
そのくせ『この速水真澄ともあろうものが』思考に入り、
またまた空回りにも近い自己中な行動をし…という、
なんともまあ、あまりBLだとお目にかかることが
少ない、ダメなプレイボーイなのでした。
ほんとむかつくので注意です。


しかしやっぱり面白い。攻がいやなやつであればあるほど、
惚れてしまったために、自分のポリシーやセオリーが
くそみそに破壊されてしまうのが楽しいのです。
楽しいというか、ざまあ!!という快感ですね、ええ。

後半、攻めがベタ惚れになってこじらせすぎて、
謝罪だかプレイなんだかよく分からない行動を
とるのにも呆れを通り越して笑ってしまいました。
この攻、新鮮で面白かったです。


もちろん、楽しく読めたのは受のおかげでもあります。

ハーレクインでも傲慢→ベタ惚れになる面白さは
たぶん同じなんですけれど、ハーレクインのヒロインって、
当然「女」なんですよね。性別的な問題じゃなく。

そこへいくと、受はスポーツ一筋の初心な男で、
恋愛偏差値は低く駆け引きめいたこともできません。
が、見ているだけの私も可愛いと思える初心さと、
それが攻にこうかはばつぐんだ!なのがいい。

まるで大貧民で革命が起きたかのように
強さが逆転し、偏差値で言ったらキングぐらいの攻を
5ぐらいの受が倒すなんて小気味がいい!

しかも恋愛初心者のわりに、理性が飛んだときには
必ず方便になるのがえらくいやらしい。いい意味で。
「いろうて……っ」って、「いじって……っ」と
言うのより、何倍もエロティックだと思います。
ううむ、いつきさんの九州の方言はいやらしか…。


というわけで、個人的にはハーレクイン風味方言萌えでした。
ほ、他にも面白い点はあるんですが、
長くなったので今日はこのへんで。

コメントレスは明日以降にさせていただきます…おやすみなさい。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 03:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 03:00 | - | - |