-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『溺れる人魚』/いつき朔夜(北上れん) | main | 2010年9月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
悠々どハマりライフ
いきなりどうでもいいことですが、「どはまり」を
カタカナとひらがなを併用して表記する場合は、
「どハマり」「ドハマり」「ドはまり」、
どれがしっくり来ますかね……自分としては
「どハマり」が一番「どはまり」な状態に近いと
思うんですが、それでも少し違和感があります。
「はまりなら「ハマり」で一択なのに…日本語って難しい。

さて、今日は暑い中甲子園の決勝も行われ、
球児たちのちょっと一方的過ぎる試合を見ながら、
私がしていたことというと…同人誌の消化でした。

本当は出かけるつもりだったんですが、
土曜に荷物が届くようにネットで注文していたため、
出鼻をくじかれてしまいました。自縄自縛!
まあ、甲子園は見たかったからいいんですけれど。

てなわけで届いたものは、こんな感じです。

くるっとる

右側が夏コミの新刊をコミコミなどで購入したもの、
左側が TQ (トッ○ュー!!) の同人誌…です…。
ええ、そうなんです、もう連載も終わっていて
同人も下火もいいとこなんてわかってるけど
それでこの衝動は止められないんですのよ。

仕事で精神的に来ちゃっているのか、
それとも純粋に読みたいのかわかりませんが、
私が中二病だったら「静まれ…俺の右手……!」と
叫んでいたことでしょうよ、というぐらいに、
読みたくなって中身も見ずに買い漁ったのでした。


で、もう全部読み終わっちゃっいまして、
おかげでわかったことがありました。

自分は特定の萌えはこの作品には求めていなくて、
とにかく続きや動いてる彼らが見たいがためであり、
終わっちゃったけど続きが読みたい願望だったってことが。

真田さんがかっこいいとかそりゃ色々ありますけど、
カップリングどうこうよりギャグとか隊内の日常生活で
満足できる(18禁も無くてかまわない)のがその証拠でした。

BL商業番外編=原作者による正統な続きだから買うか、
カップリングが好きだから買うか、のどれかで
いままで買ってきたから、これは珍しい経験でした。
作者もカップリングも問わず買ってる時点で
気づけよ、って話なんですけれどね(笑)

うんまあとにかく、原作は明日買いに行って揃えよう。


もうひとつのハマりものは、「有川浩」さん。
いつだったか以前に『塩の街』を読んだときは
そうでもなかったんですが、『空の中』『海の底』を
親が買ってきて読め読め煩いから読んだらどハマり。

先にトッキューを読んでいたためか、人を救うとか
守る人たちに弱くなっていたということも
あるのかもしれませんが、登場する男女、
みんなかっこよくってかわいいんですよ…!

特に男性がそうで、勤務中はしっかりとした男なんだけれど、
恋愛になると女性のちょっとしたしぐさや言動に
「あ、ちくしょう、可愛い」とか考えちゃう男子で、
そのバランスがいい!かわいいのはあんた達だよ!
カッコカワいいという単語は有川さんの男子を指してほしい。
ノーマルカップルばかりだけれど、女子も強くて、
可愛くて、ほほえましくて、ついニヤニヤしちゃいます。

あと、大人もかっこいいのです。
『空の中』で少年と少女の心を解きほぐした老人、
『海の底』で子供達を救うため自らを犠牲にした艦長、
『阪急電車』で小気味よく正道を歩む老女、
こんな大人になりたい、と思いましてよ。

『塩の街』『空の中』『海の底』『クジラの彼』、
そして昨日『阪急電車』を読み終わったので、
あと文庫化されているのは…『レインツリーの国』と
『シアター!』か。これも明日買ってこようっと。

まだまだどハマり状態が長引きそうな今日この頃、幸せです。
しかしこうしてまた部屋が狭くなっていくのであった。続く!
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 00:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - |