-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2010年9月新刊購入予定リスト | main | 悠々映画鑑賞ライフ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『甘い棘の在処』/萩野シロ(円陣闇丸)
苦痛なスーツコスプレの日、ようやく終わりました。
(客先へ行くためにスーツで出勤する日のこと)

あーやっぱりスーツは耐えがたいわ!
私がスーツ嫌いなのは、苦しいからだとか、
暑いからだとか、多々理由はあるんですが、
「男らしい服!」って印象だからかな。

別にトランスヴェスタイトではないと思うんですが、
どうも「男らしい服」って苦手なんですよね。
私服でいい今の会社を選んだ理由でもあります。
攻めと受けが着るのは全然ありなんですけれど。

というわけで、スーツを着た人物の表紙本を探していたら、
3年ほど寝かしておいたこの本を見つけました。
しかも攻めも受けもスーツ。200冊もあれば、
探したらあるもんです。積読って素晴らしい……かな?

中身はかなり濃かったです。以下、感想です。



『甘い棘の在処』/萩野シロ
リブレ出版 (2008/01)
【Amazon】



☆あらすじ
事故で記憶を失った達也。唯一執着を憶えたのは、
従兄弟の敦だけだった。だが敦は達也を冷たくあしらう。
寂しくて悲しくて―でも側にいたくて、縋るように
敦との同居を続ける達也に、敦が告げた残酷な過去を告げる。
「無理矢理犯った。ハメ撮りの写真一枚でおまえを従えた―」

*   *   *   *   *   *

朝の通勤電車で読むには気が引けるような、
しょっぱなからハードなエロ描写ではじまります。
さすがスラッシュだなあ。

で、その最初から、もの凄く濃い関係を披露してくれます。
まるで達也が奴隷のように辱しめられ、いたぶられ……
いったいなぜこんなことに?と思ったところで時は戻り、
達也が記憶喪失になった、ということがわかります。

この記憶喪失の扱い方が過激で面白かったです。

BLにおける記憶喪失ネタは、付き合いはじめてから
そのあとに起こる障害というのが定番です。
愛し合っていた記憶をなくしたのち、思い出すのを待つか、
新しく関係を構築しようとしたり…というのが常です。

しかし、この作品では敦の達也に対する態度や、
同居していた部屋にラブがあった温度は感じられません。
なんだこの体温が上がらない感じの空気は……と
思いつつ、それでも失われた記憶の先が気になって、
ぐいぐいと引き込まれてしまいました。

しかも、その真相はかなりの予想外!
ラブがないどころか、「達也が敦を従わせ、
敦はそんな達也が嫌いだった」という衝撃の事実。
『過去の達也』の性格が相当悪かったという話や、
記憶喪失を挟んで被害者と加害者が逆転したなど、
人によっては地雷セットオン!かもしれません。

しかし、その地雷は、記憶を失ってからも
敦に大して執着していた達也の動機と表裏一体であり、
想いの深さを感じさせるファクターでもあるので、
私にとってはまだセーフでした。
『WELL』に比べれば全然理解できる範疇!(それもどうなんだ)


傷つけあう場面もかなり多く、なかなか思いは通じず、
エロは多いわりに感情はかなり焦れ焦れで進みますが、
そのぶん、敦に達也の気持ちが通じた瞬間と、
敦があんなに嫌っていた過去の達也を受け入れる姿勢を
とったときの爽快感はたまりませんでした。

その後あんなにベタベタラブになるとは思いませんでしたが…、
まあ、頑張って読んできたご褒美ということで。
娯楽であるはずの読書を頑張るってのも変な話ですが、
文体が合わなかったのか、自分にしては、
かなり時間がかかったものですから……。
萩野さんっていっつもこんなんでしたっけ?

まあ、それはさておき、新しく構築するタイプでも
かなり変わった築き方をしていた作品でした。
| [BL・小説]萩野シロ | 21:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |