-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 悠々映画鑑賞ライフ | main | 思いがけない副産物と2010年8月の読書メーター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『運命はすべて、なるようになる』(上・下)/五百香ノエル(SHOOWA)
今日は早引けしました!
そのために常識的な時間に更新です。

あ、別に体調不良や精神状態不調とかではありません。
単に夏休みに休日出勤した分の振休を取らなくては
いけないので、取っただけの話です。

もちろん取れるのはとても嬉しいんですけれど、
取るためにその前日(つまり昨日)に残業を
しなくちゃいけないのはおかしな話だな、と
思うんですけれどね…まあ、ちゃんと休みを
取らせてもらえるだけマシですけれど。

というわけで今日の午後はだらだらのんべりと
本を読ませていただきました。幸せ!
週の真ん中にこういう日があると楽ですね。
明日も頑張ろうっと。

さて、それでは今日は五百香さんの
初ホリーノベルスの感想です。
上下通して絡みつくような重い愛情の話でした…。
それでは、以下にて。

運命はすべて、なるようになる(上) (HollyNOVELS)
運命はすべて、なるようになる(下) (HollyNOVELS)
『運命はすべて、なるようになる』(上・下)/五百香ノエル
蒼竜社 (2010/7, 8)
【Amazonリンクは↑画像から】

☆上巻あらすじ
檜堵瑛輝(ひがき・えいき)はグランドスラムの
帝王・ワーグナーと準々決勝で戦っていた。
快楽を教え込まれ、男娼として生きている瑛輝には
禁忌も後悔もなかった。だが、敬虔なカトリック教徒の
ワーグナーにとって、ゲイで、愛人の存在を隠さない瑛輝は
アスリートである前に汚らわしい存在でしかない。
幼い頃から憧れ、目標にしてきたテニス界の王に、
瑛輝はライバルとして認められたいと願うが―。

*   *   *   *   *   *

『KISSと海賊』のようなSF系やファンタジーもあれば、
『MYSTERYOUS DAM』のようなミステリー系もある。
『木犀荘に棲む永遠』のようなほんわかもあれば、
最近の著作に多い気がするエロエロもあったり、
そして、『白皙』のようなドロドロもある。

五百香さんの本領はどこなのでしょうか、と問うに、
私は『白皙』系のドロドロを推したいと思います。
でもって、この新作は、それに連なるものだと思います。

ただ、『白皙』があくまで1対1であったのに対して、
今回は受の瑛輝が男娼であるがゆえに、
数々のパトロンといたさなくてはなりませんし、
当然本命以外とのエロも盛り込まれます。

しかも、憧れていたワーグナーは途中退場し、
紆余曲折(ここが下巻のキモで凄いんですけど)の末、
あとから別の男とくっつくという展開です。
濃ゆいですよね、ちょっと書いただけでも。

地雷かな?と思われるかもしれませんが、
ちょっとおまいさんお待ちなよ、ってなもんでして。
たくさんの人物が出てくるがゆえに、同時に、
ドロドロの中に愛情の様々な形が見えてくるのです。

「愛なんて幻想」という信条を貫きつつ
それでも歪んだ愛を瑛輝に与える飼い主の劉、
信仰と本心の間で揺れ動きながらも
なんとかして瑛輝を救いたいと願う帝王、
本当は愛しているのに瑛輝を救うために
わざと憎まれ役を買って出る若き英雄、
憎むことをやめて許す愛を瑛輝に与える淑女、
エトセトラエトセトラ……愛なんて信じない、
愛なんて幻想、と瑛輝も劉もさんざん言っているのに、
このドロドロ劇の中には確実に愛が描かれています。

「ない」というより「見えてない」んですよね。
様々な愛情が、重かったり絡みついたりして
苦しいときもありますが、何とか乗り越えて
瑛輝が救済された時の喜びはひとしおです。

たとえ幻想だったとしても、幻想が一生続けば、
幻想を信じている人にとっては真実ですしね。
愛って難しいけど、いいなあ。これこそBLのLですよ。


タイトルも、読みようによってはケセラセラ、
「運命なんてあらかじめ全てなるようになるのさ」
みたいにいっそ諦めも感じられるタイトルですけれど、
そうではなく、傷ついて抗って、死にかけても
掴み取ったからこそ「運命はすべて、なるようになる!」
という、逆説的なタイトルなんだな、と
読み終えて思いました。いいタイトルです。

SHOOWAさんの挿絵も素敵でしたけれど、普段は
挿絵しない漫画家を引っ張るホリー編集者も素敵……。
安芸まくらさんや須和雪里さんら小説家もですけど。

まだまだ厳しい残暑の時期にはちょっと重いですが、
重い作品が読みたいときにオススメです。
| [BL・小説]五百香ノエル | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |