-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 思いがけない副産物と2010年8月の読書メーター | main | 『鼓ヶ淵』/三田菱子(いのまたむつみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『地下鉄の犬』/草間さかえ
9月って気がまったくしない今日この頃ですが、
今日はヒヤッとしたことがありました。
今日、っていうかついさっきのことなんですが、
突然幼馴染みがうちにやってきました。

「うちのPCで読み取れないCDがあるんだけど試してくんない?」

仕事で必要な資料というんだから断れませんよ、
断れませんが、いまの私の部屋に入らんといてー!
トッキュー同人誌に積読BLにドナドナBLに
机上のBLタワーにベッドに散らかった読んでるBL、
そこかしこに人に見せられないものばっかり…。
肝が冷えるわ!

「悪いけどそこ(玄関)で待っとき!」と言ったのに
部屋を覗き込まれ(私の部屋は玄関からすぐのところ)、
「……その(ベッドの)状態で寝てるの?」と素朴な疑問を
投げられたときはヒヤッを通り越して逃げ出したくなったね!
そうですよ、煩悩に埋もれながら寝てるんですよー。
みなさん、部屋はきれいにしましょう。(泣)

さて、今日は久しぶりにコミックスの感想です。




『地下鉄の犬』/草間さかえ
コアマガジン (2010/8/25)
【Amazon】

☆あらすじ
サラリーマンの篠田が会社帰りにコーヒーの匂いに
導かれ入った先は、一軒の煙草屋兼骨董屋だった。
そこで店主の朝倉と出会った篠田は、
ひょんなことからお店に通うようになるのだが……

*   *   *   *   *   *

この作品の面白さを伝えるのって凄く難しい気がします。
……あ、別に努力放棄じゃありませんよ!
ひとことで言えば「可愛い」なんですけれど、
愛おしいとかしっくりくるとか 説明しづらい良さの総称…?(p.35)
と作中でも言われるように、なんとも説明が難しいです。

幻想的でレトロな煙草屋兼骨董屋、
ほのぼのとした、ゆったりとした地味な日常、
お互いの喪ったものへの哀愁や孤独感、
淡々と描かれるけれど密な愛情表現、
描写は強くないけれど匂い立つようなエロス、
これらの要素を丹念に混ぜ合わせて、
一括りにすると「可愛い」になっているんですよね。

お店に通うようになったきっかけや、
お弁当の中身のくだりや、カバーの折り返しに
ついている4コマなど、くすりと笑えて、かつ、
「かわいい……篠田さんかわいい……!」と
つぶやけてしまう細やかなエピソードも秀逸です。

そして、篠田の孤独の表現や傷ついた表現などには、
虚無を見つめるような仄暗い部分もあったりしても、
修復されていく過程にそれ以上のやわらかな温かさが
あったりして、まるで魔法のように癒されます。
これまた作中から引用しますけれど、
ダメな人もいますけど 飾り物とは違いますし
大事に使っている内につく傷には 趣があります (p.25)
そう、そういう趣なんですよね…。

これらの要素をピックアップしてもその作品の面白さと
イコールにはならないし、全部をとりあげるなら
それはマンガを読んだほうが伝わるわけですし、
そういう意味で面白さを伝えるのが難しい作品です。


他の言い方をすれば、人に見られてもいいから
枕元に置いて毎晩少しずつループして読んで、
この世界観や趣を味わいたい作品です。
非BLの『さよならキャラバン』も幾度となく
読み返しましたけれど、これも同じように
飽きるまでループしてしまいそうです。

というわけでたいへん満足いたしました。

が、全サが雑誌連動型です。
(コミックスと雑誌を買って応募するタイプ)
ウザか……でも買っちゃうんだ、たぶん。
11月末〆なので、気になる方はご注意を!
| [BL・コミック]草間さかえ | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |