-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『地下鉄の犬』/草間さかえ | main | 気候的には夏でしたが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『鼓ヶ淵』/三田菱子(いのまたむつみ)
こんばんは、生きてます。一応。

もう少しで平日無更新になってしまうところでした……。
(日付的にはもうそうなってしまっていますが)
オートマ起床能力(目覚ましで起きてから自動的に
身体が動いて出かけられる)も発動しないくらいに眠いです。

そんな中でも昨日の台風で川洲に取り残されたひとが
レスキューされた、と眠っている頭に朝のニュースが
飛び込んできて、な、なんだとっ!と起きたら
消防の救助隊で、ちっ、そっちのトッキューか、と
無意識に考えている自分が恐ろしい今日この頃です。

さて…、先日の台風で急に涼しくなりましたが、
暑かった日に読んだこちらの作品、ひやりとした
感触に少し涼やかに感じたものでした。
以下、感想です。



『鼓ヶ淵』/三田菱子
角川書店 (1990/11)
画像なし
【Amazon】

☆あらすじ
長唄と三味線を通じて、洋一郎と雅美が出会ったのは、高校一年の時だった。
はかなげな、ほっそりした雅美と大人びた洋一郎。一年の月日が、
二人を親密な友達にした。だが二人の間には大きな壁が…。
すべてを失なってしまうかもしれない、もろく、あやうい危険な愛。
夢か、幻想か。山奥の宿で繰り広げられる超心象風景。
真実の愛は、つらく、哀しく、苦しいもの。
ジュネ作家三田菱子が「M」に続いて贈る衝撃の問題作。

*   *   *   *   *   *

ひとことでいえば、「JUNE&ホラー」でした。
ホラーと言っても、ハリウッドじゃなくて日本、
でもって怪談のような趣のある作品でした。

今のBLでは見られないのではないかなあ……、
このバランスのとれたホラーとJuneの割合、
そして親和性の良さによる相乗効果は。
サスぺンス仕立てならごまんとありますが、
なかなかこのテイストは味わえないと思います。

もちろんBLのレベルがどうとかいうわけではなくて、
どちらかというと向き不向きの問題でしょうか。

というのも、BLは、今はさまざまなものが登場して
一時期のキャピキャピ感は格段に薄れていますが、
それでもやっぱりハッピーエンドが主です。
もちろんそれが大好きなんですけれども、
恐怖との親和性は、JUNEのそれと比べれば、
結末が見えているから明らかに弱いですもの。

それに加えて、JUNE、というかこの時代の作品は、
「BL」の型にはまっていないというのもあって、
二人の間に不幸な事が起きると、もしかしたら
この先は……という不安がまとわりつくからです。

その不安と恐怖、そしてすれ違いの絶望感は、
よりJUNEの感覚をアップさせ、物語の不気味さを
加速させているのです。


うーん、出版年を見ればお分かりになるとおり、
なんとジャスト20年前の作品なわけですが
(なつかしい!という方も多かったりして……)、
あまり古さを感じさせません。

一応はハッピーエンドなのも大きいですし、
JUNEの香りもさほど強くないのもあるでしょうけれど、
三味線という芸術要素を織り込みつつ、ホラーと
JUNEをうまく成立させているところが大きいかと。
JUNEの奥深さはあなどれないなあ…と思った作品でした。


ただ、やっぱり今のBLに比べてみますと、
刺激性は少なめですね…当時のエロ描写情勢が
どうだったのかはよく分かりませんけれども、
挿絵が隠す必要が無い、というのは時代の流れですね。

ちなみにもう一編の『ガーデンセール』は、
これも見方によっては、ホラーですかね。
「船長」と呼ばれる男の家に10年間、浦島太郎のように
滞在していた「男」(主人公)の成長話…ではなく、停滞話です。
これ、ニートの人や引きこもりの人が読んだら
気鬱になること間違いなしと太鼓判を押せます。
結局「男」が「船長」を離れ、どこへ向かったのかも
分からずに終わってしまうところが怖い……。

というわけで、ホラーなJUNE、JUNEなホラーな作品でした。

P.S.コメントレスは明日以降に…最近遅くてすみません。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - |