-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 気候的には夏でしたが | main | 『札幌の休日』1〜4/桜木知沙子(北沢きょう) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青鯉』/たけうちりうと(高階佑)
夏がまだ出張っているせいで出かけたくなかったんですが、
普段使っている自転車の空気がパンクってほどでは
ないものの分かる程度に緩やかに抜けていくので、
自転車屋まで行ってきました。

そしたら、あっという間に原因が分かりました。
空気を入れるところのバルブのゴムが切れたために、
かすかに漏れていたんですって。
そんなところにゴムがあるなんて知らなかったし、
今まで見たこともなかったわ……。

世の中知らないことってたくさんあるなあ、と
当たり前のことを思ったのでした。

さて、上記は日常的に役に立つ知識でしたが、
今日の感想本を読んで役に立たない知識がつきました。
以下、感想です。(どんなイントロだよ)




『青鯉』/たけうちりうと
大洋図書 (2007/12/7)
【Amazon】



☆あらすじ
平凡な会社員として暮らしてきた七瀬亮は、ある日突然、
自分の体臭が変わったことに気がつく。いったい、どうして?
そんなとき、川辺に住む老人からプールへ行くように助言される。
そこで七瀬は運命的な出逢いは果たす。愛とか恋とか、
そんな言葉では語りきれない出逢いだった――

*   *   *   *   *   *

また3年近くも成熟(積読)させた本の感想なわけですが、
面白かったです〜。もっと早く読めばよかった。

あらすじのとおり、主人公七瀬の身体が突然変異を起こし、
老人の助言でプールに行ったところ、同類の青年・匠に出会います。

そこで判明したのは、「半魚人」と言える人間が
一定数おり、何らかの理由で覚醒すると、
何らかの周期で繁殖期のような時期を迎え、
同類にしかわからないオスやメスの「鱗紋」が
見えるようになり、つがいを求めるようになる、
という、まあ、ちょっとトンデモな設定です。

「なぜこうなったのか」「この周期は今後どうなるのか」
という質問に対する回答はありませんので、
合理的な説明が必須な方には向かないと思います。

しかし、その設定さえ受け入れてしまえば面白い。
人間としての日常に、魚人の生活を取り入れる非日常、
人間の妻も娘もある身としての理性は押しとどめるのに、
魚人の本能に近い匠への愛情はとどまってくれない。

それらが淡々とどこか寓話的に、でもちょっと
耽美な雰囲気で描かれており、トンデモと
思って読まずにいると損ではないかと思います。

エロは少なめ、というか直接的な表現は
ほぼありませんが、水の中で溶け合うような
魚人同士の交歓は、幻想的でエロティック。
挿絵も相俟ってとても美しいシーンでした。

テーマといい、上記の描写といい、3年前とはいえ
今のBLにしては少しBLの範疇を逸脱しているかな、と
思ったんですが、この作品、小説JUNE掲載作だったとは…。
耽美な雰囲気っていうか耽美だったんですね。
うーん、納得です。


で、本題とはあまり関係ないんですけれど、
「魚の性転換」のことに作中で触れられていて、
え、そんなことがあるの?と調べてみたら、
魚類だと意外と少なくない種類で見られるそうです。
(参考サイト→http://www.biological-j.net/blog/2007/09/000278.html)

ちょっと前に樋口美沙緒さんの『愛の巣へ落ちろ!』を
読んだときに虫の生態に驚きましたが、魚にも驚いた!

BL的に、オス2匹になって本来なら追い出されるところを
気に入られて1匹が特別な囲われもの扱いになって、
周りのメスから虐げられるなんて状況も考えられますね。
妄想の役には立つ知識だな……。

表題作のほかに番外SSともう1編が収録されていますが、
もう一編の『デリート』(攻めが吸血鬼で人外)も、
JUNE掲載作で耽美のかおりを感じさせる作品でした。
こういうJUNEのなんでもありな幅の広さ、好きです。

というわけで、JUNEっぽいものをお探しのときにはどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |