-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『札幌の休日』1〜4/桜木知沙子(北沢きょう) | main | 週末の予定と日記と明日以降の予定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋する遺伝子〜嘘と誤解は恋のせい〜』/小林典雅(小椋ムク)
Twitterで呟いたとおり土曜日にランチ→床屋→整体コースを
行ったら、ものすごく身体が熱くなり伏せってしまいました。

まあ、伏せっていたとは言っても、ゲームやら
読書やらはだらだらとしていたのですけれど、
どうも目が霞んであまり効率が上がらず、
少し目をつぶったら何時間か経っている……を
繰り返しておりました。昨夜もモニタにちゃんと
焦点を合わせられず、コメントだけお返しして
感想は今日に繰り延べました。

整体行ったら坐骨神経痛が悪化していると言われるわ、
こないだの木曜(雨でよりによってスーツだった日)から
足が変に引き攣っちゃって痛いと相談したら、
疲労で血流が悪くなっている未病状態(ほんとはもっと
説明長かったけどはしょる)と言われてしまうわ…、
アタシほんとに大丈夫なんかいと思った週末でした。

更新はしたいけど、まずは身体を大事にしないと、ですね。
週末以外更新できてなくてすみませんが、できるかぎりの
「マイペース」で継続したいと思います。

というわけで暗い出だしになってしまいましたが、
感想ははっちゃけて行きます。典雅さんだし!
それでは、以下、感想です。




白泉社 (2010/9/17)
【Amazon】

☆あらすじ
高額謝礼の一万円につられ、精子を提供しに向かった
ザザ・バース・ラボラトリーで、尊敬する
人気劇作家(故人)の受精卵が廃棄される危機に
出くわした騎一は、男前に「俺が産む」と名乗り出て!?

*   *   *   *   *   *

上のあらすじは花丸公式サイトよりひっぱってきましたが、
実際の本の裏表紙に書かれている内容と全く違います。
実際の本のほうは、以下の通りです。
♪:ピン・ポン・パン・ポーン!
本作品をご購読の前に、↓をご確認ください。
1,男性が妊娠することを許容できる
2,それが攻めであっても問題ない、むしろ惚れる
3,受はエロカワもいいけど、ツンデレもいい
4,『授乳プレイ』や『妊娠中S○X』も任せろ
5,大どんでん返しは娯楽作品の醍醐味だ
6,もともと小林典雅に正統派は期待していない
――以上、三つ以上YESのあなたは神様です!
そんなあなたに捧げます、『嘘と誤解〜』第2弾(ハート)
いつもながら花丸編集者の本気を感じるぜ……。
典雅作品のあらすじはこうじゃなきゃね!
あらすじというかネタバレばっかりなんですけれど。

まあ、これ以上の出来事は何もないと言っていいのですが
(いや、もう臨月の妊夫並におなか一杯だと思いますけど)、
大どんでん返し……というところだけ異議を唱えたいです。

むしろ覆水盆に戻しちゃったというか、
星一徹級のちゃぶ台返しというか、うん、
(ネタバレ注意)作中作でしたオチなんですよね。
これを許せるか否か、それが問題だ。

私はというと許せる派です。
普段だったら仮面をかぶらずして、ヘレンケラーとして
遊ぶマヤのごとくびりびりと破くと思うんですけれど、
面白かったから許す、としか言いようがありません。

シリアスではなくてコメディだから許せるってのも
ありますけれど、これまで「虚」の中に妙な「実」を
混ぜて笑わせてきた典雅さんだからこそ許されるかな、と。

うまく言えないんですが、「ねーよ(笑)」という設定でも、
いままでの作品の設定のぶっ飛びっぷりによって、
「この登場人物たちならやっちゃうかも……」とか、
「典雅さんならやりかねん」と錯覚することで、
あまりにも変てこな展開も受け入れられてしまいます。

典雅マジックの「虚」を「実」として楽しんだことで、
それが本当に「虚」だったと種明かしされても、
単に典雅マジックアワーが終わっただけで、
「まあ、マジック自体は楽しかったよね」と
マジックの価値自体は下がらないというか。

タネがばらされたくない人には受け入れられない
(もしくはマジックにかからずねーよと思っていた人)には
ダメだと思います……前もってやめたほうが吉です。

最後まで嘘を吐きつづけて欲しい気持ちもありますが、
それだと本当にイロモノになっちゃいますからね。
や、十分イロモノですけれど。でも、妙な「実」は健在で、
だからこそ騙されちゃったというか…うーん。

結論として言えるのは、典雅さんに騙されても
いいなら読もう、ということでしょうかね。


ちなみに前作『嘘と誤解は恋のせい』の
その後のバカップルも短編で収録されており、
スーパー変態アンケート話に進化しています。
私がひとつセリフを引用するとしたらこれかな。
『ジンジンの大砲でユイユイのビスクドールのようなお尻に
ビュクビュクぶっかけてもええか?ええやろ?』
クソ吹いたwwwwwwwwwww
私としたことが草を生やしてしまうくらい激笑でした。

前作から読んでいる方ももちろん、
最後の引用だけ気になった方も是非どうぞ。
| [BL・小説]小林典雅 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |