-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2010年10月新刊購入予定リスト | main | 雑記がメインな2010年9月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『千 長夜の契』/岡田屋鉄蔵
また週末は寝っぱなしだった……と思われるやもしれませんが、
今週は違うんです!誰も思っていないかもしれませんが、
今週は違うんです!滅多に無いことなので2回言ってみました。

そう、土曜日は立川で行われた海保フェア2010に
なんとか起きて行ってきました。
詳しいことはまた今度日記にでも書くとして、
そのあと池袋のロードをめぐり、プチ飲み会をして、
めずらしーくアクティブな日をすごしたのでした。

まあ、逆に今日の日曜は疲れたので本とゲームに
明け暮れてましたが…あ、おかげさまで、
ようやくポケモンクリアしました。
しかし今回のポケモンのデザインは慣れなくて、
使いたい子があんまり居なくて困ったことを告白します。
クリア後は、ぼちぼちやろう…あと大神伝をやらなきゃ!

さて、2週間ぶりの感想です。予想外のヒットでした!
それでは以下にて。




『千 長夜の契』/岡田屋鉄蔵
白泉社 (2010/9/17)
【Amazon】



☆あらすじ
願いを叶える代償に、その者の魂を喰う謎の座頭・千載。
奇妙な縁で出会った剣豪・草薙とともに、人々の命を
賭けた願いと向きあっていく…妖しく強く、
BLの枠を超えた壮大な物語が始まる!! 

*   *   *   *   *   *

岡田屋さんのマンガが面白いのはまったくもって
意外じゃないんですけれど、それでも驚きました。

「岡田屋さん、こんな引き出しもあったのお!?」
という、どちらかというと驚喜の類の驚きです。

タンゴ、現代ものときて、今度は時代ものですか…。
確か雑誌だとドラァグクイーンものとか、相撲とか、
他にも凄い題材を描いているらしいですし、
うーん、なんという幅の広さでしょう。

そしてまた、なにより凄いのは、時代ものゆえに
あまりBLが前面に押し出されていないのですが、
そんなのは気にならないという完成度の高さです。
糖分抑えめ、コクのある情愛表現(まるで缶コーヒーの
宣伝のようだ)が、かえってストーリーの完成度を
際立たせているように思います。

いちおうの主人公(メインカップルかどうかはさておき)は
死にかけた人の命を喰うかわりに、願いを聞く千載と、
ある事件がきっかけで連れ立つことになった草薙。

千載は大きな秘密をもちながらも、どちらかといえば
狂言回しであり、各話で描かれるのは、
出会う人たちの一場面の中での深い愛情です。
当然、1話ごとにカップルたちは変わりますので、
じっくりと関係が深まる話というわけにはいきません。

が、その1話ごとの密度が濃く、絡みがなかろうが
短かかろうが、印象がとても深くて心に残ります。
題材が題材なだけに、悲恋系が多いのですが、
それもまたまるで歌舞伎とかのスジのようで、
より深く感情の余韻が残るのです。
「終わりはすべての終わりではない」という言葉を
思い出しました。嘘です、いま作りました。
でも本当にそういう感情がこみ上げます。

ちょっと今までの岡田屋さんのイメージとは違うけど、
マッチョすぎないけど、絡み淡いけど、いい作品だよ!


ただ、千載の置かれた境遇は仄めかされているものの、
素性は明らかにはなっていません。また、千載と草薙の、
これからの道ゆきもわからず…。別にそれで
面白かった価値が下がるわけではないのですが、
どうすんだろ…と思っていたら、あとがきで、
「花丸で第二部を描くことが決定」とありました。
これは嬉しい!よくやった花丸!

最近花丸を贔屓にしている傾向にあるのですが、
私の目は間違っていなかったということですね。(キリッ)

というわけで、こいつぁオススメの作品です!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |