-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< お買い物日記と一文+α感想 | main | 『恋で花実は咲くのです』/久我有加(草間さかえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『疵 スキャンダル』1〜4/かわい有美子(杜山まこ)
ついに平日一回も更新できませんでした……
くっ悔しいけど感じちゃ……いはしないというか
感じる余裕もない状況です。
要領の良さだけでやり過ごしてきたツケが
来た感じなので、そこそこ頑張らないとね。

でも来週は横浜のアニメイト行くついでに
海上保安資料館見てきて、それからスパ
(ユリちゃんが行ってたスパと思われるところ)に
行こうかな、とか早くも来週末の休みの予定を
考えてるあたり、現在逃避気味です。

まあ、そんな中でも毎日本は読んでいるわけですが、
今週はこの作品週間でした。これが現実で起こったら
とうに私は向こうへ逃避してるよ!な作品です。
それでは以下にて、感想です。




『疵 スキャンダル』1〜4/かわい有美子
アスキーメディアワークス (2010/7〜10)
【Amazon】

☆あらすじ
若きエリート官僚の桐原は出世のために婿養子に入り、
同期でライバルの司馬に一歩も二歩も先んじていた。
しかし思いもよらない大きな挫折が桐原を襲い、
さらに大物官僚にその美貌を見初められ、接待の話が…。
心も身体も疲弊しきった彼が助けを求めたのは――!?
90年代の大蔵省を舞台に、エリート達の孤独と闘い、
そして愛を描いた衝撃の官僚ハードロマンス。

(画像・リンク・あらすじは1巻のもの)

*   *   *   *   *   *   *

「かわい有美子さんの作品」のイメージと言えば、
「穏やか」「しっとり」というイメージなのですが、
この作品は「激しく」「ねっとり」に近かったです。

まず第一にワーキングが重々しく激しいのです。
国政の一端である官僚の仕事自体そのものが重いのに、
鬼千匹のエリート達が隙あらば足元をすくおうとする
失敗が許されない職場の環境がなにより重い…。
もう私だったら試合放棄して速攻逃げますよ。

で、仕事と私生活…というか平たく言えば結婚、
閨閥がもろにリンクしてくるのがさらに重い!

桐原がゲイじゃなくても、結婚に対して何かを
期待しているようなタマでなくてもですよ、
跡継ぎが欲しい経済界の大物の娘と出世のために
結婚したのに子供が作れない身体だったとか、
離婚されないために官僚との関係を義父から促されるとか、
なのに妻が妊娠するとか
、重すぎでしょうがよ。
そりゃいやでも疵はついちゃうよ!

なんですかね、この激しい連続攻撃…昼メロでも
ここまで立て続けに過酷なことは起こらないのでは。


司馬は恋愛結婚なので桐原ほどには家庭の問題が
重くないものの、それでも可愛い息子と暮らすには
一緒に居るのも苦痛な妻といなくてはならない、
という状況がねっとりと重くって……。

しかも桐原が司馬の逆鱗に触れたり、また逆に、
司馬が桐原のプライドをボキリと折ってしまったり、
すれ違いすらも一筋縄ではいかないのです。
攻めが女性といるだけで浮気を疑っちゃうとか、
いかにもBL的すれ違いが恋しく思えるほどですわ。

しかし彼らはそれくらい傷つきまくったことで、
ライバルであり唯一心安らげる相手という
奇特な存在をつかむことができたんですよねえ…。
うーん、わかりやすいラブな関係じゃないですが、
読んでいる側として退屈しないことだけは保証します。


なお、書下ろしも各巻に収録されていて嬉しいです。
が、4冊に分ける必要はあったのかしら…。
分厚めの2冊か3冊で十分だったのでは。


というわけで、官僚同士&W不倫&父親同士、と
スキャンダラスな関係なんですけれども、
怒涛すぎてそれどころじゃねえ!と思った話でした。

| [BL・小説]かわい有美子(ゆみこ) | 21:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |