-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『疵 スキャンダル』1〜4/かわい有美子(杜山まこ) | main | 2010年11月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋で花実は咲くのです』/久我有加(草間さかえ)
行こうと思っていた海上保安資料館とスパは、
土曜は仕事に行ってしまい、今日は雨で、
結局行けませんでした…気分転換がしたいよう。
来週の庭で気分転換しよう、そうしよう。
その前にカタログをチェックしないと…。

あ、資料館は行けなかったんですけれど、
土曜の出勤の時間を遅めにして(休出時間は自由なため)、
先にアニメイトに寄ってしっかりカタログは買いました。
もう店員さんに聞くのなんか怖くない!
……月日の経過と慣れは加速的だなあ。


さて、今日は久我さんの芸人シリーズ感想です。
そう来たか!という面白さでした。それでは、以下にて。




『恋で花実は咲くのです』/久我有加
新書館 (2010/10/9)
【Amazon】


☆あらすじ
芸人になる夢を捨て郷里の温泉街で働く隼斗のもとに、
元マネージャーの時田が現れた。新しくできる劇場の
専属の作家になってほしいという時田の頼みを、
隼斗は即答で断るが、彼は諦めずに温泉街に留まった。
お笑いへの熱い思いも時田への密かな想いも封印して
生きていた隼斗。だが彼の出現で忘れていた想いが溢れ出し…?

*   *   *   *   *   *

いままではコンビもの、それからリタイアものと
来た芸人シリーズ(ってこの呼び方始めて知った)ですが、
今作は復帰もの、しかもネタの専属作家という、
裏方側、バックアップ側に来ました。

今までそういう専門職があるとは知りませんで、
「そこに行くんだ!」という驚きがありましたが、
いままでと変わらない面白さでした。

今まで主流だったコンビものの楽しみといえば、
お笑いに真剣だからこそぶつかりあい、
また唯一無二の存在として尊重する相方でありながら、
恋人でもあるというバランスの妙だと思うのですが、
今回は元マネージャー→劇場支配人×元芸人→ネタ作家なために、
コンビという相方の関係ではありません。

が、面白さ、というか醍醐味は変わらないのです。
彼らはお笑いをやる当事者ではありませんが、
芸人をマネージメントする立場でシビアな時田と、
芸人の気持ちをまだ捨てきれない隼斗の間に
生まれる意見の相違は、まさにコンビのそれと同じ。

どちらにも優劣はなく、お笑いにかける真剣さがあり、
だからこそお笑いを挟んでぶつかりあい、けれど、
恋人でもある…というバランスの妙は同じなのです。

また、スタートが芸人ではなく元芸人のため、
その世界へ戻るというエピソードがあるのですが、
そこでどれだけ隼斗がお笑いを好きかがわかるため、
よけいにお笑いへの情熱が伝わりました。

これは好きなものこそ上手なれというか、
本当に真剣にお笑いが好きな久我さんの気持ち
(あとがきでそれがとてもよく分かりました)と、
その筆力が見事に合致した成果だと思います。
平たく言えば、面白いですよ!


キャラクターの面でもまた楽しかったです。
仕事モードだと辣腕を振るう厳しい時田なのに、
プライベートになると突然ドヘタレになり、
芝山が呆れ半分のクールになって、
力関係が逆転してしまうギャップがいい(笑)
でもってさらにエロになると逆転するのがいい!
えーと属性的にいうと辣腕ヘタレエロワンコ攻め?
長いなおい!でもなかなか新鮮なキャラクタでした。


また、おまけの草間さんのヒトコマ漫才があったり、
懐かしのバンテージ(『何でやねん!』)や、
パイロットランプ(『月も星もない』)が
ちらっと登場したりと、お得感たっぷりです。

確かにまだまだ続けられそうなシリーズなので、
この先も続いてくれると嬉しいなあ…。
他の作品を読んでるとさらに楽しめますけれど、
これだけでも楽しめる作品でした。


P.S.
もうすぐ5周年。たぶん当日に更新もできないので
先に祝っておこう。わーい。
お礼は5周年を迎えてからちゃんといたします。
| [BL・小説]久我有加 | 22:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |