-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 1週間遅れのミニレポート提出と2010年10月の読書メーターまとめ | main | 2010年12月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『日出処の天子』/山岸涼子
祝!日付が変わる前に帰れました!おめでたい!

パパがんばって感想書いちゃうぞお、といっても、
ここんところまともな感想を書いていないので
書けるかしらと思ったんですが、普通に書けました。

作品自体が面白ければ、私のコンディションは
さほど関係なく書けるものなのかもしれません。
と、『日出処の天子』にあわせてちょっとだけ
スピリチュアルな書き出しにしてみました。

でも、たまに作家の話で、話が降ってくるとか
キャラが動き出すとか、自分で書いているのではなく
別の何かが動かしている…って話、聞きますよね。

書いているのは絶対にその書き手で、その書き手の
知識や思考以外から言葉が出たりはしないはずなのに…、
その感覚ってどういうものなんだろうなあ、と思います。
創作独特のものなのかしら…うーん。

さて、漫画喫茶で読んでたら複雑さと面白さに
つい全巻購入してしまった名作の感想です。
それでは、以下にて。




『日出処の天子』/山岸涼子
白泉社 (1994/03) (文庫版)
【Amazon】

(画像とリンクは1巻のもの。全7巻)



*   *   *   *   *   *   *

圧倒されたとしかいいようがありません。

飛鳥時代の朝廷と実権をめぐる人々の思惑を
描いた歴史ものであり、オカルティックであり、
仏教をベースにしたスピリチュアルものであり、
厩戸王子と蘇我毛人の恋を描いた作品でもある…という、
非常に要素が多くて書く焦点を絞り込みにくい作品です。

たとえば、「歴史もの」という部分だけを見たときに、
教科書だと「何年に誰々が即位して、物部氏と蘇我氏が争って、
聖徳太子が摂政となり、新しい制度が作られて、
無事故の世作り大化の改新、天平文化」の飛鳥時代なのに
(私の日本史の知識がそんなもんなだけですけど)、
「なぜそういうことになったか」という背景と
豪族・皇族の勢力まで微細に描いているのです。

それによくこの内容を少女マンガという媒体で
連載していたなあ、と思うほどの政治の腹黒い部分や
まだまだ血なまぐさい部分も描かれていて、
少女マンガとは思えぬ少女マンガです。(超褒め言葉)

もちろん、厩戸王子の超能力のように
虚構が混じっている部分もあるのですけれど、
それで史実との整合性がとれているのが却って凄い。
(時系列的に逆転した話ですけれど、そこにちょっと
よしながさんの『大奥』を思い出したりして。)


というわけで、すこし書いただけでこんな調子ですので、
私には内容を書ききることができないので、
最も魅力的な部分を挙げてみることにします。
それは「厩戸王子」そのものに尽きます。

非常に聡明で仏教にも政治にも明るく、
人心の掌握も上手く、容姿端麗……という
ホワイト面を周囲に見せながらも、
女装して麗しい容貌を駆使して暗躍したり、
超能力を用いて人々の心を読んだり操ったり、
冷徹に人を人とも思わぬ扱いをしたり…という
ブラック面を読者に見せつけもします。

普通なら親近感どころか畏怖すべきキャラなんですが、
途中から見えてくる、母親に愛されなかったゆえの孤独と
歪んだ自己愛、毛人の心をつかめず涙を流す弱さや脆さを
見ていると、愛おしく思えてしまうキャラなのです。

最後、毛人と交わることなく、修羅の道を
進んでいく王子はもう……可哀想すぎて……。
読みはじめた当初は不気味でしかなかった王子が、
こんなに愛おしく感じるとは思いませんでした。
(逆に女性キャラは可哀想でも邪魔…とくに布津姫(笑))


同性愛要素があるという点ではBLといえばBLですけれど、
カテゴライズせずに作品の世界に酔うのがよろしいかと。
中古でわりあい簡単に見つかると思いますので、
一度は読んでみるのをオススメいたします。

p.s.
文庫収録の馬屋子女王の話でもって本当の終焉だよなあ…。
| [その他]BL以外のコミック | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |