-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浮気心と2010年11月の読書メーターまとめ | main | 2010年BLコミックベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『僕はすべてを知っている』/高久尚子
こんばんは、あっという間に2週間がすぎてしまいました。

ところで、先日、横浜へ行ってまいりまして、
自分の知らない趣味の世界を覗いてきたんですが、
いやいや、世界は広いなあ……と感嘆しました。

その趣味の金額のかかりようにも驚いたんですが、
奥の深さというか幅の広さも凄かったです。
その趣味の愛好家にはそんな感覚は無いでしょうが、
門外漢としてはディープな趣味だな〜と…。

それはBLも同じことで、外から見たら相当に
ディープな世界なんでしょうけれどね。
いや、そう簡単に話せる内容でもないだけに、
よけいこちらのほうがディープに見えるのかな…。

さて、久しぶりに感想です!
これは書きたい!と思ったくだらない作品です(笑)
それでは、以下にて。




『僕はすべてを知っている』/高久尚子
徳間書店 (2010/11/25)
【Amazon】


☆あらすじ
「さいかわクリニック」に勤める犀川千博は、包茎治療の専門医。
病んだ下半身を治療する仕事に誇りを持つ一方で、
どこかに健康的で美しいブツはないものかとうんざりする毎日。
そんなある日、千博が街ですれ違ったのは、絶世の美しい
下半身の持ち主・浅野歩!!服の上からでもカタチがわかる
プロ中のプロの千博は、歩の笑顔と下半身に一目惚れしてしまい…!?

*   *   *   *   *   *

おバカで笑える話ってのはいくらでもありますけれど、
登場人物がごく真剣なのに端から見るとアホ過ぎて
笑ってしまうような面白い話ってのは、たとえ、
トンデモでもなかなか出会うことができません。

しかし、出会ってしまいました、この話!
このあらすじだけでわかるとおり、真剣にアホ!(褒めてる)
しかも下半身とオブラートに包んで言っていますけれど、
お尻でも腰でも足でもなく、当然BL的に美味しい
とある局所なんだから、もう笑うしかないでしょう。

当て馬が出てきて最初に危惧して調べて、
「○○○は僕の方が勝っている…!」と
安心してるのってもはやトンデモ域ですよ!


もし、この攻が他人の下半身にしか興味がないマニア、
とかなら行き過ぎていて引いてしまうところですが、
「あれ」と向き合うのが自然な職業だからこそ、
かなり変質でありながらも安全に笑えるのですよね。
(真剣な攻本人には悪いんですけれども)

実のところアレへのこだわりというのは分かるというか、
好きな形とか色とかは確かにある(…よね?)ので、
その美意識にも共感を覚えたりもできました。


少し趣は違うかもしれませんが、京山あつきさんの
『仮面ティーチャー』を思い出しました。
あれもかなりの重度のショタコンでありながらも、
小学校教諭として働いているからこそ、
真剣に少年と向き合い苦悩するのが笑えましたが、
それに近いものを感じたように思います。

とはいってもこちらはちゃんとした成人男子同士で、
カップリングがちゃんと成立する話ですから、
(アレでの揉め事がほとんどでも)ラブも描かれています。
そしてエロはちょっと濃い目かな…?うーん、
今は濃いエロを避け気味な自分だからそう感じたのかも。


ともあれ、自分が愛するトンデモ並みに突き抜けており、
しかも最後まで突き抜けきっていて、で、
シモの話ばかりなのに下品ではなく可愛らしささえ
感じさせるこんな作品はあまりないと思います。

最近あまり感度のよくない私のセンサーにすら
引っかかった、いい意味でアホ、素敵な作品でした。

p.s.
次の更新は年末かな?ベストができればいいんですが…それでは!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |