-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『僕はすべてを知っている』/高久尚子 | main | 2011年BL系感想一覧 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年BLコミックベスト10
仕事が納まらないので人にバトンタッチしたという
非常にすっきりしない仕事納めを迎え、昨日から
休みに入りました。といっても昨日はほぼ寝てしまい、
今日は部屋片付けだけで終わりました。
なんだこの年の瀬感のなさ!普通の週末と変わらない!

なんか悔しいので大晦日らしく(?)本棚の整理をしていたら、
つい読み返しちゃって…やはり普段と変わりませんでした。
うーん去年は何をしていたのかしら?と去年の記事を
見たら、ほぼ同じことを書いていました。
進歩の無さが伺えるそんな大晦日です。


さて、今年は忙しすぎて、エクセルへ読んだ本をまとめるのも
遅れてしまっており、ようやくコミックだけ終わったのですが、
手早く読めるコミックの読了量は意外と減ってませんでした。
(感想を書く時間が無いだけで)

よってちゃんと10作選べます!というわけで、
年内最後の記事は、2010年コミックベスト10です。
それでは、以下にて。


読了数(母数):196冊(前年比約-11%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2010年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
-----------------------------------------------------------

☆10位
『僕はすべてを知っている』/高久尚子


先日紹介したばかりのこちら、滑り込みでアホ枠
(というものがあるなら)でランクインです!
アレにこだわる攻とそれの影響で真剣に悩んじゃう受が
渇き気味だった私の心を浸してくれました。


☆9位
『ネクタイとカマキリ』


こちらは感想を書いていませんので少し長めに。
1作目(感想はこちら)も面白かったのですが、
さらに腕があがっていると思わせる素敵なオムニバスでした。
同人誌で読んだものもほんの少しあったんですけれど、
「同人誌再録かぁ…」と嘆くこともなく楽しめました。
「春夏秋冬」の季節に合わせて構成されている中に
組み込まれているからなのか、物語自体の持つ面白さが
変わらないからなのか…たぶん、どちらもなのでしょう。
温かみのある絵に含まれる様々な表情による感情が豊かで、
どれもゆったりと、しかし確実に沁みこんで来ます。
今回のベスト10中、最ももっと売れるべきと思っています。
(読書メーターで3ケタは行ってほしいくらいに…!)


☆8位
『50×50(フィフティ フィフティ)』/国枝彩香


10位がアホ枠ならこちらはバカ枠、しかも
攻めも受けも馬鹿でバカップルランクインです。
上半期の時にも書きましたが、さすが国枝さんというか
キャリアを積んでいる方だけが持つ安定感だなと思います。


☆7位
『恋まで百輪』/雨隠ギド


今年、雨隠さんのウィングス系のファンタジーを読んで
お気に入り作家になったとたん、BLが出るだなんて、
自分はどんだけ運がいいんでしょうか。
しかも、その作品が面白かったと来た日には!
この作品の面白さはキュンキュンです。萌えです。
攻が糸目で朴訥な見た目なのに意外と熱いとか、
受がアホの子のようでちゃんと分かってるとか、
そういうギャップがよかったりとか、色々と要素は
あるんですが総合的に考えてキュンです……!
いやー、次の作品も書かれているそうなので楽しみです。


☆6位
『地下鉄の犬』/草間さかえ


もうちょっと上に入れたい…けど草間さんは今年は
2作目をさらに上に入れてしまったのでしかたなくここです。
草間ワールドとしか言いようのない面白さです。
ちなみに私は1ヶ月に1回は読み返していました。
それくらいループして味わいたくなる作品です。


☆5位
『茅島氏の優雅な生活』『茅島氏の優雅な生活 英国旅行編』
/麻々原絵里依 (英国旅行編のみ)

 

原作の新装版についていた日高さんの茅島氏が
ぴったり!と思っていたのに、麻々原さんの茅島氏も
ちゃんと茅島氏で可愛いんですよねこれが!
英国旅行編では庭の描写もことさら美しくなり、
茅島氏の無表情の内の表情が読めるようになっていて、
つまり、茅島氏を堪能するのに十分な2冊です。


☆4位
『千-長夜の契』/岡田屋鉄蔵


こういうものも描けるんだ……!という驚きなら、
今回のベスト10中ぶっちぎりで1位だと思います。
時代もの自体読むことがそう多くは無いですけれど、
そんな中でほんとにBLってことを忘れるくらいに
面白い時代ものを読んだ余韻に浸れたんですもの。
「千載」の素性が続きで描かれるのを心待ちにしています。


☆3位
『Jの総て』1〜3/中村明日美子


今年お休みに入られてしまった中村明日美子さんの傑作です。
『ばら色の頬のころ』も含めて、Jもポールもモーガンも、
愛おしくてたまりません。ぜひ1度は読むべきです。
(密にはBLじゃないですが、ま、いいよね…私がルール)


☆2位
『マッチ売り』/草間さかえ


個人的に、ベストに同じ作家の作品を複数入れるのは
禁忌にしたかったんですが…禁を破ってしまいました。
だって面白かったんですもの!そしてこんなに
面白かったのに感想を書く余裕がなかったのが悔しい!

草間さんの描く空気が戦後の日本の時代と相まって
醸し出される独特な雰囲気に引き込まれてしまうのです。
古臭いではなくてレトロと呼ぶに相応しい雰囲気というか、
時代は古いけど新鮮に感じるものがあるというか……。
今と地続きなのに、非日常な雰囲気が漂っているんですよね。
この雰囲気だけでも得も言われぬ趣なんですが、
ラブ方面も順調に見える1組と苦難な1組がこれから
どうやって展開していくのか楽しみでたまらない作品です。


☆1位
『卒業生(冬・春)』/中村明日美子
 

1月に予想したとおり、やはりこの作品を超える作品は、
この2人を超えるカップリングは存在しませんでした。
これも禁を破りましたがしょうがないですよね、これは。
これを入れずして2010年のBLを読んだとは言えませんもの。
2008年に続いて2010年でのベスト1、文句なしです!

---------------------

以上コミックベスト10でした。

他にも『一生続けられない仕事1』『恋するバラ色店長』
『胡桃の中3』『兎オトコ虎オトコ 2』などなど、
楽しかった作品がたくさんありましたが、
草間さんと中村さんを2作ずつ入れてしまいました。
まあ、それぐらい素晴らしかったんだよ!ということで。


今年は9月頃から忙しすぎて更新量が激減してしまい、
不甲斐ない&申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そんな中でも見に来てくださった皆様に支えられました。
本当に、ありがとうございました。

よいお年をお迎えくださいませ。
(それではまた、できれば明日、小説ベストで!)
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |