-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011年BL系感想一覧 | main | 2011年1月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年BL小説ベスト10
新年明けましておめでとうございます。

今日は元旦、毎年恒例のお祝いをやるために祖母を
我が家に招待したものの、祖母の腰の具合が悪く、
介助しながらつれてきたんですが、大変ですね!
おかげで自分も腰を痛めてしまいました。

まだ体重の軽い祖母だからいいものの、これが恰幅のよい
男性だったりなんかしたら、介助側が危ないですね。
うーん、介護関係の仕事って激務だよなあ。
自分のためにも介助の方法を少し学んでおくべきかしら、
なんてちょっと暗い未来を案じたお正月でした。

それはさておき、今年も絶頂ローペースで無理なく
頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。


さて、もう去年になってしまいましたが、
2010年のBL小説ベスト10です。
小説はこの頃読めていないなあ、と感じていたんですが、
まとめていたら11月〜12月の間なんか約2日に1冊は
読んでいたんですよね……うーん、意外です。
(感想を書く時間が無いだけで←デジャヴ)
総数は減りましたが、これはこれでいいかな。

それでは、以下にて。


読了数(母数):275冊(前年比約-23%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2010年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
-----------------------------------------------------------

☆10位
『恋で花実は咲くのです』/久我有加


久我さんの看板作品、芸人シリーズで初めてお笑いの
裏側を描いた作品です。ワーキング、関西弁、
そしてキャラクタのギャップに草間さんの挿絵、
真剣にお笑いが好きな久我さんだからこそ描ける秀作です。


☆9位
『描くのは愛』剛しいら


作中作、絵の背景と昔と今とが交錯する物語、
創作する人特有のクセのある人物造形…、
剛さんの「創作もの」としてかなり面白かった1冊です。
今年読んだほかの剛さんの作品は少しイマイチでしたが、
たまにこういう作品があるからやめられないんだよなあ。


☆8位
『声を聴かせて』/有田万里
画像なし(Amazonへのリンク)

有田作品、今年7冊読みましたが、やはり最初に
読んだこの作品が印象深かったです。もちろん、
最初と言うだけでなく、古い作品ながら
しっかりとした主題に感動した作品でした。


☆7位
『文殊丸』『弓張月』/須和雪里
 

2冊も須和雪里さんの新刊が読めた幸せでいっぱいです。
人が人を想うという根源を考えるきっかけになったり、
救われる人々を見て自分の心も浄化されたり、
BLらしからぬBLなんですが読み返したくなるシリーズす。


☆6位
『愛の巣へ落ちろ!』/樋口美沙緒


半擬人化というか虫の特性を生かした性質なんて
面白い題材で書いていて、しかも実力も伴った
若い作家(作品数的に)を知れてよかった1冊です。
他の作品も水準以上だし、今年の活躍も楽しみです!


☆5位
『恋する遺伝子〜嘘と誤解は恋のせい〜』/小林典雅


許せるか許せないか、それが問題だ。…なんちゃって。
でも本当にオチが許せない人にとってはダメだろうし、
許せる人にとっては気にせず楽しめる作品です。
典雅さんしか許せん、と言える典雅さんだから許す!


☆4位
『罪と罰の間』/綺月陣


へい、オヤジ部門いっちょお待ちぃ!というのは
半分本気として、今年の綺月さんの作品は
どれも良かった(『祈り』、『物の怪小町』)のですが、
これが最も面白かったかなと。黒でもなく白でもなく、
ヘヴィなグレーの綺月さん、といった印象です。


☆3位
『グリーングラス』/暁由宇


どこへ落ちるかなとおおまかに予測していても、
必ず少しずれたところへ落ちる暁さんのクセも
だいたい分かってきたところに、この名作ですよ…。
2010年掘り出し物No.1はこの作品です。


☆2位
『甘い運命』/高遠琉加


『世界の果てで待っていて』とどっちにしよう!と
最後まで迷ったのですが、完結している、という点で
泣く泣く(?)こちらを選びました。作品も泣けます。


☆1位
『交渉人は嵌められる』『交渉人は諦めない』
『スウィーパーはときどき笑う』/榎田尤利
  

1位と2位で非常に迷ったのですが、年末に発売された
スピンオフで後押しされました交渉人シリーズが1位です。
スピンオフで芽吹と兵頭がわりと登場するなんて卑怯すぎる……!

かっこ悪いけどかっこいい誰かさんみたいに、
少しずつ大人の階段を登り始めた智紀たちの
お話も面白かったし、なにより登場人物みんな、
換言すればこの交渉人の世界が好きなんですよね。
榎田さん贔屓は今に始まったことじゃない!(笑)
というわけで1位です!

---------------------

以上、小説のベスト10でした。
非BLでは有川浩を知ったいい年でした…図書館戦争を
1週間有給とって読み明かしたい、それが私の今の夢です。
BLはもう普通に読むのが普通なので、特に夢はなし。
あ、新しい作家さんを広げたいなあとは思いますが。

コメントレス・ぶっためてる拍手のレスなどは、
明日の1月購入予定リストとともにさせていただきます。

それでは、今年一年、皆様にとって良い年になりますように!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2010年 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |