-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夜のお楽しみと2011年1月の読書メーターまとめ | main | 『禁縛』/剛しいら(嵩梨尚) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『メリーチェッカ』/鈴木ツタ
今日も仕事でしたが寒いし雪は降ってるし
クライアントも休みなので半休しました。
あと代休何日消化すればいいのかしら…。

で突然ゲームの話です。逆転検事2をプレイ中です。

今作も前作と同じく法廷パートがないために
ちょっとタラタラした感じがありますが、
前作よりボリュームもあってなかなか面白いです。
というかみっちゃんが可愛くてたまらないですな。
全国100万人のみっちゃんファンは買うべし、です。

しかしボリュームがありすぎて寝落ちして
同じところを2回やるというデジャヴプレイが
多発しているために全然進んでません。
3章長いよ、なんだよ中編「4」って……。
あと1週間ぐらいでクリアできればいいなあ。

さて、今日の感想です。精神的に余裕もできてきたせいか、
凄く共感しました!というわけで、以下にて。




『メリーチェッカ』/鈴木ツタ
徳間書店 (2011/1/25)
【Amazon】

昼休みはブログ更新、合コンよりもオフ会優先。
そんなサラリーマン・潮見は、面白ネタ大好きな
テキストサイトの管理人。ある日、謎のブロガーの
"みやたん"とオフ会で会うことに!
癒し系萌えキャラの可憐な女子高生…と思いきや、
現れたのはなんとクマのような大男で!?

*   *   *   *   *   *

BLのタイトルは意味不明なタイトルも多いですが、
このタイトルも別の意味で分からない……。
「陽気なチェッカー」……誰が陽気やねん。

それはさておき、ケータイやPCが生活に浸透して
便利になった一方、物語で描きづらくなった部分も
あると思うのですが、逆に浸透したことで発生する
新しい形の日常や恋愛の難しさがあるわけで…
そんな今の時代が描かれている作品です。

文章しか知らないけれど好きだな、と思う人と
初めて会えるオフ会のドキドキ感や、
逆に自分の文章を好きと言われることの
言葉にしにくい面映ゆさなどのバーチャルに
関わる日常の感覚が実にリアルです。

私も一介のブロガー(キリッ)ですからわかる…というか、
mixiでもTwitterでもなんでも、Webでなんらかの
文章を書いていれば共感する箇所があると思います。


正直な話、「文は人なり」ってのは信憑性が
あると思いますしね。自分のことを一切書かなくても、
言葉の選び方やものの見方、それから自分を
どういう風(=キャラ)に見せたいのか、と
いったその人の考えが垣間見えますもの。

そんなネットのキャラが形成されてくると、私の場合、
たとえ自分のことでも「ネットの自分」の
フィルタを通して第三者の観察者視点になることが
たまにあるので、潮見が生の人間関係に対して
一歩引いた感覚になるのにとても共感しました。

というか、潮見にしばしば同調したんですよね…。
「ネットの自分」を通してわかられたのが恥ずかしいとか、
「向いてない」と嘯いて本心から目をそらしたくなるとか、
こんな経験ないのに、この感覚がすごく分かる!

「ネットの自分」の仮面を外さないといけないといいますか、
一方通行だった感情を向き合わせないといけないんですよね。
私もこの切り替えが上手くないから同調するのかも……。
(ただし私の場合は日本酒1合でオートで切り替え発動)


ネットがなければ存在しないであろう感覚と、
恋愛の進み方を見事に描いた作品かと思います。
エロ方面は薄めですけど潮見のツンデレと
みやたんの純朴さに萌えたからいい!

てなわけで、「ネットの自分」が
居る方には特にオススメです。


P.S.(読後の方への独り言)
「かわいい」に代えられる言葉ってあるかな……
「萌え」か!でもこのシーンで言われたら萎える(笑)
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |