-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『メリーチェッカ』/鈴木ツタ | main | 『恋を知る』/月村奎(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『禁縛』/剛しいら(嵩梨尚)
〜今週末にしたことの報告その1〜
逆転検事2はあと1週間とか言っていたわりに、
あの後はわりあいスムーズに進んで5章の中編です。
いやー5章はイチヤナギ検事が可愛かった。
あと、青いひとが一瞬モブで出てきたときは嬉しかった。
今作は過去のキャラの扱い方がうまいですね。

〜同じく報告その2〜
ドラマ『すいか』を見終わりました。
いいドラマだった……前に進みたくないときとか
卑屈になりそうなときに見返したくなるドラマです。
先週の金曜日に仕事でまた新しいミッションを
与えられてしまい、非常に憂鬱っていうか、ねえ、
他にいないからってこのポジション力不足だよ?
役不足じゃないよイチヤナギ検事!と
逃げ出したい気分の今にぴったりかな!(半ばヤケクソ)
ああ、会社行きたくないったら行きたくない。(そして本音)


さて、剛さんの22作目の感想です。
作品数としては30作近くになるのか…それでも剛さんの
著作全体の5分の1も書いてないんだから頭が下がります。

タイトルどおり「縛り」がテーマでした。
それでは、以下にて。




『禁縛』/剛しいら
フランス書院 (2011/2/10)
【Amazon】


☆あらすじ
緊縛師の龍地のもとを歌舞伎役者の草矢が訪れる。
梨園の御曹司である草矢は、縛られることへの欲望を秘めていた。
女形として美しくあることを求められる自分を縛り上げ、
追い詰めて崩してくれる龍地を草矢は欲さずにはいられなかった。
だが、肉体だけでなく魂までも縛り包み込む絶対的な支配に
恍惚となった草矢は、名門の柵からの解放と同時に龍地に縛りつけられ……

*   *   *   *   *   *

縛り・SM=プレイの一種orエロのバリエーション、
というのがBLとしては一般的だと思うのですが、
剛さんだと人間の根幹的な嗜虐・被虐の欲望、
つまり耽美よりの題材として描かれます。

で、同じく縛りもの+芸術を題材にした『色重ね』という
過去の作品がありますが、同じ縛りものでも
また少し趣が違っていて面白いです。

「梨園の御曹司」という立場に縛られている草矢が
縛られることで心を解放されるというちょっと
逆説的にも感じる不思議な構図なんですが、
これが読むと、なるほどと頷ける心理描写です。

縛る側の龍地も、草矢を精神的にどのように、
どのくらい縛れば2人の関係を構築できるか、
どうすれば縄師として他の人間をプレイで縛るのと
差別化できるか……と心を砕く描写にも、
説得力があり非常に読み応えがありました。


縛りプレイというゲームのプレイ方法があるように、
縛られることで苦しむことで楽しめる人がいます。

難易度は段違いですが、同じように、縛り縛られ、
嗜虐と被虐の混ざり合う点を探して生きていく。
常識から考えれば普通の関係ではないんですが、
しかしそこで墜ちすぎない、閉じた世界に
ならないのも耽美になりすぎておらず、
ちょうどいい耽美風BLとして読めるかと思います。

縛りやSMを本当に理解できる嗜好はないと
自分では思っているんですが、こういうのを読むと、
分かる気がするのが楽しいような怖いような。


ただ、エロはプラチナの中では薄め、いや、
昨今のBL全体で見ても薄めだと思われます。
(縛りに興奮を覚えるなら、エロスという点では
濃く感じるかもしれませんが……。)

あと、先に挙げた『色重ね』の受にして浮世絵師の
赤猫狂死の絵がアイテムとして登場したり、
剛さんのSMと言えば!な『勅使河原教授シリーズ』の
勅使河原教授がご高説を承ることができたりと、
剛さんのこの系統のファンはより楽しめるやも。

というわけで(教授シリーズとかに比べれば)穏やかめ、
けれど剛さんのSM系統を楽しめる1冊でした。


P.S. 教授のお言葉を一言:
「相手の望む苦しみを与えつつ、精神が崩壊しないように
見守らないといけない。真実はただ一つ。
Mの苦しみのために奉仕するSこそ、Mの究極の奴隷だ」
| [BL・小説]剛しいら | 23:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |