-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『禁縛』/剛しいら(嵩梨尚) | main | 『欲しがりません収穫までは』1〜2/舟斎文子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋を知る』/月村奎(金ひかる)
今日は久しぶりのスーツデイでした。
お客さんのところに行かない限りは着ることがないので、
毎回久しぶりになるわけですが、疲れました。

普段がラクすぎる格好、この時期はたいていハイネックに
ジーンズというあまり社会人らしくない格好なので、
着ているだけでかなり苦痛なんですよね……。

お客さんのところへ行かなくていい立場に変えて
くだしゃんせ、と思うんですけれど、この不況下、
そうも言っていられないのが現実ですわね。

しょーがない現実に戦うため、ビジネスバッグに
BLをしのばせて心の支えにするのでした。
いつもバッグにBLを。


さてさて、月村さんの新刊は短編集でした。
いまどき珍しいですね、こういう構成。
それでは以下にて感想です。




『恋を知る』/月村奎
新書館 (2011/2/10)
【Amazon】


☆あらすじ(表題作)
背が高くて、顔と頭が良くて、謙虚で優しい王子様キャラ。
そんな風にいわれる海(かい)は、担任の榛名に片思いをしている。
頬に触れられたり、煙草の残り香をかぐたびに、
まるで乙女のように海の胸はざわついた。
もちろんそれは秘めた感情で、告白なんて一生するつもりもなかった。
だが、ふとしたことからその想いを榛名自身に知られてしまって……?

*   *   *   *   *   *

あらすじでお分かりですね、ええ、甘酸っぱーい!
相手を好きで好きで、でも打ち明ける気はなくて…
なんて鳴かぬ蛍がなんとやらの片思いの話が
ぎっしりつまっています。片思いではない話も
ありますが、片思い→両思いになる瞬間、を
描いた短編が大半と言っていいでしょう。

似たような話が多い、とも受け取れますが、
短編だからこそ著者の好みや特長が
分かりやすい形になっているとも考えられます。


BL=恋愛ものだから、ひとりの作家さんが好んで
描く恋愛の核の部分、関係性みたいなものは、
ある程度、型が決まっているんですよね。

で、その核の部分を好きになれるかどうかで
読み手にとっての評価が決まると思うのですが……、
少なくとも私はこの月村さんの短編集は大好きです。

なぜなら、片思い→両思いになる話だけではなく、
既に両思いではじまる話であれなんであれ、
自然と人をひきつけてしまう人気者、
自分とは違う世界の人間に秘めた恋をする、
という型が私の琴線に触れるからです。

いや、私だけじゃなく、クラスの中心になったり、
不思議と人に好かれるタイプに、密かに憧れたり、
胸を弾ませたりするもんじゃないですか!
(……そうとも限らないかもしれませんが)

そういう初々しい恋をしているときの幸福感、
他意のない相手の言葉に勝手に傷つく繊細さ、
それらの感覚が蘇るような細やかな描写、
というか自分の過去が蘇りすぎて恥ずかしく
なってしまうような描写がたまらなく、いいんです!
心が勝手に反応してしまう印象です…やっぱり、
月村さんの感覚の再現性は凄いです。


ところであとがきで「朝チュン未満」(要約)と
書かれていますが、それはなにか問題あるのかな?
私にとっては悪くない!むしろ月村さんの作品で
攻めが「お前のここは喜んでいる」と翻訳し始めたり
受けが突然「おっきいの…」とか口走ったりしたら
読む気が失せるので、キスどまりの今でも十分です。

まあ、惜しむらくは、どれもいい話なのに
ここで終わり!?というもったいなさを感じることです。
(あ、話が完結していないという意味ではないです)
『カーマイン』『知能犯』『春になるといつも』あたりの
お気に入り作品は続きが読めればなあと思いました。


というわけで、おおむね満足いたしました。
いまどき珍しい短編+朝チュン未満小説を
楽しみたい方にはオススメです。
| [BL・小説]月村奎 | 23:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |