-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋を知る』/月村奎(金ひかる) | main | 2011年3月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『欲しがりません収穫までは』1〜2/舟斎文子
〜今週にしたことの報告その1〜
逆転検事2、月曜日にクリアしました!
「親子の絆」ねー……なかなかいいテーマでした。
あと先週に書いたとおり過去のキャラクターの扱い方が
上手いと書きましたが、サルマゲ「くん」などのアイテムも
ちょこちょこ出てきて、それも楽しめる一因でした。
ということを裁判シリーズしかやっていない
会社の同僚に話して貸しました。布教大切。

〜今週にしたことの報告その2〜
大量に本を買い込んできました。その中で、
やっぱり嬉しいのは『座布団』『花扇』の復刊本!
同人誌発表分も収録されているとのことで、
嬉しすぎて内容を先にチラ見したんですが、
ユギさんの挿絵はどこへ行っちまったんですか。

しをんさんの帯といい、BLになじみのない人にも
手に取りやすいように、という戦略なんでしょうかね?
そうだとしても、イラストなしはちょっと寂しいな…、
文庫版、処分できそうに無いなあ。


さて、今日の感想本は大量に買い込んできた内の1つです。
色々と楽しませてもらいました!それでは以下にて。



 
『欲しがりません収穫までは』1〜2/舟斎文子
リブレ出版 (2010/10/9, 2011/2/10)
【Amazon】    【Amazon】

☆あらすじ(1巻)
ド田舎農業高校に通う、農業を愛する牧田。
しかし彼は「植物を枯らしてしまう」性質の持ち主なのだ。
それでも得意の妄想を武器に前向きに苗へ愛情を注ぐ
牧田を見ていた一匹狼な寮の同室の藤堂は、
本人はものすごく嫌そうなのに栽培名人で!?

*   *   *   *   *   *

BLの単行本化ってそう早くないと思うんですが、そんな中、
2010年10月に1巻発売→2011年2月に2巻発売って
凄くないですか?まるで週間雑誌のペースですよ…。

帯にも雑誌アンケート&口コミで大反響と書いてあるし
(大反響ってのがどのくらいの規模なのか知りませんが)、
よほど連載中から人気があったのでしょうか。
まあ、人気なのも読んだ後ではわかる気がします。
だってかわいいんだもん、こいつら!

牧田は単純で思ったことがすぐ顔に出るタイプで、
セリフを読まなくってもすぐにわかっちゃいます。
植物を上手く育てられずに凹んでいるのも、
藤堂に対しての感情に悶々としているのも、
自分の気持ちを理解できたあとのキュンキュンしてるのも、
こっちが心配しちゃうほどわかりやす過ぎてかわいい!
もはやバカな子ほどかわいいって親の心境の域です。

藤堂は、最初は寡黙冷血系かと見せかけていたくせに、
牧田に対して心を開き始めたらいきなり変貌します。
ド鈍な牧田に「だけ」伝わらないけれど、
牧田に対して超甘い態度をとり始めたり、
思いが通じてからも牧田に影響されてか、
周りから見たら恥ずかしいほどストレートに
愛情を見せ始めるもんだから、かわいい!

1巻終わった時点でキスすらしていない2人なので、
焦れったいんですが、ウジウジしたり変に頑なだったり、
なんて焦れったさに嫌味がないんですよね。
「しょうがない!かわいいから許す!(にやにや)」と
思える牧田と藤堂のキャラの勝利と言えるでしょう。
この作家さん、表情を描くのが非常に上手いと思います。


で、2巻ではついに致すところまでたどりつくんですが、
もうね、あのシーンが、やることはやっているのに
かわいくて笑えてしまってしかたがないんです……!

どちらかといえば牧田のせいなんですけれど、
藤堂、お前もかなり受け答えが可笑しいぞ!(笑)
でも、笑えるだけじゃなくて心が温まって
満足してしまえるのが不思議です。
かわいくて笑えてあったかいこのシーン、必見です。


農業高校という設定といい藤堂のトラウマといい、
新鮮な題材で、これらも楽しめた要因でしたが、
なにより2人のかわいさにやられた作品でした。
今は2巻ともAmazonに在庫が無いようですがオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |