-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 百薬のなんとやらと2011年2月の読書メーターまとめ | main | さしあたり生存報告です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『職業、王子』/砂原糖子(小椋ムク)
今週末は少しダウナーなことが多かったです。

まず、金曜日に宴会で行ったお店の料理が激マズだったこと。
つまみがマズい=お酒も美味しく感じられないんですよね。
(だから食べ放題系は避けてって言ったのに…ブツブツ…)

2つめに、原因がはっきりしないんですが、ネットワークが
繋がったり繋がらなかったりと不調なこと。
原因を特定できるほど詳しくないんですよねえ。

3つめに、来週に出張があるのでちょっとナーバスです。
別に自分がメインでどうこうするってわけではないんですが、
だからこそ別に居なくてもいいなら経費的にも
行かなくてもいいじゃん、正直めんどくさい…とか
考えてしまう自分がめんどくさい週末でした。

というわけで、珍しく出張があり、その準備などで
来週の平日はおそらく更新できません。
まあ、ここんとこ平日はそんなもんですけれど…
とりあえずはお知らせまで。

さて、今週読んだBLの中で一番楽しめたアラブ「受」でした。
それでは、以下にて。




『職業、王子』/砂原糖子
幻冬舎コミックス (2011/2/15)
【Amazon】



☆あらすじ
綾高大地は親の借金のせいで大学を中退し、レンタルビデオ店の
店長をしている。ある日、来店したアラブ人の客・リインシャールは
入会申込書の職業欄に「王子」と記入。なぜか王子リインに
気にいられた綾高は、強引にアラビア海に浮かぶ島国へ拉致される。
性奴隷が欲しかったと言うリインに犯されると思いきや、
彼は綾高に挿入するよう強要し…。

*   *   *   *   *   *

「アラブ」といえば2000年代BL史における屈指の流行もの
(2010年代になってからだいぶ減りました…よね?)ですが、
そのたいていは、というか少なくとも自分が読んだアラブは、
アラブが必ず攻めでした。(ネットで調べていたら
他にもあるようでしたが…やはり少数派ですね)

まあ、これはいわゆるスーパー攻め様のようなもので、
金持ちかつエリートで傲慢かつ強引でたいてい受けを
自分勝手に振り回す立場ゆえに、攻めになるのが普通で、
そういうのを楽しむジャンルだと思っていました。

しかしこちらはアラブが受。
もうこれだけでアラブを読みなれた人の心をガッチリ、
「アラブはちょっと…」と読みなれていない人の
興味も引くキャッチーな逆転の構図です。


で、キャッチーな構図ですが出オチではありません。

やることが常識から離れていて突拍子もなく、
無理やりひとりの人間を日本から拉致して、
性交をもちろん媚薬ありで強要する…という
アラブもののポイントは押さえているのに、
受け攻めの立場が逆転するだけで、こんなにも
印象が違うのか!という新鮮味があります。

ちょっと上手くいえないんですが、
多数派のアラブはアラブの要素+傲慢攻だとしたら、
このアラブはアラブの要素+女王様受でしょうか。
アラブも女王様受も当然読んだことのある話ですが、
この組み合わせは読んだことのない新鮮味です。


ただ、もったいない、というか限界を感じたのは、
受けは受けらしく金髪碧眼色白なんですよね……。

「金髪碧眼色白でアラブ」である受けの容姿は、
物語の構成にも大きく関わっているところでもあり、
どうしても構成上必要だったのかもしれません。
が、穿った見方をすれば、「金髪碧眼色白でアラブ」で
なければならないBLの制約をクリアするための
設定のように思えます。いいじゃんね黒髪黒眼褐色で。
ナンデェキンパツナンディスカー!(オンドゥル語風に)

これはどちらかと言うとBLのNGコードへの文句であって、
それを起点に受けの生い立ちの陰やトラウマを描き、
こんなに女王様な受けなのに可愛く見えちゃうあたり、
砂原さんの力量だなあと思わされました。


ちょいと終盤が駆け足だったり、攻めを拉致した理由が
凄かったりするんですが、まあ、拉致の理由なんて
なかったり定例化した人身売買とかよりは断然よいかと。
(比較対象がおかしいという気もしますが)

ムクさんの挿絵も絶品ですし、
この構図に魅かれた方はぜひどうぞ。
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |