-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さしあたり生存報告です | main | 無為な生活で恐縮です日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『図書館戦争』シリーズ/有川浩
こんばんは、生存報告以来お久しぶりです。

ここ数日気分的に塞いでしまっていたのと、
節電のためにPCを自主規制しがちでしたが、
今日から復帰!です。今週の連休中は、
家の地域一帯は停電を行わない予定だからです。
時間が制限されて無いと思うとネットしやすい…。

それに、停電と言ってもさほど困るわけじゃないですが、
それでも電気が止まれば不便は不便だし、どうしても、
地震のことを考えて暗い気持ちになりがちなんですよね。
だから今週末は少し明るい気分なので更新してみました。


それはさておき、停電中に主に何をしていたかと言うと、
前から決めていた「図書館戦争」シリーズ読破です!
(ちなみに私は有給をとって7連休中です)

もうはまった、はまりました。
これだけしか読んでない……わけじゃないんですが、
それは、続けて読んじゃうと勿体ないからという理由です。
小休止を挟む意味で他の本を読んだり、でかけたり、
ゲームをしたりして無理やり1日2冊ペースに抑えました。
そうしないとぶっ続けで朝まで読んでしまいそうで…
恐ろしい吸引力でしたわ。


というわけで今さらですが感想です。


図書館戦争『図書館戦争』シリーズ/有川浩
(『図書館戦争』『図書館内乱』
『図書館危機』『図書館革命』
『別冊 図書館戦争機戞慂椋 図書館戦争供)
メディアワークス (2006/2〜2008/8)
【Amazon】

☆あらすじ
───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる
法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!
狩られる本を、明日を守れ!敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。正義の味方、図書館を駆ける!

笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。

この六名が戦う『図書館戦争』、近日開戦!
(画像・リンク・あらすじは『図書館戦争』のもの)

*   *   *   *   *   *

とにかく面白い作品でした。

 ・「メディア良化法」で図書への検閲が合法となっている世界で、
  それ対抗する図書館の自営組織が存在するという設定

 ・武力に武力をもって対抗する図書隊の、戦闘職種の
  エリートである「図書特殊部隊」に属する女性が主人公

このタイトルに相応しい設定がまず面白い。
かなり奇抜だけど、有川さんのミリタリー色が色濃く、
フィクションとはいえよく考え付いたなあと思いました。

また、図書隊に関わってくる事件も笠原の成長とともに
動きが激しくなり、4巻目の『図書館革命』では
1冊まるまる1つの事件、と言ってよい長編構成で、
手に汗握ってページが難なくめくれちゃう面白さです。
ただドンパチやってるだけじゃなくて、政治的な側面も
絡むことでまた面白さがアップしてるんですよね!


次に、「メディア良化法」が完全なフィクションと
言えない今、「言論の自由」「正義」などについて、
また、アニメでは放送されなかった(できなかった?)
「差別」について、事件とともに描かれていますが、
ここにも「よく言った!」な爽快さ・面白さがあります。
「差別」のところはアニメ化は現時点では無理でしょうが、
とても面白いのでアニメで全部見た方も読む価値ありです。


それからやっぱりキャラクタと会話の面白さ。
これがライトノベルって言われる所以なのでしょうが、
とにかくキャラが過剰なほどに立っており
(あらすじ内の二つ名が象徴しています)、
そのキャラクタで飛び交う会話が楽しいのです。


とまあ、つらつらと書いてみましたけれども、
本命の面白い点は、ベッタベタの甘々のラブコメですよ!
「月9連ドラ風で一発GO!」がコンセプトらしいですけど
今どきこんなベッタベタな恋愛してる月9はないよ!

これが受け入れられない人には厳しいでしょうが、
ベッタベタの甘々のラブコメ(もいちど言う)が
嫌いなBL読みがどこにいるだァ――ッ!
私は別冊の砂吐きレベルが大好きだッ!

興奮しすぎました。
落ち着いて考えてみるに、原作者による公式の
二次創作っぽくて萌えるのかもしれません。
「図書隊パート」では上司と部下という関係で
しっかりとストーリーが描かれており(二次創作なら原作)、
その上で「ベッ(以下略)のラブコメ」(二次創作)を
混ぜて書いてるようなもの……と私には感じられます。

あと、女性側が皆心の芯が通った女性だから、
男女にありがちな生々しさがないんですよね。
男性側は(小牧を除いて)表現が下手だったり
子供だったり激鈍だったりしますけど、
でもたった一言でぐっといいとこ掴んじゃう…、
あれ?なにこれ中身は理想のBLじゃん。
だからこそ、男女のカップリングなのに萌えるのかなーと。


色々と長々と書いてしまいましたが、ベッタベタが
読みたいなら男女が苦手でも、絶対にオススメです。

P.S.
えっ、単行本はお値段的orスペース的にきつい?
そんな方に朗報です、4月から順次文庫になるそうです。
(私は書下ろしがあれば買う予定)
| [その他]BL以外の小説 | 00:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - |