-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『図書館戦争』シリーズ/有川浩 | main | 『青空へ飛べ』/久我有加(高城たくみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
無為な生活で恐縮です日記
□ パクって恐縮です □

先日感想を書いた『図書館戦争』を読み終えたら、
ふいに図書館に行きたくなりました。が、
計画停電があるので時間を調べてみたら、
なんと終日休館の日もあって驚きました。
開館していても「午前9時〜午前11時」なんて日も
あったりして、命には関わらないものの困りものです。

状況が状況ですから致し方ないと思いますし、
図書館側の精一杯の対応なんだろうなあ。
結局行く気力がなくなってしまい、
ネットで予約をするにとどまりました。

で、すぐに予約できて確保できたのは
三浦しをんさんの「ビロウな話で恐縮です日記」。
というわけで(?)記事名にパクってみましたが、
「〜で恐縮です日記」ってなんにでも使えるなあ…。

・BL読みすぎで恐縮です日記
・昼から酒飲んで恐縮です日記
・3時間も昼寝して恐縮です日記
・夜に全然眠くならないで恐縮です日記

……まあ、全部今日のことなんですけどね。
自堕落にもほどがありますねすみません。


□ 出不精で恐縮です □

比喩ではなく今日は本当に一歩も出ていません。
と言うのも、計画停電&寒い&雨、このコンボで
家から出る機会を失ってしまいました。

私の出不精は人並み以上という自覚はあるんですが、
計画停電はよりいっそうそれに磨きをかけるのです。

たとえば、うちはさほど都会ではないため買い物の時は
隣の市やそれ以上に出る必要があるのですが、そうすると、

・行き先の停電グループを確認
・お店によっても対応が違うから電話やネットで確認
・電車の時間が読めないから待つ可能性がある

という段階を踏まないと無駄足をする恐れがあるのです。
よく行くところはもうたいてい把握したんですが、
当日何かのついでに寄ってみたらやってないとか、
予定外の行動は取りづらいのに電車の時間は
予定通りに行かないのが私の行動に合わない!

前述しましたが状況が状況ですからしょうがないし、
お店も苦慮の末でしょうが、自粛してるわけじゃなくて
停電のせいで出不精って人いるんじゃないかなーと
同意を求めてみたり。(なんのために)


□ 忘れやすくて恐縮です □

では『図書館戦争』後、主に何をしていたかと言うと、
『FLESH&BLOOD』(以降F&B)の一気読みです!

11巻までは読んでいたのですが、12巻が出るまで、
すなわち挿絵が雪舟薫さんから彩さんに変わって
続巻の出版が開始されるまでの約1年間の間に、
細かい内容を忘れてしまっていたのでした。

そのとき「どこかの週末に11巻から読み直そう」と
思っていたのですが、12巻が出てから17巻も出た
今現在まで約2年、積読棚に溜め込んで…じゃなくて
長期の休みに備えてキープしておいたF&Bを、
せっかくなので1巻から読み返しています。

そしたら驚いたことに11巻だけじゃなく色々忘れてること!
主要人物と大まかな流れは覚えてはいるものの、
なんとか公だれだれやなんとか伯夫人などの固有名詞、
誰と誰が仲が良い悪いなどの関係が全然思い出せなくて、
笑うしかありませんでした。はっはっは!
私の脳細胞は灰色じゃないみたいです。

しょうがないので今は覚えてない人名をメモしつつ、
耳慣れない地名をネットで調べながら読んでます。
こういう丁寧(?)な読み方、久しぶりかもしれません。

今11巻に入ったところなので、連休中に読み終えるのは
無理そうですが、未読のゾーンまであともう少し……。
この先も苦難が待ち受けているようなので怖いですが、
ジェフリーとカイトがいつ本懐を遂げられるのかを
楽しみに読み進めようと思います。


□ 力不足で恐縮です □

本当はこの連休は、以下も読む予定でした。

・『座布団』『花扇』単行本
・魚住くんシリーズ単行本
・JUNE全集積読分(3冊)

『図書館戦争』を計画的に読んでしまったのと、
F&Bを1巻から読んでしまったせいですね。
でも、もともとの予定だと、1泊2日の旅行と
J庭の予定があったんだから、どちらにせよ、
ちょっと無理がありましたね。全部小説だし。

力不足っていうより連休に夢見すぎでした。
なんで連休や週末って無茶な計画でも
できるような気がしてしまうんでしょう……。


BL本の感想も書きたい、新刊も読みたい、
明日発売のおお振り新刊も当然読みたい…。
あと1日、迷いながら本の世界を満喫したいと思います。

というわけで久しぶりの雑記でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 01:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:44 | - | - |