-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無為な生活で恐縮です日記 | main | 2011年4月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青空へ飛べ』/久我有加(高城たくみ)
今日も寒くて出かける気力が萎えかけたのですが、
明日からの通勤電車に耐えるためのリハビリも兼ね、
外出しました。自分を褒めたいです。(レベル低っ)

本屋→図書館といういつものコースに加え、
買うかどうか迷っているものを見に行きまして、
結局今日も判断を保留して購入を見送りました。
1、2万くらいなら奮発して買えるんですが、
ここまで高いものを結局使わなかったりしたら
もったいないなあとか考えちゃうとダメですね。

ところで、完全に「趣味、娯楽のもの」と言える物で、
形に残る一番高かった買い物はなんだったかな、と
記憶をたどってみて思い浮かんだのはPS2でした。
(初期のころは結構高かったんだよね…学生の身分には)

すると大人になってから高額な買い物ってしてない?
おおなんてチンケで小市民な私、と思ったんですが、
本の購入額は1冊1冊は高くないけど下手すると
1月でPS2以上の金額を使ってたりするんですよね……。
うーんそう考えると奮発してもいい気がしてきました。


さて、毎度のごとく前置きの日記とはなんら関係が無く、
今日の感想は久我さんの野球ものです。
これがよかった!ということで、以下にて。




『青空へ飛べ』/久我有加
新書館 (2011/3/10)
【Amazon】

☆あらすじ
高三の夏、貴宏は甲子園で超高校級の選手の
網野の豪腕に敗れ野球をやめた。
それから三年、野球とは縁のない大学生活を送っていた貴宏は、
プロで活躍しているはずの網野が二軍落ちしていたことを知る。
居ても立ってもいられず網野に会いに行くが、その前日、
網野はついに戦力外通告を受けていた。
投げやりになる網野に思わずトライアウトを受けるよう
勧めてしまった貴宏は、彼の自主練に付き合うことになり…。
(ちなみに、網野はピッチャーでなく野手です。
普通、豪腕って言ったらピッチャーを指しませんかね?
本文を読んで「ん?」と思ったので一応補足まで。)

*   *   *   *   *   *

才能の差を見せ付けられて野球を諦めた受けと、
順調だったはずなのに二軍落ち+戦力外通告を
出された攻めという、野球ものBL随一の
夢のないスタートです。(当社調べ)

その上久我さんがスポーツもの?と思ったのですが、
読んでみたらお笑いシリーズと近いものがありました。

なんなく成功する者もいれば、つまずいてしまう者もいて、
才能の違いを感じて自ら止めて辞める者もいるという、
ここだけを切り出すとお笑いと同じですよね。

甲子園の高校球児の半分は一回戦で負けるし、
プロ野球選手だって1軍のスタメンとして
活躍するものは一握りで、いつのまにか
いなくなってしまう方が多いんですもの。
才能の世界と言うのは厳しいですね……。

しかし、それでも野球が好きだからこそ、
挫折から立ち上がって成功に繋げようとしたり、
野球をやめても別の道で関わろうと道を探したりする、
2人のひたむきな姿勢が素敵なのです。

何かがひたすら好きで、それに関わるために
努力できるのは、幸せだと思うんですよね。
そういった意味では夢がある作品だと思います。

もちろん、そんな風に素直に思えるようになるまでには、
葛藤や諦念があり、それぞれの立場での苦悩があります。
その描写が、挫折するとわかる旨みというか、
年とるとわかるサンマのワタのように苦く上手いのです。
本当に久我さんは挫折している人の心理描写が上手い。


ラブ面でも劇的なラブストーリーではないですが、
「野球が好き」という原点を思い出させてくれた相手を
大切に、特別に想い合うようになるのがじんわりと来ます。

これは偏見かもしれませんが、野球もののBLって、
あんまりバリエーションがない……というより、
バリエーションを出せるほど数が出てない気がするので、
地味でもこういった物語が出てくれて嬉しいです。
特に夢もなく平々凡々と生きてる私には十分眩しいし(笑)

あと、久我さんの書き下ろしSS全般に言えることなんですが、
数年後の物語が多いですよね。これも密かに嬉しいです。
地に足をつけて支えあっていきそうなカップルが、
その通りになっていてラブラブだと嬉しいのです。

地味展開のスポーツもの(そんなジャンルあるのか?)が好きな方や、
久我ファンだけど様子見の方にもオススメです。

P.S.
烏城あきらさんのキャラの野球もの、文庫化してくれないかな…。
| [BL・小説]久我有加 | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |